Top > モーターガシラ


モーターガシラ

Last-modified: 2019-09-18 (水) 13:34:01

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0226 【モーターガシラ】 ◆殺◆
オムラの名機「モーターヤブ」のオムラ魂を受け継ぐ、イノベーティブな量産型逆関節二脚ロボニンジャ。サスマタや銃火器で武装し、市民の頼れる隣人として活躍している。アップデートの度に降伏勧告AIのバグが修正され、新たな不具合が発生する。

登場エピソード Edit

 

「貴方がたはオムラ・エンパイアとクラバサ・インコーポレイテッド所有の不動産に不法占拠しています。正当防衛重点」


機体概要 Edit

  • オムラ・エンパイアが製造する重ワーキングマシン。第4部において各所で運用されている。
  • オムラ・インダストリ欠陥機名機であるモーターヤブの遺伝子を引き継いでおり、逆関節の脚部とパーツを換装可能な腕部、そして適切な人工知能を備える。
  • モーターヤブの最大の欠点であった人工知能については欺瞞ではなく実際改善されているようであり、特にフレンドリーファイアを起こすこともなく街中を巡回したり、民生機が広告を行いながら歩いたりする描写がある……が、名鑑によると降伏勧告AIのバグを修正する度に新たな不具合が発生しているらしい。
  • 名機であるゆえか同業他社からのコピーも多く、カタナ・オブ・リバプール社はリバースエンジニアした機体を運用し、ヤナマンチ社も酷似したプロタゴラス?をリリースしている。

元ネタ・考察 Edit

  • 名前の由来の候補としてはカサゴの関西圏での呼び名であるガシラ、あるいは職人などの統率者の呼び名「~頭(かしら・がしら。例:御納戸頭)」などが挙げられるが、外見描写が少なく特定は難しい。
    • なお、作中にカサゴが食物・生物として登場したことはない。

スペック・武装 Edit

  • 前述の通り逆関節の脚部とパーツを換装可能な腕部を持ち、様々な用途に応じて柔軟に対応することが出来る。
  • 作中では両腕をガトリング・ガンに換装した機体、PR用のスピーカーやホロ映像を投影する機能を有する機体、エンターテイメントとしてカラテカと殴り合う機体などが登場、あるいは言及されている。
  • なお、モーターガシラは自律式のマシンであるため、搭乗して直接操作することは出来ない。

モーターゲタ Edit

  • モーターガシラ専用のバイクアタッチメント。
  • 見た目は巨大で武骨な装甲バイクで、モーターガシラがこれをまたいで逆関節脚部を折りたたみ接続する。

一言コメント

「コメント申し立て・遺族手当の申請窓口はネットをご参照ください」