Top > スノーマン
HTML convert time to 0.010 sec.


スノーマン

Last-modified: 2018-10-11 (木) 17:55:20

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0098 【スノーマン】 ◆殺◆
過冬の「ワイズマン」の一人。巨体を誇るビッグニンジャであり、加えて、何らかのジツによってスリケン攻撃を吸収・無効化した。高い知性と諦観の持ち主で、感情の起伏は薄い。

登場エピソード Edit

 

「じきに殺してやる。お前が消されるより早く、俺にその機会が与えられればの話ではあるが」


人物 Edit

外見 Edit

  • 身長3メートル超、無表情のビッグニンジャ。
  • 顎が獣めいて開くメンポを着用する。

元ネタ・考察 Edit

  • スノーマン(snowman)は「雪だるま」の意味。

ワザ・ジツ Edit

  • ビッグニンジャならではの強烈なカラテと冷徹な思考力を兼ね備えた、ワイズマンの座に相応しい強者。

アメナガレ・ジツ Edit

  • 己の身体を流体化させるジツ。
  • 本来は身体をスライム化して潜伏したり、相手に巻き付いて窒息させる類のジツだが、カタナ・オブ・リバプール社の先端テクノロジーを用いたナノ装束によって流体化しつつも人の輪郭を保つことが可能となり、これによってスノーマンは従来とは違った形の強さを手に入れている。
  • スリケン攻撃や打撃を無効化するばかりか、胴体の四分の三を裂かれてなお生命を維持出来るタフネスは実際驚異の一言。ジツを解くには装束を完全に分断する必要があるが、スノーマンはカタナの攻撃には特別に対処訓練を積んでおり、通常手段での攻略は極めて難しい。

ストーリー中での活躍 Edit

ネタバレはリージョンに沈み込み、消えた。

一言コメント

スノーマンのうつろなコメントは無感情であったが、確かに侮蔑のニュアンスがあった。