「ブーブス・バンド ~ロックンロール女囚軍団~」

Last-modified: 2020-02-14 (金) 12:34:22

トゥーゲッターアーまとめ Edit

◆まとめ◆#1
◆じっきょうつき◆#1
◆note版(要購入)◆#1

あらすじ Edit

(ダミ声)荒野を旅するセクシー美女バンド軍団、我らが女神、ブーブス・セクシー・ストライキング・バンド、BSSB!

知性とウィットと強い意志を備えた我らがリーダー!ギターリスト!フォクシー!
「アーハ?今日のサンドバッグはアンタってわけ?」

とにかく頭が悪いが金髪で美女!歌は歌える!難しい歌詞はやめときな!ブロンディ!
「ねえ、いい事考えた!あなたが私のかわりにトイレに行ってくればいいのよ」

ゴシック・キューティー・スプーキー・ビューティー・ベーシスト!小さいが年齢はリーガリー・ノープロブレム!ドールハウス!
「まだダメ……まだ降りてこないの……トマトジュースちょうだい」

マシンガン?アタイのマーシャルアーツにまかせな!その腕力でボーンナム並みのドラミング!ジェーン9!
「……ファック?」

キューティービューティーハニービー!
バン(盗品)に楽器(盗品)を詰め込み、四人のビューティフル・ガールズ・ソー・セクシーがトラベリング!
だけどプロフェッサーK率いるナチスの残党が襲いかかるぞ! 得意のマーシャルアーツとロック魂でぶっ飛ばせ!

ブーブス・バンド ~ロックンロール女囚軍団、第18シーズン堂々スタート!(四人の背後で爆発)


かいせつ Edit

……という内容で2012年4月1日・エイプリルフールに突如掲載されたドラマ小説。
忍殺アカウントハッキングのため翻訳チームのケジメが懸念されたが、なんと本作の執筆をリレー方式で担当していたことが発覚。
ちなみにレイトショーで見たザ・ヴァーティゴ=サンの感想は「何だよこれ……ひどい番組だったな……」
同日放映終了後(上記のまとめ後半)にはおなじみザ・ヴァーティゴ=サンによる忍殺質疑応答も行われた。トレンド!

 

また、コンプティーク2013ねん9がつごう151ページ『「ニンジャスレイヤー」翻訳チーム&コミックチーム スペシャル座談会』では「盗んだバンで走り出す4人のビューティフル・ガールズ・ソー・セクシーのトラベリングを描いた突発即興低知能ドラマ小説」(原文ママ)と紹介されている。
noteによる解説はこちら


ぞくへん Edit

実際その後も人気シリーズ化する。
ヘッズの間では、読んでいると頭のう指数がどんどんさがってくると、ひじょうにひょうばんである。
なお「~3D!」以降のスタッフロールによると、監督・脚本・演出その他もろもろをすべて本兌有・杉ライカの両氏が行っている、とのこと。

「ブーブス・バンド ~ロックンロール女囚軍団~」から「ブーブス・トレジャー」までの十作品はnoteで販売されている。
値段は各100円、まとめ買いだと696円。note版はそれぞれ特典としてモージョーとコメンタリーが付いている。
公式マガジンはこちら

 

2018年には以下の三作品がnoteに掲載された。
値段は各300円、まとめ買いだと696円


とうじょうじんぶつ Edit

ブーブス・セクシー・ストライキング・バンド Edit

  • フォクシー:ギター
    • BSSBのリーダー。無軌道女子ばかりのBSSBでは比較的まともなまとめ役(あくまで比較的)。あたまの回転もはやい。
 
  • ブロンディ:ボーカル
    • その名の通りの金髪美女だが非常にあたまがわるい。気に入った男を見つけると所構わずファックするアバズレである。他のメンバーがだれかを殴っていると便乗してボコボコにする癖がある。
    • BSSBの楽曲は基本彼女が作詞(あるいはアドリブ?)しているが、肝心の歌詞はメチャクチャ。
 
