LTK Monk

Last-modified: 2021-10-04 (月) 10:21:02

コンセプト

Monkey King's Garbセットの3種の強化対象スキルの一つ、Lashing Tail Kickを連打して闘うビルド。
2.7.1でInna's Mantraの支援用として強化された数点のLegendary、中でもPTR終了間際に急遽強化されたRabid Strikeを用い、SWKセットの強化対象である3種のスキルをテーマにしたビルドが開発された。
装備の構成的にもそれらは順位を付けるならLoD WoL Monkの下位互換ビルドなのだが、Non-SeasonでもGR130クラスを狙える意外に高い実力を持つ。
Off-METAかつある程度以上の実力を備えたビルドを求める貴方に。

長所

  • SWKのLeaderboard狙いや、GiftがSWKのSeasonに。
  • 突き詰めるとかなり装備要求が高いので、Off-METAでやりがいがありそれなり以上に強いビルドを求める変わり者の貴方に。

短所

  • スキルスロット・装備スロットともにはほぼ猶予無し。
  • ScarbringerのLegendary Powerが「最初の7体の敵」に限られているため、Map運・Mob Type運に激しく影響を受け、クリア速度が安定しない。
  • 主砲の属性がPhysicalのため、突き詰めるとInna、LoD WoLと共通のパーツでも流用が効かない。
  • Rabid Strike系ビルドの共通問題だが、急にダメージが出なくなるケースがある。分身の攻撃対象が散ったときに起こる問題と見做されており、Epiphanyを再使用すると大体解決する。

戦い方

Sun Wuko系ビルドの常としてSweeping Windを起動。
更に今verはRabid Strikeの分身攻撃をBindings of the Lesser GodsThe Crudest Bootsで強化する構成のため、Epiphanyを常時維持する。
戦闘自体は非常にシンプルで、上記の前提スキルを起動してCyclone Strikeで敵を集めつつLashing Tail Kickで殲滅するのみ。
リソース回収はLashing Tail KickでObsidian Ring of the Zodiacを回転させ、Mystic Ally/Air AllyのActive効果で行う。

アクティブスキル

Sweeping Wind / Inner Storm(スタック数が3以上の時、毎秒8Spiritを得る)
火力・防御力・リソースの全てと絡むSun Wuko系ビルドの要。
Lashing Tail Kick / Sweeping Armada
主砲。単純な倍率が高いArmadaを選択。属性はPhysicalなので、防具がFireやColdで揃っている状況なら別のRuneでも可。
Dashing Strike / Blinding Speed(回避率up)
定番の機動力スキル。当ビルドは足元に持続の長い設置攻撃が来ると一気にLifeを失ってしまうので、機動力以外にもそこから脱出する手段として必須。
Epiphany / Desert Shroud(被ダメージ半減)
Rabid Strikeの能力の前提スキルなので常時変身が必須。Spirit回収と防御力の意味でも更に必須。
Mystic Ally / Air Ally
The Crudest Bootsで2体分のActive効果によりSpirit回収をこれ一つで行う。
Cyclone Strike / Eye of the Storm/Implosion
Bindings of the Lesser Godsの起動キー。SpiritはLTK連射で手一杯なのでコスト半減のEye of the Stormか、範囲のImplosionの択一。

パッシブスキル

Beacon of Ytar
Epiphany維持のために。
Harmony
防御面の定番。
Seize the Initiative
接敵したら一気に手数で削るためのpassive。

ラスト1枠はお好みで。Near Death ExperienceSixth Senseと言った保険の他、安定しないクリア時間の補強としてDeterminationRelentless Assaultと言ったダメージ系を取る手もある。

装備

装備スロットに余裕が全然無く、Spirit GuardsLefebvre’s Soliloquyと言ったダメージカット効果が利用できない。
このためCaptain Crimson's Trimmingsの能力に期待し、主砲の回転率を高めつつ防御力を補う目的でResource Cost Reductionを高く積み上げる。
具体的にはHelmにTopaz、両方の武器にRCR10%、他にもShoulderやGloveで狙えるなら優先。武器にはLife per Hitも欲しい。
常時変身のためのCooldown Reductionと防御力のためのResource Cost Reductionの両方が欲しいという、Off-METAビルドにしては余りにも高い要求をしてくるのが当ビルドの特徴。
両方が出得るShoulderやGloveの「良品」の理想が限りなく高く、装備品の更新を楽しみたいプレイヤーには長く遊べるビルドと呼べる。
(実際にはLTKのORoZのproc率が良いので、ある程度ずつ揃えれば割りと回転する。)
SecondaryにSingle ResistanceがあるとHarmonyのあるモンクにはベター。可能ならPhysical推奨だが、必須と言うわけではない。

 
  • Scarbringer
    2.4.2にてLashing Tail Kickのダメージ上昇のLegendary Powerを得、2.6.1にて強化。
    武器である以上Ancient品が欲しいところだが、良品が難しい場合はCube Powerでも構わない。
  • Vengeful Wind
    Sweeping Windの最大Stack数が倍以上になるFist Weapon。
    同じく、良品が出ない場合はCube Powerでも可。
  • Rabid Strike
    Epiphany中にTeleport能力が付与されるSpenderについて、分身が追撃してくれるFist Weapon。
    3種のFist Weaponの中ではこれがCube枠推奨とされている。理由は、本来武器には付与されないCritical Hit DamageがPrimary Affixに固定されており、且つその値はMAX35%とEmeraldを入れた値に比べて大分低いため。
    勿論、このAffixの印象が悪くないなら、本体が装備して問題無い。
     
  • Monkey King's Garbセット
    CubeのRing of Royal Grandeurと併用し、今verではAmulet・Helm・Torso・Shoulder・Gloveを装備。
    2.4.2期と比べてEpiphany維持の比重が上がっているため、出得る部位にはCooldown Reductionを付与したい。
    なお、今verではGyana Na Kashuを諦める。
  • Captain Crimson's Trimmings
    定番の重ね着用Craftセットだが、当ビルドでは防御効果全般を受け持つため超必須級。
    作る部位はPantsとBeltで確定。
     
  • Obsidian Ring of the Zodiac
    EpiphanyおよびDashing Strikeチャージ回収のエンジン。LTKはproc率が高いので回転率は上々。
  • Unity
    当ビルドは防御が非常に手薄なのでこれは確保しておきたい。
     
  • Rivera Dancers
    LTKを強化するBoots。下記のBootsとどちらかを本体が装備、他方をCube防具枠に。
    Bootsには他ビルドと共有できないLTK +15%が欲しいので、当ビルド専用のものを用意することになる。
  • The Crudest Boots
    Allyが倍増するbootsで、2.7.1からAllyの火力強化も入るようになった。
     
  • Bindings of the Lesser Gods
    他ビルドと使いまわせないPhysical品が欲しい。

Kanai's Cube

Legendary Gem

その他

当ビルドはSeason24序盤、Wudijo氏によって調整されGR140をクリアした。
Off-METAかつLoD WoLの下位互換扱いのためMaxroll.ggにガイドページが存在しないビルドだが、Etherealの無いNon-SeasonでもきっちりAugmentしていくとクリアタイムが安定しないだけでGR120程度なら安定してRunできる、パッと見の印象より遥かに強いビルドとなっている。

コメント