Top > 【おうじゃのマント】


【おうじゃのマント】

Last-modified: 2019-10-12 (土) 15:33:46

概要 Edit

DQ5から登場した鎧(胴体部防具)。
遥か昔に勇気ある王が戦いの際に身に付けていたマントらしい。
作品によってデザインが変わっている。

DQ5 Edit

【主人公】専用。守備力90、メラギラバギヒャド吹雪系の攻撃を35軽減する。
 
【ドラゴンのつえ】【ひかりのたて】【たいようのかんむり】と並ぶ最強装備。
最強装備がマントというのも珍しいが、一国の王ということを考えれば自然か。
総合的に見た性能は、かの【てんくうのよろい】【メタルキングよろい】をも上回り、文句無しでDQ5における最強の鎧である。
守備力はメタルキングよろいに次ぐ第2位を誇るが、さらに特筆すべきはその耐性。
これさえあれば【かえんのいき】はほぼ無効、【こごえるふぶき】もそよ風になる。
主人公はブレス耐性に優れた盾も併用できるため、盾次第では【はげしいほのお】ですら軽く炙られる程度に抑えることもできる。
さすがに【かがやくいき】【しゃくねつほのお】ともなると直撃されると脅威ではあるが、それでも【フバーハ】も併用すると火炎の息レベルまで軽減できる。
 
【封印の洞窟】に眠っており、この情報は【ラインハット】で断片的に複数の人物から聞ける。
ただ、洞窟にたどりついてもすんなり手に入るわけではなく、最下層の魔物を封印するのが入手条件となる。【さいごのかぎ】入手後ならいつでも行けるため、【ブオーン】を倒せる実力があれば青年時代後半ですぐに入手することもできる。
が、封印の洞窟自体にもイーター兄弟【ムーンフェイス】が巣食う、DQ5有数の難関ダンジョンであり、なんだかんだで入手は終盤になりやすい。
もちろん、多少無理してでも入手する価値はある逸品。というのも主人公は身の守りが低いので意外と打たれ弱く、他の仲間達と同等、もしくはそれ以上の打たれ強さを得るにはこの最強のマントが必要なのだ。
決して過言ではない為、出来れば無理してでも最後のカギ入手後にすぐ狙いたいところ。遅くとも【魔界】突入前にはぜひ手に入れておこう。
【ボブルの塔】以前に入手できれば、【ブラックドラゴン】が全く怖くなくなる。
 
ゲーム中では真っ赤なマントだが、SFC版公式ガイドでは紫のマントになっている。

リメイク版 Edit

入手条件が封印の洞窟の全フロアの魔物を封印することに変更されている。
また、4人で潜れるようになった反面、レッドイーターの【空高く舞い上がる】が強化され、DS版以降では【アークデーモン】も出現するようになった。
リメイクに際して火炎の息が強化されたためこれだけでは完全シャットアウトはできなくなり、さらにDS版ではダメージ軽減量が30に下がったが、それでも十分強力なのは確か。
メタルキング鎧に耐性が付加されたわけでは無く天空の鎧の性能も据え置きのままなので、リメイク版においても最強の鎧である。

また、オリジナルではノーヒントだったが、リメイクではエルヘブンに『わが師の意志』という書物があり、王者のマントにまつわるヒントらしき話が読める。詳細はこちらを参照。

DQ7(リメイク版) Edit

表記は「王者のマント」。
守備力は+90、かっこよさ+59。
メラ・ギラ・バギ・ヒャド・炎・吹雪系の攻撃によるダメージを35ポイント軽減する。
主人公キーファガボメルビンが装備できる。
【装備レベル】が設定されており、レベル35以上で装備できるようになる。
【狙われし森】【まだ見ぬ試練の城】の石版のクリア報酬として2つ限定で入手できる。
 
備わっている耐性はSFC版DQ5のものと同様。
これだけ見れば【ドラゴンローブ】などより守備力と耐性に優れた装備があるが、最大の利点はこれがガボにとっては新たな体用の最強装備であるということ。
PS版では【みずのはごろも】【やみのころも】までしか装備できず、防具面で不利と言われていたが、これの登場により他のキャラと守備力、耐性が遜色ないレベルとなったのだ。
かっこよさも高いので、【世界ランキング協会】主催のカッコよさコンテストで、ガボが優勝し易くなるなど、良い事尽くし。
 
