サヴァイヴァー・ドージョー

Last-modified: 2020-01-08 (水) 13:48:31

◆忍◆ 組織名鑑#9 【サヴァイヴァー・ドージョー】 ◆殺◆
フォレスト・サワタリ率いる脱走バイオニンジャ集団。
ジャングルやスラムに潜伏し、ゲリラ行為によってバイオインゴットや万札などを現地調達しサヴァイヴする。
なおサワタリは非バイオニンジャのため、インゴット無しで生命維持可能。

自由を求めて研究所を脱走した彼らは、ネオサイタマ東端部に広がる耐酸性バンブー・ジャングルに身を隠し、バイオパンダなどを狩って自給自足の生活を送っていた。時折、どうしても金や物資が必要になった時や、殺人衝動に駆られた時のみ、彼らはネオサイタマ市街に下りてきて殺人や強盗を行ったのだ。
彼らの行動はまるで、竹林に隠れガゼルを狩る、気高きタイガーそのものだった。彼らはソウカイヤのように政治経済を支配する気など無く、サヴァイヴァー・ドージョーの名前どおり、ただ平安時代のニンジャ神話に登場するタイガーのごとく、汚染された自然の中で逞しく生きようとしていたのである。
――「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ」#4より


組織概要

日本語表記は「生き残り達が道場」
リーダーであるフォレスト・サワタリの主導の下、特定の拠点を持たず活動地域が変動する組織。
第1部ではネオサイタマ、第2部ではキョート、第3部では再びネオサイタマで活動している。

 

その多くはヨロシサン製薬から自由を求めて離反したバイオニンジャ達によって構成されている。
バイオニンジャ達はヨロシサンの施設で製造される緑色のヨーカンめいた物質「バイオインゴット」が無ければ生命維持ができないため、各地のヨロシサン施設をゲリラ的に襲撃・略奪している。
私欲のためにモータルを搾取し虐待する他のニンジャよりはマシだが、結局のところモータルを躊躇なく殺害する狂ニンジャ達であり、ニンジャスレイヤーのスレイ対象から外れることはない。

 

各人の体格差は、ノトーリアス>セントール>ファーリーマン>ハイドラ>サワタリ≒ディスカバリー≒標準時ディスターブド>フロッグマン>カマイタチとなっている(セントールは棹立ちすればノトーリアスを上回る)。


構成員


ストーリー中での活躍

サヴァイヴァー・ドージョーの活動inネオサイタマ

サヴァイヴァー・ドージョーの受難inキョート Part1

  • 第2部冒頭、サワタリはザイバツによるネオサイタマ炎上を空襲と勘違いし、シンカンセンでキョートへ「撤退」することを決めた。しかし、彼らのジャングルに適応したサヴァイヴ能力は、キョートのタテマエ社会において役に立つものではなかった。
  • 追い詰められたサワタリはフロッグマンにリーダーの立場を委ね、サヴァイヴァー・ドージョーを一時離脱。アンダーガイオンで活路を開こうとするも失敗し、最下層の第13層まで迷い込んでしまう。ここでザイバツのベヒーモスに向かうニンジャスレイヤーを発見し、彼を追う形で内部へ突入。ザイバツやニンジャスレイヤーとの交戦の後、バイオインゴット数本を抱えて離脱した模様。
     
  • 残されたバイオ・ニンジャ達はイヴォルヴァーの甘言に乗せられ、新生サヴァイヴァー・ドージョーとして旗揚げする。しかし、イヴォルヴァーはバイオ・ニンジャ達をサヴァイヴに必要のない村を襲わせるなど、組織の理念を外れいいようにこき使っていた。しかも、イヴォルヴァー配下の鬼人が勢力を増すにつれ、彼らの必要性はなくなっていくばかり。実際このままではジリー・プアー!
  • 「スリー・ダーティー・ニンジャボンド」では、そんなサヴァイヴァー・ドージョーの悪行を聞きつけ元・首領のサワタリが彼らのもとに駆けつける。「ドージョー内での揉め事はカラテで解決」の掟があるらしく、拳で語り合ったサワタリとフロッグマン。互いの気持ちが伝わりあったのか、サワタリは再び、サヴァイヴァー・ドージョーの首領に返り咲くことになる。

