マルノウチ抗争

Last-modified: 2019-03-14 (木) 21:00:27

12月24日、ネオサイタママルノウチ・スゴイタカイビルを舞台にソウカイヤザイバツの二大ニンジャ組織が繰り広げた大規模な戦闘。
この事件で妻子を喪ったフジキド・ケンジは復讐鬼ニンジャスレイヤーと化した。

 

「ニンジャスレイヤー」という物語の全ての始まりとなった大きな出来事だが、今のところこの抗争そのものを描いたエピソードは存在せず(あるいは翻訳されておらず)、様々なエピソードの中で過去の出来事として断片的にその様相が語られるに留まっている。


抗争の経過 Edit

スゴイタカイ・ビルで商談中のソウカイヤの首魁、ラオモト・カンを狙い、ザイバツのニンジャ部隊がビルを襲撃・爆破。爆破は中層階から上層階に及び、またマグロツェッペリン空挺部隊による屋上からの侵入も試みられている。
ソウカイヤ側はダークニンジャ、シックスゲイツらがこれを迎撃。ビホルダー半身不随となる重傷を負うなど一定の被害を出しながらも撃退に成功した。

 

当然ながらイブを祝う人々で賑わっていたビルはアビ・インフェルノと化した。
ビル内に居た多くの一般人やマッポが爆発や戦闘に巻き込まれて命を落とし、即死を免れた人々も口封じのためニンジャ(スキャッターによると大半はダークニンジャ)の凶刃に斃れていった(Twitter連載版ではデスナイトサンバーン民間人を殺害するシーンやダークニンジャを目撃して撤退するシーンが描かれていたが、物理書籍版では削除されている)。
この間、現場に派遣されたマッポや消防はソウカイヤの圧力によってビル周辺での待機を余儀なくされていた。

 

フジキド一家は中層階のセルフテンプラ・レストラン「ダイコクチョ」にて爆発に巻き込まれた。
重傷を負って倒れていたフユコとトチノキはラオモトとダークニンジャに見咎められ、ラオモトの命を受けたダークニンジャによって刺殺される。一方フジキドはテーブルに背中を押し潰され声も上げられない状態だったためか見落とされた。
同じ頃、ビルの地下に眠るナラク・ニンジャのソウルが犠牲者たちの怒りや恨みに呼び起こされ復活。ナラクの憑依により復讐鬼ニンジャスレイヤーとして目覚めたフジキドは、口封じを続けていたソウカイ・ニンジャのスキャッターとオフェンダーを惨殺すると、ネオサイタマの闇に飛び出して行った……。

真実

ザイバツ側の真の目的はラオモトの暗殺ではなく、抗争によってニンジャスレイヤーを誕生させることにあった。
ロード・オブ・ザイバツパラゴンは野望の成就のため、ネオサイタマに潜むあるリアルニンジャの身柄を必要としていたが、ネオサイタマはラオモト率いるソウカイヤの支配下にあり、その捜索は困難を極めた。
だが抗争の49日前、アラクニッドのウラナイ・ジツによってニンジャスレイヤーの誕生と彼によるラオモト殺害が予言される。ロードらは「(ソウカイヤとの)イクサより早い」としてこのウラナイに乗り、予言の通り抗争を起こしてニンジャスレイヤーを生み出したのである。ラオモトとソウカイヤを排除し、リアルニンジャ捜索を可能たらしめる「便利な道具」として…。
この真の目的を知っていたのはロード、パラゴン、アラクニッドの三者のみであり、スローハンドパーガトリーなど抗争に参加した最上位のニンジャたちにも伝えられてはいなかった。
アラクニッドから真実を明かされたフジキドの怒りは凄まじく、ロード打倒への想いを一層強めることになった。

抗争参加者 Edit

ソウカイヤ Edit

 

参加者の全貌は長らく不明のままであり、ザ・ヴァーティゴ=サンによって参加していたことが明かされたビホルダー以外ではデスナイトの回想にてアースクエイクの参加が示唆された程度であったが、後にニンジャスレイヤープラス「N-FILES」シリーズにて、アースクエイク、ヒュージシュリケンバンディットコッカトリスインターラプターフロストバイトが参加していたことが明言された。

ザイバツ Edit

グランドマスター・マスター級ニンジャを多数投入しており、14名が無事に生還している。

 

正確な参加者数は不明だが、抗争を生き延びた参加者は以上の14名のみである(シーホースが参加していたというのは文脈的にでっち上げの可能性が高い)。

 

ソーサラーが後日「指揮官はデスナイト……いや、スローハンドだったか……?」と回想していることから両者のいずれかが指揮官であった可能性が高いが、第2部開始時点でグランドマスター位階にあるパーガトリーを差し置いてマスター位階のデスナイトの名前が挙がるなど謎めいた点も多く、抗争時の指揮系統に関してはしばしばヘッズによる考察の対象となっている。

 

