SAVANNA RX-7 GT-X (FC3S)

Last-modified: 2021-07-19 (月) 01:46:55

基本スペック

駆動方式[FR]/ミッション[5速]1985年発売開始
初期馬力[205ps]/カーナンバー:13-08
マキシ2~3車種称号【飛燕】

全長:4,335㎜
全幅:1,690㎜
全高:1,270㎜
最高速度:350km/h弱

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
夏休み称号【永遠のRE使い】
ワンメイクバトル【FCキング】
エンジン形式バトル【ロータリー選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説のRX-7】
期間限定首都一TA・2【俺のセブン】
車種限定バトル【おむすびコロコロ】

備考:SAVANNA RX-7 TURBO SE-Limited (SA22C)の後継車種であり、2代目のRX-7。

最高速は平均的ではあるものの、加速は6000rpmから伸びるドッカンターボのような感じで、シフトチェンジからエンジンの回転までのタイムラグが大きい為全車種で一番ターボラグが大きいと言われている。
4になってからはややマイルドになり、以前より多少は扱い易くはなった。
コーナリング性能はコーナーへのターンインは素直ですぐに頭が入るが、意外にも旋回中は踏ん張りが効かずに外に流されることが多い。また、他の車と比べてもよく滑る。

元々のフル加速の遅さも相まってブーストも弱く、ミスをした際の挽回が難しいと言われてきたが、6Rから密かに修正が入ったのか以前よりブーストの掛かりが良くなった様な感じを受ける。対接触能力もマキシ5になってからは少し持ち直したものの、6になりまた落ちた様に思える(要検証)。
幸いにも5ナンバーサイズの為擦り抜けは容易で、全長も平均くらいなのでバチコンをくらうリスクは低め。但し過信は禁物であり、従来通り壁やアザーカーとの接触には注意を払っておいた方が良い。
癖のある加速性や対接触性能の低さ等、対戦での重要な要素は殆ど欠落してしまっている為、前を守り切れる上級者でないと活躍は難しい。コーナーへのターンインの良さとRX-7 Type R (FD3S)よりも狭い全幅を活かしたいところ。

以上の事から、どちらかと言えば乗り手の愛と技量を試される中~上級者向けの車と言える。
初代マキシから登場している事や原作およびストーリーにて城島が搭乗している事もあり、使用者はFD程ではないが多く人気のある車。
RX-8 Type S (SE3P)などのように湾岸マキシで圧倒的人気のFDを敢えて避け、こちらを使用するパターンもある様である。

選択可能カラー

カラー名2•3~色称号
ブレイズレッド【赤い/真紅の】
クリスタルホワイト【純白の/雪色の】
ブリリアントブラック【黒い/漆黒の】
シャドーシルバーマイカ【銀色の/白銀の】
ブレイブブルーマイカ【青い/蒼き】

更新回数及び追加カラー

1ピンク
メタリック
21レッド
2イエロー22ホワイト
3ダークオレンジ23ブラック
4ペールブルー
メタリック
24ベージュ
メタリック3
5ダークパープル
メタリック
25ブルー
メタリック
6パープルシルバー26イエロー3
7ライムグリーン27シルバー2
8ダークピンク28ライムグリーン2
9ダークレッド
メタリック
29グレー
メタリック
10グリーン330ピンク2
11ライトブルー31ガンメタル
12オレンジイエロー32イエロー
メタリック
13ライトパープル
メタリック
33オレンジ
14イエローグリーン
メタリック
34ブルー
15ライトブラウン35スカイブルー
16ワインレッド
メタリック
36ダークグリーン
メタリック
17ブルーグリーン
メタリック
37ダークピンク
メタリック
18パープルブルー38ミントグリーン
19ペールピンク39パールホワイト
20ゴールド
メタリック
40オレンジ2

エアロパーツセット

A:固定ライト化。Yours Sports製JSSエアロ。ストリート用にリファインされているので、同社のコンプリートカーBorgh Acheve 88Sがモチーフか。

B:プロショップウェーブ製のエアロに似てる。 コチラも固定ライト化。
幻のFC編に登場する城島が乗るFCにエアロがよく似ているが所々違いがある。こちらもRev.1.05のアップデートでリトラクタブルライトが開かないように修正された。
フロントのみベルト部分が黒くなる。

C:全体的に張り出したドリ車系エアロ。このエアロのみフロントのフォグランプ部分が黒くなる。形状的にはBNスポーツの物をやや加工したような雰囲気か。
最初に手に入る「リトラクタブルライトのままのエアロ」。

D:RE雨宮似のシンプルなエアロだが形状が少し異なる。全体的に纏まっている。
リアウイングは180sx後期純正ウイングに似ている。
あっさり仕上げたい人にオススメのエアロだ。

E:BORDER風のエアロだが、実物よりも張り出しが大きくなりナンバーがオフセットされる。
エアロC同様、ドリ車系。

F:エアロEベースにアンダーパネル、カナードが装着され、リアはシンプルな形状になり、ダクトが付く。
ウィングはFD3Sの車種別Bと同じく、KNIGHT SPORTSのデュアルフラップ・リアウィング風。フロントのナンバープレートは浮いているようにも見える。