サヴァイヴァー・ドージョーの受難inキョート Part2

  • 新たにセントールを迎え入れ、戦力を増したサヴァイヴァー・ドージョーだがまたしても大きな危機を迎える。物資投下情報(バイオインゴットの情報)を元にヨロシサンの研究施設跡を訪れるも、それはサブジュゲイター率いる敵軍、ヨロシサンの罠だったのである。ディスターブドは戦死、フロッグマンは瀕死の重傷を負い、ハイドラは捕虜として敵に捕らわれてしまう。
  • 残存戦力は首領のサワタリと新入りのセントールのみという絶望的状況の中、サワタリはフロッグマンの治療に必要なバイオインゴットとメディキットの確保およびハイドラ救出の為、単身で敵陣であるヨロシサン施設跡に乗り込む。
  • 施設跡へ向かう途中、偶然出会ったニンジャスレイヤータカギ・ガンドーに狡猾に恩を着せ、一時的同盟を組む事に成功する。同盟軍と共に敵バイオニンジャ達と交戦しつつ歩を進め、施設跡の地下実験室にて捕らわれたサブジュゲイターのプロトタイプと遭遇。彼にディスカバリーという名前を与え、メンバーに迎え入れる。更に同盟軍の協力とディスカバリーのプロトタイプ・ヨロシ・ジツにより、バイオインゴットとメディキットの確保、ハイドラの救出にも成功。エピローグでは、フロッグマンも無事生還した。
  • 新メンバーであるセントールとディスカバリーも含めて、戦死したディスターブドの葬式をしめやかに執り行うサヴァイヴァー・ドージョー。そこでサワタリは、「まだ見ぬ仕官者を見出す旅に出る」という新たな組織の方針を提示する。

    「我らの戦場は苛烈だ。いずれまた戦死者が出よう。軍備増強はクランの命題だ。サヴァイヴァルの為に」

  • これに対しディスカバリーは「その後どうする?」という問いを飲み込んだ。
  • この後、ファーリーマンを新たに仲間に加えた彼らは、ヘル・オン・アースが始まるガイオンを一瞥した後、ネオサイタマへの長い帰還の旅へ旅立っていくのであった。

サヴァイヴァー・ドージョーの活動inネオサイタマ Part2

  • 無事、ネオサイタマに帰還したサヴァイヴァー・ドージョーは比較的早い時期から、活動拠点に地下下水道を選択。「フー・キルド・ニンジャスレイヤー?」では危うくセイジ一派から下水道への毒ガス攻撃を受けるところであったが、セイジ側の作戦変更により未遂に終わっている。
  • また新天地を求めてツキジ・ダンジョンに侵攻するも、そこは既にイモータル・ニンジャ・ワークショップの勢力圏であり、 ゾンビーニンジャとの連戦により撤退している。
    • なお明確な時期は不明だが、この間に新入りとしてカマイタチを迎えている。
       
  • 撤退中、彼らは新しい拠点候補地を発見。そこは滋養あるオーガニック手絞りショーユ(正体は拠点上部にある違法強制労働施設「ソイ・ディヴィジョン」の廃棄ショーユ)が滴るなど理想的な環境であった。しかし、突如ショーユが幻覚作用をもたらすケモ・ショーユへと変貌。ファーリーマンが早期に看破したおかげで一時的な被害で済んだが、サワタリは幻覚症状、ハイドラは猛烈な腹痛に襲われてしまう。
  • 追い打ちをかけるようにゾンビーニンジャガーデナーの追撃がせまる。サヴァイヴァー・ドージョーは追撃からの脱出と非道な幻覚攻撃への報復としてショーユ工場に攻撃をかける。いや、後者については勝手に廃棄物漁っていた自業自得なんじゃ…。
     
  • 工場脱出直前、ラオモト・チバをはじめとするアマクダリの面々と遭遇するも互いに交戦の益は無しと判断、戦闘回避となりかけるが、そこへニンジャスレイヤーが現れる。彼の猛攻によりドージョーは負傷者が相次ぐも、なんとか戦死者無しで脱出している。

サヴァイヴァー・ドージョーの活動inネオサイタマ Part3 ニチョームにて

  • その後も下水道を根城に活動を続け、赤子の世話をするというこれまでにない経験もした彼らだったが、戦力に迎え入れていたミルメコレオの犠牲もあり、ヨロシサン製薬やINW、ひいてはその背後に潜むアマクダリの存在をいよいよ無視できない脅威として認識。そこでサワタリは、フィルギアサークル・シマナガシと同盟を結ぶ。
  • 「デス・トラップ、スーサイド・ラップ」で、アマクダリの攻撃を受けて敗走していたスーサイドらを救うべく現れ、下水道を通ってニチョームへの脱出を試みるが、その先陣を切ったカマイタチがカラミティの前に敗れ爆発四散する。
  • しかし、持ち前のサヴァイヴァー精神を活かしたサワタリの活躍によって敵ニンジャを排除。フロッグマンをはじめとしたバイオニンジャ達の奮闘もあってニチョームへの脱出に成功する。
     