14名の中の有志は抗争後もIRCチャネル「#marunouchi_survive」を立ち上げ情報交換を行うなど、その後も一定の交流を持っていたようである。

参加者たちの末路

抗争参加者であることが明言されているニンジャのうち、第3部開始時点で生存しているのはいずれも新生ザイバツに所属するダークニンジャとパーガトリーの2名のみである。それ以外の参加者は大半がフジキドの手により爆発四散を遂げたが、ダストスパイダー(ダークニンジャが殺害)やスローハンド(ロードにより処刑)などフジキドの与り知らぬところで最期を迎えた者もいる。

犠牲者 Edit

  • フジキド・フユコおよびトチノキ
    • フジキド・ケンジの妻子。
    • 重傷を負い倒れていたところをダークニンジャの凶刃にかかる。
  • シノブの弟
    • 大学を卒業したが就職に失敗し、テンプラ屋でアルバイトをしていたところを惨劇に巻き込まれた。
    • ヘッズ間では「フジキド家が食事をしていたレストランのフェイク・イタマエでは?」と考察されている。
  • ササキ・ノシロウ、イサマ・トウシロ、ユメ・カシビマ、ヤマ・スギモト、ヤマ・リンゴ
 

彼ら以外にも多数の市民やマッポが犠牲となっている。

抗争後 Edit

当然ながらニンジャ組織間の抗争という真実は隠蔽され、表向きは「反政府組織の爆弾テロ事件と新興ヤクザクラン同士の抗争事件の同時勃発」という形で処理された。
ザイバツとソウカイヤの間には不可侵条約が締結され、第2部冒頭のネオサイタマ強襲まで維持された。

 

スゴイタカイ・ビルは修復され、ビル前の広場には抗争犠牲者の慰霊碑が建立された……のだが、ネオサイタマ市民の多くは事件のことをあっさり忘れ、第3部になると売場拡張のため慰霊碑は撤去されてしまった。
妻子の死の直接的なきっかけを作った抗争参加者たちはフジキドの最重点殺忍対象となった。カラダニキヲツケテネ!


