三式指揮連絡機(対潜)

Last-modified: 2019-10-19 (土) 13:35:30
No.070
weapon070.png三式指揮連絡機(対潜)対潜哨戒機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜+7索敵+1
命中+2回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
伊勢型改二にも装備可能
春日丸/大鷹神鷹には装備不可
あきつ丸改の初期装備
陸軍で開発、対潜哨戒機としても運用されていた固定翼機です。
現代のSTOL(短距離離着陸機)のような性能を持ち、艦載対潜哨戒機として運用されました。
全通甲板を持つ強襲揚陸艦や軽空母などで運用可能です。

ゲームにおいて

  • 現在入手方法はあきつ丸改の初期装備のみ。
  • 同じ艦載対潜機のカ号観測機との比較で対潜-2、索敵+1、命中+1。 対潜値が僅かに低い分命中率が向上している。
    また、こちらは航空戦艦や航空巡洋艦には積めず、軽空母(春日丸/大鷹神鷹を除く)、あきつ丸改伊勢型改二しか搭載できない。
  • 最大のメリットは航空戦に参加しないためボーキの消費が一切無い事(なお他の艦載機と一緒に発艦する演出は入る)
    航空戦では相手が対空0の潜水艦隊であろうとも一定確率で艦載機が墜ちるため、艦攻ガン積みで何戦もしていれば結構なボーキを消費するのだが、一部をこれに置き換える事でボーキの消費を抑える事が出来る。
    • ただし軽空母搭載時は、一緒に艦攻艦爆のどちらかを積まないと攻撃しないので注意。
      軽空母が砲撃戦に参加する条件:「爆撃機」もしくは「攻撃機」が1スロット以上配備されていること。この装備は「対潜哨戒機」なので条件を満たせない。
    • カ号or零式ソナーが揃うとお役御免になりがちな装備。
  • 装備ソートでは索敵機に分類される。対潜装備の欄に無いからと慌てないように。
  • なお、現時点では艦載機熟練度システムの対象外である。

以下性能比較表(装備最大値/回転翼機・対潜哨戒機早見表/テーブルより転送)

装備名火力対潜索敵命中火ボ潜ボ回ボ入手方法改修備考追加
S-51J改21334+2+4+2改修伊勢型改二に装備ボーナス(表のボーナスは日向改二編集
S-51J21223+1+3+2改修、任務伊勢型改二に装備ボーナス(表のボーナスは日向改二編集
オ号観測機改二11111+2+1改修、ランキング伊勢型改二に装備ボーナス(表のボーナスは日向改二編集
オ号観測機改1101+2+1改修、初期装備任務、ランキング伊勢型改二に装備ボーナス(表のボーナスは日向改二編集
カ号観測機91初期装備編集
三式指揮連絡機(対潜)712初期装備-編集
  • 火ボ:火力ボーナス、潜ボ:対潜ボーナス、回ボ:回避ボーナス
    • 上昇数値は艦個別加算の最大値