  • ニチョームへと加勢する事になったサヴァイヴァー・ドージョーは、強大なるアマクダリ・ニンジャ達を相手にドージョー史上最大となる一大イクサ「ニチョーム・ウォー」へと臨む。彼らもまた、総力戦の様相で激戦を繰り広げてゆく。
  • しかし、そんな彼らの前にまたしてもサブジュゲイターが立ちはだかる。対抗手段であったディスカバリーを拉致してヨロシ・ジツを展開する狡猾な戦術で、長らく副官をつとめてきたフロッグマンが犠牲となる。更にハイドラも敵将とも目されていたスターゲイザーの激しい攻撃を決死の覚悟で受け止め重症。セントールスリケニストのスリケンを足に受けて負傷するなど、かつてないまでの被害を被ってしまう。
  • しかし、彼らの命をかけた奮闘はニチョーム陣営の大きな助けとなったのは確かで、スーサイドがディスカバリーを救い出した事で最大の敵であったサブジュゲイターを退け、ファーリーマンヤモト・コキと協力して多数の敵と切り結び、大将サワタリもドラゴンベインに重傷を負わせるなどの活躍を見せる。そして、不死身といわれたはずのスターゲイザーが戦死し、彼に代わってアマクダリを指揮していたキュアニンジャスレイヤーに仕留められた事で敵は撤退。イクサに勝利をおさめる。
  • かくして一大イクサをサヴァイヴしたサヴァイヴァー・ドージョーだが、初期メンバーは最早ハイドラ(とバイオカエル)を残すのみとなり、存続の危ぶまれる危機を迎えた。
     
  • しかし、彼らは生き残った。現実世界と隔離されたニチョームで。
  • 最終章でニチョームが現実世界とつながると、彼らはすぐにニチョームを脱出。その目的はただ一つ。ヨロシサンを、そして今やそのトップとなったサブジュゲイターを殺し、その気紛れと傲慢によって繰り返される悲劇を、全て終わらせること。そして、彼らはヨロシ・ジツを恐れる事無くサブジュゲイターを追いつめた。
  • しかし、サワタリは直前でサブジュゲイターを殺すのをやめてしまう。今ここで彼を殺し、ヨロシサンを根絶やしにすれば、バイオインゴットは永遠に失われる。それは、共に戦ってきた仲間達の死を意味する。今のサワタリには、それは出来なかったのだ。この決断に、ハイドラらバイオニンジャ達は不満たらたらながらもやむなく従い、サブジュゲイターはディスカバリーが殴り倒して失神させるに留めて去ってしまう。
     
