Top > 「アジェンダ・ディセント」


「アジェンダ・ディセント」

Last-modified: 2019-03-20 (水) 00:06:08

◆本エピソードはニンジャスレイヤープラスにて独占公開◆しよう◆

noteまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3#4
◆実況付◆#1#2#3#4

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

「摩耗だ」

 

ヨロシサン製薬の社員、フォレスト・サワタリ。今の彼はまさに消耗しきっていた。
入れば三年は帰って来られないという閉鎖空間内にて、厳しい上司の目線を気にしながら来る日も来る日も同じ作業の繰り返し。金は増える一方だが使い道もなく、もはや喜びとは何かと自問すらする始末であった。
だがそんな彼に転機が訪れる。ヨロシサン製薬が密かに開発していた「とあるもの」の失敗作に対する「廃棄処分業務」が回ってきたのである。
ハードな作業であるというが、この摩耗しきった精神を変えるきっかけになるかもしれない。キアイを見せ、サワタリは業務に励む。

 

後にこの出来事が彼自身、そして多くの者の人生を変えることとなる……。


解説 Edit

バイオニンジャ集団「サヴァイヴァー・ドージョー」のリーダー、フォレスト・サワタリのオリジンエピソード。
「議題は堕ちる」というシリアス重点なタイトルに違わず、彼の過酷な会社勤めの日々が生々しい筆致で描かれる。
勤勉なるヨロシサン社員、フォレスト・サワタリはいかにして狂えるニンジャとなったのか。初登場エピソードから8年の時を経て明かされる真実を見届けよ。



「コメントだ……コメントが来る」