小ネタ

  • 空中指揮や連絡、弾着観測、偵察を主任務として開発された三式指揮連絡機の対潜哨戒仕様。
  • 元が偵察機だけに視界はかなりのもの、不整地でも運用可能かつ短距離で離着陸可能なSTOL特性を持っていたりと額面だけならもの凄い高性能機のようだが、そのために犠牲になったのは速度
    MAX178km/hという超鈍足である。だが空戦やったりどつき合いがお仕事な機体ではなかったのでそれでもよかった。
    また、偵察/観測機として必須の下方視界やSTOL性能、低速時安定性を最優先に設計された結果がこの愉快独特な形状である。さらに陸上輸送を考慮して主翼は後方に折り畳み可能。
    特に下方視界は「見えすぎ」とまで絶賛されるほどの良好さを誇っていた。正式採用された頃には使えるような状況じゃなかったけどな!
    • その性能を示すデータとして、向かい風が風速5mもあればわずか30m前後の滑走で離着陸可能。
      存外何とかなりそうな数値にも見えるが、重要なのは本機が布張り木製だったりボディがスカスカの複葉機ではなく全金属製の単葉機であるということ。
      速度を求めると機体強度が必要になり、重量化した機体を飛ばすために強力なエンジンを欲し……悪循環である。そして高速機であるほど離陸距離は増大する。
      つまり、当時の機体でSTOL性能を付与しようと思うと概ね速度を犠牲にせざるを得なかったのだ。
    • 濃霧で迷って近くの牧場に着陸して基地の方角を尋ね、そのまま飛び立ったとか、学校の校庭に着陸してしまい、校庭を斜めに利用する事で飛び立ったという逸話があったりする。
    • 強い風が吹くと、駐機中の機体が浮き上がって飛ばされることがあったという。
  • 連絡機として配備されて運用可能となった頃には制空権は喪失気味、鈍亀な機体ではただのカモということで使い道を考えた結果、
    辿り着いた結論は「操縦特性がグライダーっぽいしSTOL性能活かして対潜哨戒機として使えばよくね?
    • 何故陸軍が対潜哨戒までし始めたかというと、海軍側が船団護衛や輸送船航路の潜水艦狩りなどに戦力を回す余裕が殆ど無かったという事情があった。
      • 実際は対潜任務についてあきつ丸やカ号の扱いを含めて、陸海軍間での折衝や調整が行われていたようである。
  • そんなわけであきつ丸に搭載し、彼女が輸送任務に従事するまで3ヶ月間艦上運用試験が行われ、その後陸揚げされた哨戒部隊は福岡第一飛行場を拠点に、東シナ海方面や関釜航路の哨戒に従事した。
    パイロットとして選定された特別操縦見習士官はグライダー操縦経験者のみで構成されていたという。
  • 100kg爆雷を2個装備できた本機のほうが本来60kg爆弾1個のカ号より対潜攻撃力は高く、実際あきつ丸艦載機はこの理由でカ号ではなく本機が選定されたのだが、何故か艦これでは本機のほうが攻撃力が低い。
    • おそらくは偵察が主任務という出自上、命中補正がついた分のゲーム的なバランス取りと思われる。


  • この機に関しては漫画家のわちさんぺい氏が書いた『空のよもやま物語』(光人社NF文庫)が詳しい。面白いエピソードも多い。
    • 本機は尾輪ではなく尾橇式だった為に離着陸時の揺れが酷く、わち氏が練習機から外され保管していた尾輪に交換したとか。
      さらに同氏はあきつ丸での運用を前提にした対潜爆弾の投下訓練まで参加していたりする、本職は整備兵なんだが。
      • 各務原で百式司偵四型のテスト飛行が行われていた頃、名古屋在住の三菱の技師はなんと三式指揮連絡機で送迎されていた。近所の空地に離着陸していたという。
        その帰りにちょっと着陸してみたくなったというのが件の学校着陸事件の真相である。なお、着陸先は女子校である。
  • 似たような運用をされた航空機が、連合国側にもあった。そう、かのSwordfishである。