  • 第4部以降の足跡はサワタリ・カンパニーを参照。

一言コメント

  • 複数人いたらすぐ自分のキンボシ狙いだとか、相方は死ぬまで俺の囮だ的な運用をしたがるニンジャ界でこいつらの連携力は実際圧倒的。 規模はアレだが、サワタリの実力も相まって局地の集団戦なら最強に近い方々ではなかろうか -- 2014-02-28 (金) 16:26:09
  • 生存力ならな。イクサのツヨイヨワイとはまた別のベクトルでしたたかでしぶといのだ -- 2014-03-01 (土) 09:08:22
  • メンバー同士のつながりの強さは作中随一だと思う -- 2014-03-17 (月) 22:14:41
  • ストーリーの展開如何で普通に戦死者が出るってのが何とも。 -- 2014-03-26 (水) 13:29:25
  • ドーモ、スゴイクロイ・ブリュンヒルデを見ていて真っ先にこの人達の事が頭に浮かんでしまった重篤ヘッズです -- 2014-05-18 (日) 15:14:41
  • フォレストのナム妄想を他のメンバーがどう思ってるのか気になる。フロッグマンは完全に毒されててカマイタチは興味なさげだったが、だんだん汚染が広がってくんだろうか -- 2014-07-15 (火) 21:55:29
  • もしかしてナム妄想とかサヴァイヴァルとか諸々が大将のミーミーなのかな -- 2014-07-15 (火) 22:39:31
  • フロッグマンはナム妄想の発作は妄想として見れてそうだが、慢性的に発せられる部分はトリビアとして嘘を信じちゃったのではないかと考えている。  というかバイオニンジャは概ね頭が弱めなので遅かれ早かれみんなナム知識に浸かりそうではある -- 2014-07-15 (火) 22:46:48
  • ディスカバリーとファーリーマンは染まらないと信じたい -- 2014-07-15 (火) 23:16:22
  • メインメンバーというほど話において重要ではなく、一方で主役級の集団。ここから導かれるものは、ストーリー的には「主人公側のメンバーの死」のストックグループでは無いか -- 2014-08-20 (水) 00:12:10
  • 愛すべきイディオット達ということは間違いありませんが、モータルにとってはまさに密林のタイガー並みの危険度。それでも彼らは生き続けるためにサヴァイヴするのだ -- 2014-09-01 (月) 07:38:05
  • 異形の者が多いのに、一番人間臭くて、バカワイイ集団だと思う -- 2014-09-14 (日) 08:32:45
  • されど共感性の低い狂人のメソッドが、インガオホーから彼らを守ってくれる保証はどこにもない。個人的にはドージョーに限らず、すべてのニンジャが爆発四散して忍殺は完結するという覚悟で読んでいる。 -- 2014-11-10 (月) 16:40:53
  • ↑2 人間臭いが同時に嗅覚的な意味でも実際洗ってないなんかの臭いがしそうな集団。ナムの地獄にセントーなど無いとはいえ -- 2014-11-10 (月) 21:19:51
  • ファーリーマン=サン、好きだけど臭そうだと思ってしまう -- 2014-11-10 (月) 21:21:28
  • 中国地方とかオンセンとかすげぇ似合う連中だが、いかんせん都市部だと下水住まいだからな…… -- 2014-11-11 (火) 00:00:32
  • あんまり臭いとアンブッシュに不利(臭いで存在がバレる)なので、野生動物がやるような水浴び・泥浴び・砂浴びぐらいはやってるかも知れない。それでも文明人よりは臭そうだけど。 -- 2014-12-22 (月) 15:23:05
  • 昔はていちのうが問題だったけど、武闘派たちがフェードアウトしてファーリーマンとディスカバリーが入ったから今はそっち方面の心配はなくなったな -- 2015-02-10 (火) 01:04:31
  • 一番見ていてタノシイニンジャ集団 -- 2015-02-16 (月) 08:53:58
  • サヴァイヴァー・ドージョーが好きすぎる。すなわちLove・サバイバーな -- 2015-03-07 (土) 23:33:53
  • ↑ 経験値泥棒があからさまにニンジャなのだ! -- 2015-03-08 (日) 00:03:32
  • ヨゴ=センセイのサバジョ愛があふれたウキヨエでしたね。 -- 2015-03-08 (日) 22:53:28
  • サバジョと略しているヘッズをよくみかけるが、これは響きが「サヴァイバー女子高」の略に見えて腹筋にダメージを受けやすい。 -- 2015-03-09 (月) 02:43:03
  • つまり、こうだ。大将たちは女子高生 -- 2015-03-09 (月) 12:13:53
  • プークレ宿原にモッチャムする大将なんてテストに出ないよお… -- 2015-03-09 (月) 23:44:05
  • フロッグマン「モチヤッコ!モチヤッコスゴイネェー!」大将「ありえない!」セントール「どんだけ!」 -- 2015-03-10 (火) 07:36:32
  • ↑4 ミヤザキ=マヤセンセイの『ゴクジョッ。』めいていることですね? -- 2015-03-23 (月) 00:14:48