  • ドールハウス:ベース
    • 小柄なゴスガール。なぜか自分を吸血鬼と思っているらしい。年齢は不明だがまぁだいじょうぶだろう。細身だがおっぱ…バストは豊満。
    • 体がよわく日光が苦手で普段はカーテンで外界の光を遮断してはあやしげな儀式を行っている。BSSBを酷評するタブロイド紙出版社や音楽評論サイト運営会社に爆弾を送りつけて爆破したりもする。
    • うでっぷしもからっきしのため、よくドレスを引き裂かれたりする。
    • ネオサイタマを舞台にしたゲーム「AREA 4643」ではプレイアブルキャラとして登場。
 
  • ジェーン9:ドラム
    • 自慢のパワーをいかしたドラミングやナチ兵とかを文字通りちぎっては投げるマーシャルアーツが特技。日課のトレーニングはいかなる時もかかさない。
    • ごぞんじの通り(ナンデ!?)サイボーグで、プロフェッサーKの銃弾をうけても平気で立ち上がる。「ブーブス・ストライク・アゲイン」では型番がなぜか13だったが、それ以外のシリーズでは9である。

ナチス Edit

  • プロフェッサーK
    • ナチス残党を率い、偉大なる「マインヒューラー(我が総統)」の計画を実行に移すべく暗躍する。右腕が鉤爪の義手になっている。
    • なんかいろんな暗黒存在をナチスの科学力で操ったりして世界征服を企むものの、いつもBSSBにたまたま出くわしてはロックンロールで返り討ちにあっている。
    • ワルサーP38を愛用しており、もっぱらジェーン9がその銃弾の被害にあう。が、ニンジャスレイヤーの物理書籍版にいつも防がれている。
 
  • デジー・シュタッデルマイヤー
    • プロフェッサーKに付き従う女軍人。
    • BSSB(おもにブロンディ)とキャットファイトを繰り広げる。しかし最後はBSSBのロックンロールとか不慮の事故とかで軍服が破けてあられもない姿で逃走するのはお約束。「アーン、ペインリッヒ!」
    • なお"peinlich"にはドイツ語で「はずかしい」などの意味があるが、発音は「パインリッヒ」である。
 
  • 少年兵
    • 「ブーブス・バンド ~ロックンロール女囚軍団~ ブーブス・ストライク・アゲイン」と「ブーブス・バンド ~ ロックンロール女囚軍団3D!~ ブーブス女囚プリズン」に登場するヒットラーユーゲントの少年兵。「ブーブス・ストライク・アゲイン」で「ナチスを辞めた」という表現があるため、それぞれ別人と思われる。
    • それぞれ物語中でブロンディやドールハウスになんかされそうになったり実際なんかされたりする。物語のクライマックスではそれぞれBSSBのライブを最前列で聞いており、BSSBはそんな彼に、終わったら来るように告げるというたいへんうらやましいめにあう。
    • 「ブーブス・イン・ヘル ~「ブーブス・バンド」地獄のロックンロール女囚軍団~」では、ほぼ同じ役割のデーモンボーイが登場する。

そのほか Edit

 
  • ドレッドノートおやじ
    • 数々の伝説のライブをその目にしてきたという、ロックンロールの生き字引。
    • ロックンロールの歴史をオーディエンスやブーブス達に語るが基本的にはまともに耳を傾けるものは少ない。
    • だいたいブーブスが起こすロックンロールの奇跡を見て感涙にむせぶ役。
    • ドレッドノートとは音楽用語としてはマーティン社製のギターのうち、頭がDで始まるモデルに採用されているアコースティックギターの形状を指す。
    • なお忍殺本編に登場したドレッドノート=サンとは一切関係がない。いいね?
 
  • 半魚人金星人地底人火星人ミイラ男オイスター・モンスターデーモンホブゴブリン評論家サメ人間
    • ナチスに操られていたり別にそうでもなかったりする暗黒存在。ロックンロールによわい。


その時!