Top > ヤナマンチ社


ヤナマンチ社

Last-modified: 2019-05-25 (土) 08:23:48

◆忍◆ 組織名鑑#(未掲載) 【ヤナマンチ社】 ◆殺◆


企業概要 Edit

  • タケダチック・アガキ社と敵対関係にあると推測される企業。
  • タケダチック・アガキ社のニンジャが、コナチを殺害したシルバーカラスを、ここの所属と勝手に勘違いした。
     
  • 多くの企業ニンジャが所属していることから、裏工作も活発に行っているものと思われる。
    • ただし会合においてアンブッシュされて全員倒されるなど、その所属ニンジャの質には疑問が残る。相手が相手だったので仕方がないが。
    • 作中基準でサンシタであっても、一般的な裏世界での威力部門としては十分な戦力であることはラオモト・カンも言及している。
    • ニンジャを擁するのにかかるコストを考えれば、なかなかの大企業である事が窺える。
  • オムラ企業連合に名を連ねていたが、裏でオムラへ情報を流しウィンウィンな関係を目指していた。実際腹黒。
  • しかし肝心のオムラは倒産してしまった。実際ノーフューチャーのように思われるが、第3部でも同社製のマシンピストルが登場しているので会社自体は残っていると推測される。
     
  • 第4部においてもニンジャ戦力を保有し、国際的に活動していることが確認されている。「ヤナマンチ・インターナショナル社」という呼称も登場したが、改名したものか元々の正式名称だったのか、あるいは同一会社ではなく関係会社なのかは不明。
    • ニンジャスレイヤープラス組織名鑑によると、ネオサイタマに本社要塞を持つインダストリー系、電子部品系の暗黒メガコーポで、第3部クライマックス後の混乱下で、カタナ・オブ・リバプール社と共に多数の特許データをカスミガセキ・ジグラット内システムから窃取(サルベージ)して急成長を遂げたとのこと。
    • ロンドンでそのカタナ社との遭遇戦が発生したのも、双方が旧世紀データのサルベージをしていたからである。
    • 一方でカタナ社と異なり、オムラ・エンパイアとは同盟関係にある。
    • 経営方針としては自社開発のコストを押さえ、他社の技術をコピー、最適化するという手段をとっている。所属ニンジャの多さも技術の諜報戦で優位に立つためらしい。忍者めいたニンジャ運用ナンデ!?

所属ニンジャ Edit

第4部以降

取扱商品・社有兵器 Edit

第4部以降

一言コメント

コメント欄な