一言コメント

「なぜコメント欄を作った。なぜマルノウチ抗争の参加者だ」

  • 実際ザイバツまで飛び火しなければ最小の被害で相手を倒した、奸計のお手本である -- 2014-02-17 (月) 02:53:19
  • ザイバツ・ソウカイヤの側からこの抗争を描いたエピをいつか見たいなあ -- 2014-02-17 (月) 07:31:32
  • ↑×2 「なんたる奸計… 正々堂々勝負せよ…」 -- 2014-02-17 (月) 09:48:41
  • ↑×3問題はその飛び火でこっちも全焼してしまったんだよなあ……まさしくインガオホーの極み -- 2014-02-17 (月) 16:07:34
  • グランドマスターを惜しみなく投入すればニンジャスレイヤーがラオモトを倒すのを待つより早く決着がついた木がするんだが -- 2014-11-12 (水) 22:10:30
  • ヴァーティゴAskにもあったとは思うが、そんな無粋かつハイリスクな所業をかの雅な連中がすると思うか? -- 2014-11-12 (水) 22:25:15
  • ロードのいるキョートでないとキョジツテンカンがまともに作用しない以上ネオサイタマ襲撃はソウカイヤ以外のメガコーポの介入招きかねないし早々の決着どころか勝利も怪しいんじゃ・・・ -- 2014-11-29 (土) 22:04:38
  • ニンジャスレイヤー1部の時点では各地で任務についてたであろう強者たちもこの時点ではネオサイタマに居た可能性高いしな -- 2014-11-29 (土) 22:13:25
  • ザイバツ側は実際強く離脱も容易なスローハンド=サン、全方位攻撃/ -- 2014-11-29 (土) 23:43:12
  • ザイバツにとってソウカイヤを打倒することすら通過点で、その後のドラゴン・ニンジャ確保まで余力を残しておかないと意味がないですし -- 2014-11-29 (土) 23:52:46
  • ・・・・・防御が可能で乱戦時の生存性が高いパガパガの二人しかグラマス出てない、しかも貴族派閥からしか出ていない以上誰が、どの派閥が出向するかしないかで水面下の激戦があったのは明白だし、実際戦場で誰が誰を殺した、なんてわかりにくい状況を利用して敵対グラマスの排除とか起きかねない。  ザイバツ最強の戦力の喪失というリスクと派閥間抗争故にグラマス総出でラオモト=サンを殺しにいくのは無理だと思う。  それこそキョート城までソウカイヤが侵攻しない限りは・・・・     誤送信/ケジメをします/キーボードのせい   アバーッ! -- 2014-11-29 (土) 23:57:58
  • 【マルノウチ・スゴイクサイビル】 -- 2014-11-30 (日) 01:47:53
  • 表向きの説明が当たらずとも遠からずなのが何とも… -- 2014-11-30 (日) 05:24:48
  • ニンジャスレイヤー=サン生誕の日な。 一人のサラリマン、多くのモータルにとって悼むべき、忘れえぬ日であり、悪しきニンジャが安らかに眠れぬようになった日でもある。 -- 2014-12-24 (水) 21:23:03
  • ↑2 「新興ヤクザクラン同士の抗争事件」というのは当たらずしも遠からずだよね -- 2014-12-30 (火) 11:11:36
  • イッキウチコワシがしゃしゃり出ていたら、表向きと真相がほぼ一致だったな。 -- 2015-01-27 (火) 19:32:43
  • ところで#marunouchi_surviveではどんなことが話されてたんだ?「あのときはヤバかったねー。今度チャ飲みに行かない?」「デスネー」って感じかな? -- 2015-05-30 (土) 14:05:48
  • アレってそもそもフジキドが抗争参加者を殺し始めたから作られたチャットだと思ったけど違ったかな -- 2015-06-27 (土) 19:52:25
  • ダークドメイン=サンやサラマンダー=サンが行かなかったのはなんでだろう?ラオモト=サンに向かってっちゃうからかな? -- 2015-08-01 (土) 13:03:57
  • 派閥バランス的に貴族派閥グラマス2名でバランス悪いが、裏を返せば貴族派閥戦力だけ投入ってことだ。その辺で武闘派のサラマンダーあたりは後詰、ぐらいで誤魔化したんじゃないかな。流石にグラマス討ち死には困るし、そんな危険を犯す必要もないし -- 2015-08-01 (土) 22:46:18
  • 現時点で判明している時点で抗争に直接参加してるソウカイヤのニンジャはダークニンジャ、アーククエイク、ビホルダー、コッカトリス、ダストスパイダーと少数精鋭で護衛していたんだな。まぁ本編だけ見るとトリスが本当に精鋭かはわからないが… -- 2016-03-14 (月) 12:34:37
  • ほとんどが死亡してしまった可能性な……? -- 2016-03-14 (月) 12:53:55
  • 以外とその小数でも行けそうな気がするドスエ -- 2016-08-05 (金) 22:58:14
  • バジリスクは何してたんだ -- 2016-11-12 (土) 01:08:42
  • ↑ヌケニンだし関係ないんじゃないの? -- 2016-11-12 (土) 10:09:53
  • この抗争を起こしたせいであの死神が生誕し、パーガトリー=サンとナントか=サン以外のニンジャが(特にマスター・モスキート=サン)処刑されたのか・・・ヤンナルネ -- 2017-07-28 (金) 10:02:52
  • ↑死神を生み出すために抗争を起こしたんだぞ -- 2017-07-28 (金) 11:42:28
  • アイエ!!そうでした。 -- 2017-07-28 (金) 13:05:15
  • 予言という餌にウカツに喰い付いたザイバツも所詮は走狗。ロードもパラゴンも前半生の生き様を超克することはできなかった。 -- 2018-10-03 (水) 23:08:58
  • ↑餌って別に誰がばら撒いた訳でもないのに。あの時点でニンジャスレイヤーがソウカイヤとザイバツを滅ぼすなんて誰も予見するなんて不可能。それを走狗呼ばわりって結果しか見てなさすぎ -- 2018-11-24 (土) 03:03:22
  • ロードらの主観的な予測と客観的な予測を混同してないか?「ニンジャスレイヤーがソウカイヤとザイバツを滅ぼすなんて誰も予見するなんて不可能。」だったらロードとパラゴンもニンジャスレイヤーがソウカイヤを滅ぼす(=ラオモト=サンをスレイする)事を信じていないことになるので、抗争自体が起こらないのでは。 -- 2018-11-28 (水) 18:36:49
  • 何気にN-FILESのおかげで当時のソウカイヤ勢力の実態も徐々に明らかになってるな。インターラプターは参戦してたんだろうか? -- 2019-01-07 (月) 20:41:43
  • インターラプター=サンも参戦確定しましたネー。アースクェイク、インターラプター、全盛期コッカトリス、全盛期ビボルダーはグランドマスター級はありそうなので、最初の頃の印象と違ってザイバツ側の戦力が足りなそうに見えてくる不思議 -- 2019-01-11 (金) 22:41:15
  • 加えてラオモト=サンとダークニンジャも。とはいえラオモト=サンは前線には立ちたがらないだろうしフジオが出張ったあたりでザイバツも撤退はじめた描写があるからメインで戦ったのはやはりゲイツのメンバーかな。それでも錚々たるメンツが集まってたんだな。余程大きな商談だったんだろうか -- 2019-01-11 (金) 23:38:21
  • ヒュージシュリケン=サンが参加してたってことは、3部開始時点で -- 2019-01-22 (火) 21:27:01
  • ソウカイヤは喧嘩吹っかけてきた相手にロクに報復することもできずに不可侵協定結ぶ羽目になったのよな。これはヤクザとしてメンツが潰れるのでは?バジリスクあたりはこれが切欠でラオモト暗殺を企てたのかもしれない -- 2019-03-14 (木) 21:00:26

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White