「ステップス・オン・ザ・グリッチ」

Last-modified: 2024-02-21 (水) 19:10:21

Togetterまとめ

◆まとめ◆#1#2#3#4
◆実況付◆:#1()/#2()/#3#4
◆note版(要ニンジャスレイヤープラス購読)◆全セクション#1#2#3#4

登場人物


あらすじ

世界全土を電子ネットワークが覆いつくし、サイバネティック技術が普遍化した未来。宇宙植民など稚気じみた夢。人々はサイバースペースへと逃避し、重金属酸性雨のメガロシティに生きる。神殺しに沸くメガコーポ群は、割れた月へと手を伸ばす。……ここはネオサイタマ。欲望渦巻く電脳犯罪都市だ。

 

日本国家の崩壊、ネザーキョウの侵略、謎めいた植物禍。月破砕年以降、数々の試練に晒されつつも、ネオサイタマは変わらず在り続ける。
しかし今、ネオサイタマを浸食しつつある"犯罪"は、この街に新たな災厄をもたらそうとしていた……。

 

「今日も結局カッコいいぜ、俺は!」

 

右肩上がりのカイシャ、アルカナム・コンプレックス社のネオサイタマ支社に勤めるカチグミ・サラリマン、イサムラ
ネオサイタマの治安の悪化などには目もくれず、彼は今日も意気揚々と出社する。

 

だが、彼は知らなかった。己が享受する安全な暮らしが、非日常と隣り合わせのものであることを。
そしてこの街に巣食う、邪悪なニンジャの存在を……!

 

第4部「エイジ・オブ・マッポーカリプス」シーズン5はここから始まる!
貪婪、野望、速度の都市、ネオサイタマが舞台のシティアドベンチャーにダイヴせよ!


解説

第4部シーズン5の1話。
リアルニンジャの勢力との神話的な闘争を描いた前シーズンから一転して、様々な謎を散りばめつつも、一話完結色の強いシンプルなストーリーに回帰。
モータルの視点で物語が進行する点も含めて、ネオサイタマの様相とそこに生きる人々、そして都市の闇に潜むニンジャの姿が改めて提示される、ニュービーにも実際入りやすいエピソードとなっている。
2049年のネオサイタマでは、日常から外れる「グリッチを踏み抜く」ことはあまりに容易い。果たしてイサムラを待ち受ける運命とは?

 

第1部開始から本話直前までのストーリーラインのまとめはこちら(要ニンジャスレイヤープラス購読)。



コメント欄な
  • イサムラ=サンは、つい最近ネオサイタマに来て、すぐに就職に成功した感じでしょうかね? ずっとネオサイタマに住んでいたのなら、植物異変やら、アケチ異変やら、ゾンビ異変やらで、こんな現実世界みたいな認識にはならない気がします。 -- 2024-02-12 (月) 22:32:27