  • 我らがメンター「女子高生とくれば私の出番だな。フィーヒヒヒ!アバーッ!?」 -- 2015-03-23 (月) 16:05:20
  • ↑5 大将だけはセンセイという可能性も -- 2015-03-24 (火) 03:59:31
  • 実際豊満ニンジャゲームで蛇女と紅蓮隊の名前が出る度にサバジョがニューロンを侵食するので困る -- 2015-05-22 (金) 21:29:41
  • 子育てか…嫌な予感しかしない… -- 2015-06-18 (木) 19:35:29
  • 創設時のメンバーもサワタリ(負傷)とハイドラ(大きく負傷)の2人だけになってしまったなぁ… -- 2015-07-14 (火) 14:26:39
  • アイエッ子育てナンデ!? ラストはしみじみENDだろうけどギャグ回にしか見えない -- 2015-07-22 (水) 21:36:47
  • ↑×2悲しいなぁショッギョムッジョ! -- 2015-07-25 (土) 15:32:44
  • アイエエエ…ガーゴイル=サンめいた語られぬ欠員がいたなんてテストに出ないよぉ… -- 2015-07-26 (日) 01:39:19
  • モタロ=サンが大きくなったら、トカゲ男、鹿男、雪男のニンジャをインゴットで仲間にして、ヨロシサンを討ち滅ぼすのか。 -- 2015-07-26 (日) 06:43:53
  • ↑ もしかして、書下ろしエピにかなり胸グソ展開あるのか? -- 2015-07-26 (日) 10:18:38
  • ↑物騒なことを言ってるが基本ハートウォーミング重点の子育て奮闘記なのでごあんしんください -- 2015-07-26 (日) 10:33:15
  • 書き下ろしは本当にハートフル重点でこれ本当に忍殺か?ってぐらいだよ。心温まる。真夏だが。 -- 2015-07-26 (日) 20:28:10
  • バイオニンジャはバイオインゴット無しでは生きられない以上、どんなに憎くてもヨロシサンを壊滅させるわけにはいかないんだよね。サワタリの言う真の地獄とは、ヨロシサン崩壊後の彼らの運命なのかもしれない… -- 2015-07-26 (日) 23:56:43
  • インゴット製造機を手に入れれば補給無しで永遠に戦い続けられるのだ! -- 2015-07-27 (月) 00:08:20
  • げんりょアッハイ実際あんしんです、みんな生き延びられます -- 2015-07-27 (月) 00:17:03
  • イヴォルヴァーは廃城(リターン・ザ・ギフトの)でヨーカン製作してたんだっけ?知識と設備があればなんとかなるとは思うのだ。 -- 2015-07-27 (月) 05:00:42
  • ヨーカン製造機はデカすぎるとか繊細だとかの理由で運ぶのが難しいんじゃないだろうか 追手が来ることを考えると一か所には留まれないから奪うしかないとか -- 2015-07-27 (月) 15:16:57
  • うまいことヨロシサンの関係会社を乗っ取って、ヨーカン作り放題食べ放題という極楽展開の可能性はあるだろうか -- 2015-08-04 (火) 13:05:22
  • ↑ 基本自給自活な組織だし、あんまり一箇所定住とか嫌がるかも、機材ぶんどってさようなら・・・・じゃね? -- 2015-08-04 (火) 21:50:08
  • までも平和になったら農民になるって発想はベトナム的にはありな気はする   というかフォレストさんて元々は農業関係に志持っててヨロシサン入ったんじゃないかというのが最近の自分的妄想  それが無慈悲な戦争により地獄めいたサヴァイヴを強いられ…(何 -- 2015-08-04 (火) 22:03:02
  • 「殺戮衝動を押さえきれなくなったら」ドージョーのニンジャは果たしてどうしてるのか。無関係なモータルへの危害は大将やフロッグマンが厳禁してると思いたいが、肝心の大将がナムの幻想モードに入ると一番危ないんだよな(汗) -- 2015-08-05 (水) 11:33:52
  • 食事にヨーカン混ぜてたが、そのままでも美味いとか言ってたからバイオ・ニンジャにバイオインゴットは美味しく感じるのかな? -- 2015-08-11 (火) 16:46:59
  • アレ?非バイオニンジャという設定に今気づいたのだが、ニチョームウォー辺りでサブジュゲイター=サンに影響を受けたような・・・改造の度合いが低いので体がしびれるだけ、のような記述があった気がしたんだが、改造されてるけどバイオニンジャとなるほどではない、ということなんかな? -- 2015-08-11 (火) 18:54:55
  • 特別枠にモタロを入れよう(提案) -- 2015-08-11 (火) 19:00:17
  • ↑↑全身アンドロイドボディなのとペースメーカーや人工心臓いれてるだけの違いじゃない? -- 2015-08-11 (火) 20:17:47
  • 大将はバイオインゴットいらないんだっけ?バイオインゴットが必要なほど改造してるとバイオニンジャってことで。 -- 2015-08-11 (火) 20:54:47
  • バイオ筋肉移植しているけど素は普通のニンジャだからインゴットは不要だがサブのヨロシ・ジツの影響で戦力が落ちるしプラン梅で吐く -- 2015-08-11 (火) 22:23:49