また、ドラゴンローブに比べると、バギ、ヒャド系が軽減出来るという点で勝るが、この2系統を使う敵は少ない。
ドラゴンローブはイオ系を軽減できるメリットがあり、軽減値も40と高く、守備力も5高いので、ドラゴンローブを優先する方がいいだろう。
主人公もメルビンもドラゴンローブ、【ガイアーラのよろい】【真しんぴのよろい】が装備出来る為、2つ入手出来るうちの片方はお蔵入りになってしまうと思われる。
耐性持ち装備にあまり恵まれていないアイラが装備できれば良かったのだが…。

DQ9 Edit

守備力63、全ての属性ダメージを20%軽減。男性専用。
装備出来る職業は【僧侶】【盗賊】【旅芸人】【パラディン】【魔法戦士】【レンジャー】【賢者】【スーパースター】
 
真の王者のみが纏うことを許された至高のマント。背中にマントが付いたベルト付きの赤い服になっている。
店では売っておらず、錬金でも作れない相変わらずレアな防具。
 
非常に強力な装備で、文句無しの性能を誇る。その分入手までの道のりは険しく【ゴッドライダー】のレアドロップか、クエストNo.145【名をうばわれし王】のクリア報酬としてのみ入手できる。これから始める場合マルチプレイで協力してもらって配信クエストをこなすのも厳しいと思われるので、実質ゴッドライダーのドロップ限定品といえるだろう。
メタルキングよろいに比べて守備力は劣るが、男性専用の上半身防具では最強クラスと言ってもいいだろう。
特に鎧、服どちらも中途半端にしか装備できない盗賊とレンジャーにとっては正真正銘最強装備となる。
今作でも【女尊男卑】装備が根強く残るが、これはその数少ない反例といえる。
魔王戦ではシドームドー【まばゆいせんこう】エスターク【ギガブレイク】ラプソーン【流星】を使うのでそれらとの戦いで役立てたい。

なお、ロトセット等と同様、売る事は出来ない。
5主人公最強装備はこれ以外にもドラゴンの杖と太陽のかんむりが登場している。

DQ10 Edit

神話篇で登場するキーアイテム的な装備で、実用性は無い。乳白色ベースのデザインで、他作とは唯一かけ離れている。
詳しくは【王者のマントセット】を参照。

DQ11 Edit

【ロウ】専用の服。

-+1+2+3
守備力65676973
攻撃魔力26272830
回復魔力26272931
みりょく36373941
全属性ダメージ軽減10%

 
太陽のかんむりと一緒に装備させることで【着せ替え】が可能な、【おしゃれ装備】の一つ。
アイテムアイコンでは赤いマントだけだが、太陽の冠とセットで着せ替えた場合は緑色の上着も身に付ける。
細部や冠は異なるが、ユグノアの国王で、ロウにとって娘婿である【アーウィン】と似た格好になる。
属性ダメージ軽減率は入手時期の割にかなり控えめになっている。
 
【ふしぎな鍛冶】で作成可能。レシピは【太陽王の装束のレシピ】に記載。
必要な素材は【にじいろの布きれ】×2、【マグマの石】【赤い宝石】×2、【緑の宝石】
素材だけでなくレシピ自体がクリア前だと入手が難しいものばかりなので、ようやくレシピが手に入った頃にはすでに作る必要が無くなってることが多いだろう。 
3DS版ではクエスト【いにしえの呪文】の報酬としても入手できる。
だがこちらは【邪神ニズゼルファ】討伐が条件になっているため、そんな時にもらったところで売却用にしかならない。
総じて言うと、今作では活躍の機会に恵まれず、あまり目立たない装備になってしまった。

DQMB2 Edit

第四章から登場。
同名のSPカードをスキャンすると発動し、【伝説の魔物使い】があらゆる敵のブレス攻撃を防いでくれる。
つまり前作の【水のはごろも】と同じ効果である。
しかし、【レジェンドクエストV】では必須カードなので用意しておくこと。
装備者からか、デザインはDQ5準拠。

DQSB Edit

超3弾から登場したまほうつかい用装備。
デザインはDQ9準拠で、太陽のかんむりも加わる。