武器/ウネリシェルン

Last-modified: 2021-02-04 (木) 12:40:03

ウネリシェルン
とびきり大きな巻き貝で作られた狩猟笛。うねりで増幅され、うなりとなって鳴り響く。

ウェルテクスシェルン
ウネリシェルン最終版。極限まで増幅された音波がうなりをあげて、獲物に襲いかかる。

概要

  • 真っ白な巻貝の形をしており、見栄えは綺麗。
    …と思いきや、実はフジツボがついている部分がある。
    奏でる音も、巻貝を楽器のようにして吹いているといった印象である。
    • 二枚貝のネックレスめいた装飾が巻かれたオシャレ武器である。

性能

MHP3

  • 攻撃力80、無属性、会心率20%、スロット2に緑ゲージが特徴。
    ここからウネリシェルン改を経てウェルテクスシェルンへと強化できる。
    音色は(最終強化で)で、
    主にスタミナ減少無効【小】、風圧無効、防御力強化【小】、体力回復【小】、
    体力回復【小】&解毒などのお得な旋律効果が得られる。
    ウェルテクスシェルンまで強化すれば、スタミナ無効と防御力強化が【大】、回復&解毒が【中】に
    それぞれランクアップする。
    ますますサポート役として有力になれるだろう。
  • 最終強化でも斬れ味レベル+1発動でようやく青と少々物足りないが、
    会心率35%がそれを補ってくれるのであまり気にしなくていい。
    スロットが3つあるので、他のスキルをつけやすい利点もある。

MH3G

  • 今回はボーンホルン系列のハンターズホルン改から、このウネリシェルンに派生可能。
    ウネリシェルン改はオミットされた。
    しかし、音色がハンターズホルンのものを引き継ぎとなっており、
    風圧無効と回復系の旋律が没収され、氷属性防御強化【小】と高周波に差し替えられてしまう。
    挙句会心率も5%に激減し、スロット1つ削減とかなりの弱体化を受けるという憂き目に遭った。
    その代わりなのか、ウェルテクスシェルンにデフォルトで青ゲージが現れたものの
    こんな有様では焼け石…もとい焼き貝に水としか言いようが無い。
  • また、G級の最終強化としてクライゼルシュルネが登場。
    音色が白から紫になったことで風圧無効が復活し、スロットも3つに甦り待望の白ゲージがつく。
    が、如何せん攻撃力が1012と低い事に加え、白ゲージ自体が短い。
    斬れ味レベル+1でも白が伸びるだけなので、前線で戦うのは向いていない。
    回復の旋律を取られたのもかなり痛い所である。
  • 覚醒することで水属性を持つ。
    G級の水属性笛はこれとハーモニカしか無く、攻撃性能もどっこいどっこい。
    旋律も被っていないので、水属性笛としてなら使い道があるか。
  • 一応、スタミナ減少、風圧無効の存在によって辛うじてのアイデンティティは確保できている…
    …と思いきや、似たような形状をした別の笛が両方とも備えている上、
    向こうには攻撃&防御強化がある。
    属性の違いはあれ、ほぼ向こうに劣っているが、如何せんあっちは作製難易度が高く、
    作製時期がHR70からと最も遅い。
    それまでのサポート笛の繋ぎとしては十分使えるだろう。

MH4

  • 本作ではうなりうねり貝が登場しない為不参加…と思われていたが発掘武器にて登場。
    5パターンの色合い(+更に発光ありと無しがそれぞれ2通り)で見た目が抽選されるようになり、
    属性や性能の全く違う色とりどりの貝を集めることができるようになった。

MHX

  • うなりうねり貝の再登場と共に続投。
    ただし、モガの村長の息子の依頼1をクリア後の第二の依頼クエ(村★4)をクリアしなければならない。
    相手はホロロホルル。捕獲クエストであるため、討伐しないように注意。
  • クエスト報酬で受け取ったうなりうねり貝を使って作った、ウネリシェルンの性能は…
    攻撃力90、会心率20%、スロ2で短めの緑ゲージ。
    音色はでスタミナ減少無効【小】、防御力強化【小】、
    氷属性防御強化【小】、高周波と、サポート系の旋律となっている。
    • LV2からはスロットが3に増え、会心率もレベルが上がるにつれ5%ずつ順調に上がっていく。
  • LV4で最終強化のウェルテクスシェルンとなる。
    攻撃力は物足りない170、それを補う会心率35%、あってうれしいスロット3。
    ゲージは素だとやっぱり緑のまま、斬れ味+2でまあまあの青がようやく出る。
    音色がからに変わったことにより効果が【小】から【大】へと変わり、風圧無効も獲得する。
    ただしそれでも、決して使い物にならないわけではないが、性能も飛びぬけて優秀とは言い難い。
    • 一応、最速でスタミナ減少無効【大】を吹けるの音色*1を持つのはこれとグロードフラップのみで、
      あちらはスロットなしに対しこちらはスロット3つを持つため、運搬クエストのお供としては優秀。
      その用途の場合、紫音色とスロット3を得るLV3で十分であり、必要なうなりうねり貝も4つで済む。
  • 一方で、最後まで強化する場合は生産段階から数えて7個のうなりうねり貝を要求される。
    村クエとはいえ、ホロロを場合によっては7回捕獲しないと完成しないのである。
    一応50%の確率で2個出る筈ではあるが、いずれにせよ完成までは地味に長い道のりをたどることとなる。
    集中力の途切れでうっかりホロロを討伐してしまわないようにしたい。

MHXX

  • G級の解禁で再びクライゼルシュルネが登場している。
    限界突破以降の強化にはうなりうねり貝を使わないため、
    ウェルテクスシェルンまで強化してあればその後の強化に面倒なものはあまりない。
  • 今回のクライゼルシュルネの性能は攻撃力290に会心率40%、
    素の斬れ味は青で斬れ味レベル+1から白ゲージが出るものの紫ゲージはなし。
    上位同様にスタミナ減少無効【大】を素早く演奏できるスロット3の笛としての運用がメインとなるだろう。
  • 限界突破にはなんと骸龍の烏賊骨を使う。
    軟体動物繋がりということなのだろうが、まさかラスボス素材を要求されることになるとは……。
    • なお究極強化には不屈の証Gが必要になるためHR解放後となる。

余談

  • ウェルテクス(Vertex)はラテン語で「渦(潮)」事。
    英語読みすると「ヴァーテクス」となり「頂点」と言う意味になってしまう。
    • 因みに英語で渦は「ヴォルテクス」で「Vortex」と書く。
      ややこしいったらありゃしない。
  • クライゼルはドイツ語で「独楽(こま)」を意味する「Kreisel」が由来だろう。
    「クライゼル シュネッケ(Kreisel schnecke)」で「サザエ」を、
    「Schnecke」のみの場合は「カタツムリ」を表す言葉になる。

関連項目

アイテム/うなりうねり貝 - ウネリシェルンのメイン素材。
武器/冥笛エンフォーラル - 同じくMH3Gに登場する巻貝のような見た目の武器。勝てない存在。
武器/龍木ノ古笛 - MHP2G以前に登場する貝の形をした笛。
武器/アズマンドウィンド - 渦巻く笛系列のニューフェイス。


*1 武器出し攻撃と連音攻撃で紫黄青の旋律を完成させる事ができる。