この装備についてのコメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 潜水艦探しならお任せ...秋刀魚ですかっ!? -- 2017-09-29 (金) 20:36:11
  • サンマの面でもカ号に負けてるとは… -- 2017-10-09 (月) 21:24:22
    • これ3人乗りだし速度も遅いし明言してないだけで効果ありそうだけど・・・同時に手に入るカ号でいいよねっていう -- 2017-10-12 (木) 13:20:11
  • なにやら対潜哨戒支援やら東海実装で、この装備に陽の目が当たる日が来たのか? -- 2017-11-17 (金) 20:11:47
    • まずカ号と差別化出来るかという問題が有るし、出来たとしても新支援が対潜だけじゃなく従来の航空支援も兼ねる場合、931空とか対潜値の高い艦攻と競合する可能性も有る。と考えると前途多難な気がする -- 2017-11-17 (金) 20:30:57
    • 対潜支援は欲しいが航空支援は要らないとき、カ号が足りなければこれを使うことになる。あとは正規空母を対潜支援に出すときは高対潜値の艦攻を正規空母に優先して載せることになるので、軽空はやはりカ号とこれを中心にして載せることになる。 -- 2017-11-27 (月) 21:53:57
  • 折角の+7対潜が泣いておられる・・・ -- 2017-11-26 (日) 19:03:17
  • 陸軍で開発されたのに陸上基地に配備できない不具合 -- 2017-11-26 (日) 19:36:59
    • まったくだな。ただまあ、こやつは足が短い(750km)から、配備されても後続2か3くらいかね・・・ -- 2017-11-27 (月) 21:43:14
      • 撃墜や消費も気になるけど、コレと大艇で長航続させる運用が一番の謎 -- 2017-12-06 (水) 23:45:45
  • 水上偵察機などって言うから期待したのになぁ -- 2017-12-11 (月) 20:00:12
  • もはや完全に運営に忘れ去られた存在、東海系の改修素材にでもなるか? -- 2017-12-19 (火) 13:05:20
    • 対潜支援で使えよ…。いや、カ号を16個持ってて支援で使う余地が無い提督なのかもしれないけどさ。 -- 2017-12-19 (火) 19:29:19
      • うちの艦隊じゃ貴重な対潜戦力でしたわ -- 2017-12-19 (火) 23:26:04
    • 1-5で大鷹改二に引率させる時にカカカ彩雲で出してたが、低レベル艦ばっかりだとしばしば索敵失敗するのでこっちに落ち着いた -- 2018-01-02 (火) 17:33:38
  • 931やカゴォを牧場してない限りは有力な対潜支援要員 -- 2018-01-12 (金) 14:11:59
    • けど護衛空母には積めない対潜機…存在意義否定されてるような感があるなぁ。カ号と違って搭載可能面子増えたとか無いし -- 2018-01-19 (金) 09:42:19
    • 一番の問題は、この装備を手に入れると必ず一緒にカゴォが付いてくることなのだ…。 -- 2018-02-16 (金) 14:06:58
  • カゴォとこれで対潜シナジーが付けば零式ソナー以外積めない瑞鳳改二乙やガンビーちゃんでいい感じになりそうなんだけどなあ -- 2018-03-16 (金) 01:40:52
    • 先制させる時にF6F-5Nとか夜戦装備をしない場合は4スロ目に積ませることにしたよ。カ号より命中1高いし。海防艦で対潜を上げるまでのつなぎ -- 2018-08-08 (水) 19:31:40
  • 伊勢改二に載るのなこれ -- 2018-08-02 (木) 02:01:47
    • すごーく今更だけど反映。ところであきつ丸は未改造の時でも装備できるのだろうか?本文にあきつ丸改ってわざわざ書くくらいだから無理かな? -- 2019-01-28 (月) 06:44:34
      • カ号もこれも未改造あきつ丸は装備できるけど、搭載数0だから対潜攻撃できないって話自体はあきつ丸のページで書いてはある -- 2019-01-28 (月) 06:59:54
  • 神鷹改にコレとソナー見張り員彩雲で棒立ち1-1随伴…秋刀魚漁に効果あったっけ? -- 2018-10-11 (木) 21:09:25
    • 今日公開された秋刀魚漁支援講座だと効果あるらしいよ。初めて知った。 -- 2018-10-18 (木) 12:28:39
  • あきつ丸はカ号と三式を一緒に載せないと対潜攻撃しないと、今の今まで思い込んでいた。「え、三式を積む必要なかったの?マジで?」ってなった‥‥。 -- 2019-02-12 (火) 03:46:27
  • カゴォシリーズに置いていかれた感のある指揮連絡機くん… -- 2019-04-01 (月) 12:52:04
    • もうどうするのよ感があるな…史実ではあきつ丸に選ばれたのはこれだったのに -- 2019-04-03 (水) 16:41:28
      • 選ばれたのはカゴォでした。 14cm単装砲しかり25mm単装機銃しかりこれだけ装備の種類が増えればいくつかはどうしようもない装備が出てくるのはやむなしか -- 2019-04-03 (水) 17:25:20
    • ヘリコプターに場を奪われたオートジャイロ。しかしさらに下があった!(ナレーション) -- 2019-04-03 (水) 17:03:26
    • ソナーと爆雷みたいに、カ号系とシナジー付けてクレメンス。 -- 2019-04-03 (水) 17:32:12
      • 対潜カットインコレだ -- 2019-04-03 (水) 18:07:22
    • カ号がヘリになったからこれもと思ったが、リアルでも艦上哨戒機ってもう無くなりつつあるのね -- 2019-04-11 (木) 00:27:56
  • なんか手記とかの情報集めてたらコイツの搭乗員の間でどれだけ狭い場所に降りれるか競い合いがあったらしいなw強風時はほぼ止まれるのでノーカウントだったとかw -- 2019-05-27 (月) 19:20:39
  • 今回の騒動のアレはこっちに付け替えてやればいいのに。さすがに装甲1とまでは言わんから -- 2019-07-24 (水) 17:00:33
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White