Gen Monk

Last-modified: 2021-08-06 (金) 11:53:52

コンセプト

Raiment of a Thousand Storms + Shenlong's Spiritセット主体のGeneratorビルド。
以前はInnaセットとの選択式で似たビルドが組めたが、2.7.1でInnaセットがReworkされたため現在はRaimentセット必須。

長所

  • 主砲はPrimary1~2種のみとなる非常にシンプルな操作感。
  • セット効果でDashing StrikeがSpirit消費スキルに変更されるため、機動力が高め。
  • Generator系ビルドの中では抜群に気持ちイイ。

短所

  • Epiphany永続がどうやっても無理。必然的にCooldown Reductionを稼がないケースが多いためCaptain Crimson's Trimmingsの恩恵にも預かりにくい。
  • Bracersに必須パーツ、Shoulderにも良いLegendaryがあるためAughild's Authorityとも組み合わせにくい。
  • 2.7.1現在、MonkのGeneratorを名指しで強化するLegendaryが無いため、火力不足気味。

戦い方

非常にシンプル。
Dashing Strikeで移動しつつSetボーナスを起動し、Generatorで殴りSpiritを蓄積してShenlong's Spiritのピーク状態に持って行く。
場合によってはCyclone StrikeでMobをかき集めつつ

 

当然、その場でスキルを振るだけでは危険な設置系攻撃がある場合はDashing Strikeで回避する。
Raiment型ではDashing Strikeのコストは基本的にはSpiritに置き換わっているため、
Shenlogピーク後の危機回避には注意。

アクティブスキル

選択のポイントは「Generatorを2種(Crippling Wave + Way of the Hundred Fists)搭載するか、前者のみで行くか」、「Epiphanyを使用するか、Serenityに差し替えるか」及び「Cyclone Strikeを使用するか」となる。
これらについては特にどれが主流と言うことも無く、非常にバラけている。好みの組み合わせを見出そう。

 
Crippling Wave / Mangle(主砲候補:防御重視)
GRの突破Tierのアベレージが伸びている現在では防御面が重視され、看板のGeneratorとしてこちらが主体になっている。
Way of the Hundred Fists / Assimilation(主砲候補:攻撃重視)
かつて満場一致の主砲を勤めたGenerator。Generatorを2種搭載する構築においては今も現役、勿論これ一本のプレイヤーも居る。
Dashing Strike / Radiance(攻撃速度増加)
移動および回避に。Raiment of a Thousand Storms型ではBuffの起動条件なので勿論必須だが、セット効果でSpirit消費スキルになっているので、Spirit管理に要注意。
Breath of Heaven / Infused with Light(Spirit生成強化)
Shenlong's Spiritのピークが終わった後などに。
Mantra of Salvation / Agility
一応、MonkでSquirt's Necklaceを運用する場合はMantra of HealingのActive効果でシールドを使う手もあるにはある。
Epiphany / Desert Shroud(被ダメージ半減)
当ビルドはCDRが低く常時変身とは程遠いので場面を選んで使うことになる。そのことを嫌う場合は思い切ってこれを除外し、下記のSerenityに差し替える。
Serenity / Ascention(4秒持続)
装備のCDRを重視しない場合、Epiphanyのダウンタイムは長すぎるため、安全性のためにスキルスロットを1枠割くならこちらの方が割が良いと考えるプレイヤーも結構居る。Raiment型ではDashing Strikeで危機回避すると基本的に75Spirit消費してしまうため、ノーコストのこちらを使う意味が強い。
Cyclone Strike / Implosion(範囲拡大)
Lefebvre’s Soliloquyを使用する場合、その起動条件としてこちらも実装することになるスキル。脆いビルドには有り難いLegendary Powerだが、このスキルはSpirit SpenderなのでShenlongのピーク達成が遅れる or ピーク後の漸減期には気軽に撃てない点で結構運用が難しい。勿論、このスキルだけを使用するのもアリ。

パッシブスキル

AlacrityとHarmonyはほぼ満場一致で採用されている。その他については好みのものを選ぼう。

 
Alacrity
攻撃速度強化。当ビルドでは無条件に等しいのでオススメ。
Harmony
これを採用した上で、防具にSingle Resistanceを多く取得したいところ。
The Guardian's Path
脆さの対策として回避率を重視している場合。
Beacon of Ytar
Epiphanyを実装するなら、装備のCDRは重視せずともコレだけは入れる場合が殆ど。
Near Death Experience
保険が欲しい難易度のときに。
Exalted Soul
Shenlong's Spiritのダメージ増加のキーになるSpirit最大値上昇。かつては必須級だったが、ピーク到達以降Spiritが急速減少するためか、現在は案外採用されていない。
Seize the Initiative
より攻撃速度が欲しいときに。

装備

Shenlong's Spiritセット+Endless Walkセットは共通の主軸。
防具にRaiment of a Thousand Stormsと、フリーの部位を防御的なもので固める。

  • Shenlong's Spiritセット
    独特の「ピーク時」があるFist Weaponセット。基本DPS値とArea Damageを重視したい。
     
  • Endless Walkセット
    攻撃Buffと防御Buffの2モードがあるセット。攻撃時に足を止めるビルドでは好相性。
     
  • Spirit Guards
    Generatorを当てると防御Buffが入るBracers。あると格段に安定する。
    2.6.1にてダメージカットがMAX60%まで伸び、脆い当ビルドにとって非常に頼りになる存在になった。
     
  • Stone of Jordan
  • Convention of Elements
    火力不足を補うためにこれらを両方装備するという選択もある。
    とは言え、元々が脆いビルドなのでSquirt's Necklaceを重ねるのは難しそうに思われる。

Legendary Gem

Kanai's Cube

  • Flying Dragon
    正確には倍ではないが、攻撃速度が倍化するDaibo。同じスキルを連射するビルドに向く。
     
  • Depth Diggers
    防具枠は基本的にはGeneratorビルド常連のこちら。
     
  • Lefebvre’s Soliloquy
    Cyclone Strike使用時に被ダメージを半減するオプション。
    スキルの項で記述した通り、これら防具枠はRoRG込みで本体が装備しても良い。
     
  • Convention of Elements
  • Ring of Royal Grandeur
    文中に出てくるRingで本体未装備のものを。

コメント