  • 言うなれば運命共同体。互いに頼り、互いに庇い合い、互いに助け合う。1忍がドージョーのために。ドージョーが1忍のために。だからこそ戦場で生きられる。        ……嘘を言うな! -- 2015-08-30 (日) 20:01:28
  • これは新たなバイオニンジャでは?http://blog.domesoccer.jp/archives/60028556.html -- 2015-09-19 (土) 09:31:23
  • ↑オニイサン…?ニイィーッ… -- 2015-11-08 (日) 11:37:45
  • ニチョームにはいつまで留まるんだろう?三部終わりくらいまでは居るのかな・・・サヴァジョにとっての安住の地ではないと思うんだよね。 -- 2016-01-03 (日) 18:28:58
  • インゴット問題がある限り、一箇所に定住とかは難しいもんな…… インゴット製造機でもあれば話は違うだろうけども…… -- 2016-01-03 (日) 20:28:30
  • 実際「大一大万大吉」的な組織ではある。 -- 2016-03-11 (金) 15:28:13
  • 最終話後半でいくえ不明なのは彼らだけ。彼らがジョーカーなのか? -- 2016-07-13 (水) 00:42:29
  • そろそろサブジュと決着をつけそう -- 2016-07-13 (水) 01:54:32
  • 生き残るためというのはタテマエで、サワタリは最初からヨロシサンを滅ぼす気でいたのだろうか。それともバイオテックの悲劇を見るうちに、彼の目指す道が仲間との生存から仲間を無くしてでもの使命へと変わったのだろうか。いずれにしても、彼はバイオニンジャ達とあまりに長く共に暮らしすぎ、もはやかけがえのない存在となってしまっていたのだ。 -- 2016-08-08 (月) 00:12:57
  • フジキドとは別のベクトルでの「狂気」と「人間性」を持ってることだなあ -- 2016-08-09 (火) 10:56:39
  • 「家族が大事」なんだな… -- 2016-08-09 (火) 11:02:01
  • この記事を読んでるだけで泣きそうになる…。 -- 2016-10-10 (月) 20:44:02
  • 今やハイドラ=サンが最古参か… -- 2016-10-10 (月) 20:47:14
  • ↑5 ドージョーと離れ離れになって抜け殻のような小市民になってたり、不始末を号泣しながらドゲザしてるんだから目的のための家族では無いだろう。サヴァイヴのために敵の情報を集めてたから、そのなかで一時的に正気に戻るほどの邪悪なヨロシしんじつを知ったと考えるほうが自然かと -- 2016-10-10 (月) 22:20:31
  • 忘れられがちだけど、ドゲザは日本人にとって母親とファックを強要されその様を記憶素子に撮られるくらいの屈辱を伴う行為。 建前でニンジャがモータルの小娘に土下座する可能性はほぼほぼゼロと言っていいだろう。  -- 2016-10-11 (火) 04:19:53
  • 「臭そう」だの「入ってない」などという奥ゆかしくない話題に辟易したが、ジャングルの中にもヒトーの一つや二つあるかもしれない説を出してみるが、いかがか。 -- 2016-10-12 (水) 14:49:27
  • 4部ではバイオインゴットをサバジョで自作できるようになってたりしないかな。 -- 2016-11-23 (水) 14:48:17
  • ↑2 忍者は隠密のために体臭、口臭の対策はしっかりやらないといけない。信伏力の高い大将ならば対策してるはずと思いたい。↑本社にカチコミかけたからインゴット製造機の機密とか持って返ってるかも?それともそんな余裕は無かったかも?だが -- 2016-11-23 (水) 18:06:54
  • 抹茶羊羮が何かに見えてしかたないのだが、、、 -- 2017-01-15 (日) 01:16:54
  • サワタリ・カンパニーはここじゃなくて新規作成のほうがいいと思う。当然、登場エピソードが終了次第ね。 -- 2017-09-02 (土) 15:58:01
  • 「サバイバー」でなく「サヴァイヴァー」表記なのが、キイロイ・マジュツ・オーケストラの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」を連想した。 -- 2018-01-05 (金) 15:33:24
  • ↑確かこの再販版のCDのインタビューやNHKの番組での、ホソノ・ハルオミ=サンの発言に「東京っていうのは、ひとつの実験場で、ぼくたちは実験動物で~」というのがあったような…… -- 2018-01-05 (金) 15:48:32
  • 初夢。山で、迷って困ってたら彼らに助けられた。トレンチコートの探偵とも一緒に、ちょうど文化祭やっていた公民館まで送ってもらった。ハイドラとてをつないだ。割とやわらかくて、ヤモリのお腹みたいだった・・・・。サワカンの皆さんに、今年も惚れまくる一年てことですね。 -- 2020-01-08 (水) 13:48:31

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White