G:リアに派手なディフューザーが付く。マフラーはセンター出し。マフラーは逆三角形。ボディ同色の大きなウィングが装着される。

H:エアロGを大人しくした感じのエアロ。ボディ同色のGTウイングが装着され、マフラーは2本出しになる

I:純正に対して、黒固定のアンダースポイラーなどを追加した感じ。
またリアウイングも黒固定である。シンプルでまとまりが良い。マフラーはエアロHと同じ2本出し。エアロD同様、あっさり仕上げたい人にオススメできるエアロ。

J:WALDの日産GT-R (R35)を意識した比較的スポーティーなエアロ。フロントバンパーの下部がカーボン製になっている。
リアにはディフューザーと小ぶりのカーボンウイングが装着される。マフラーは2×2の4本出し。

K:RE雨宮のフルカウルシリーズを意識したエアロ。エアロに合わせRE雨宮の固定ライト装着でかなり派手。だが、実車離れのドデカ過ぎるウイングなどやノーマルフェンダーなどの違いにより走行時後ろから見た見映えはあまりよくないが好みは分れる。
頭文字Dの高橋涼介の死神戦仕様と比べてもかなり派手だが、そちらをマキシで意識したい人にはオススメ。
また、ドリフトスピリッツというスマホゲームに収録されてるFC3Sにこれと全く同じエアロがある。

ダクト付きボンネット

A:エアインテークの前に排気ダクトが設けられる。エアインテークのデザインも少しゴツめに変更される。

カーボンボンネット(ダクト付1):

B:RE雨宮のAERO BONNETに似た形状。エアロDと装着するとRE雨宮仕様に似せられる

C:FRPボンネットBの左右にダクトを増やした形状。ボンネットBと同様エアロDと装着するとRE雨宮仕様に似せる事が出来る

D:Tamon DesignのGTスタイルボンネットがモデルと思われる。

カーボンボンネット(ダクト付き)2:

カーボンボンネット(ダクト付き)3:ガレージ籠谷のボンネットのダクトの形状を大きくし両サイドに追加ダクト加えたような形状にも見える

車種専用ウィング

A:R33の純正ウィングを大型化したような形状。

B:FDのエアロF純正ウィングと似ている。

C:

エアロミラー

ガナドール・スーパーミラータイプのエアロミラー。

カーボントランク

カーボン製のハッチになり、ガラス面積が小さくなる。実車なら後方や斜め後方の視界が最悪になるだろう。。

ワークスステッカー

MAZDASPEEDのステッカーが両サイドとボンネットに貼り付けられる。ただ、FDやロードスターのような斜め貼りではなく、横に貼り付けられる。
貼り付け位置も両サイドはリア側に、ボンネットは若干手前に装着される。また、車種別ウィングを付けていると車種別ウィングにも装着される。
また、これも同じくボンネットがカーボンの場合はサイドのみに貼り付けられる。

サイドステッカー

リアフェンダー上。

雑記

  • 収録されている車両はテールランプの形状から、1989年4月にマイナーチェンジが行われた後期型であることがわかる。
    ほかにも外見上ではドアミラーがボディ同色になったりバンパー類の変更がなされている。
    なお湾岸マキシには未収録の前期型も登場する(城島やプレイヤーが乗るのが後期型で、前期型はコウちゃんが乗っている)。
    1985年にSA22Cよりフルモデルチェンジを受けてデビュー、開発コードはP747であった。
  • Fプラットフォームの第二世代としてFCプラットフォームを採用。
    フロントのストラットは先代同様だが、リアサスがセミトレーリング・マルチリンクとなり独立懸架化された。
    また、セミトレ式の欠点であるキャンバーならびにトーの大きな変化に対応するために、ハブ部分のリンクにブッシュを挿入することで人工的に4WS風味の操舵性を作り出すトーコントロールハブを採用。*1
  • GT-XグレードはGT-Rグレードをベースにビスカス式LSDとアルミボンネットを備えた走りのモデル。
    ここからリミテッドになるとサンルーフや本革シート、クルーズコントロールが備わりスペシャリティ感が増す。
    なお前期型には素のGTグレードも存在したが、後期型では廃止されている。
  • 日本国内ではターボモデルのみ売られていたが、海外ではSA22Cの後期型より引き続いてノンターボのモデルも売られていた。
  • 先代のSA22Cに続き、パッケージなどの類似点から「プアマンズ・ポルシェ*2」と自動車雑誌で揶揄されてはいたものの、13B-Tのパワーを活かして性能面で圧倒。0-100km/hは7秒弱、最高速度はメーカー測定で238km/hを誇った。
  • 過去にカーボンボンネット(ダクト付2)がFRPボンネットDと全く同じというバグがあったが、現在は修正されている。
  • マフラー交換を行うとマフラーが左右2本出しから左1本出しに強制的に変更させられる。
  • マフラー交換前(パワーステップ0又は1)の時にエアロE、Fを着けると、マフラー形状がR34やエボ3の純正のような片側2本出しとなる。これを利用した外装チューンもある意味一見の価値あり。
  • エアロKの元ネタの一つである「雨宮風林火山号μFC3S」は、実車のFC乗りからも讃えられるRE雨宮を代表するマシンでもあり、代表:雨宮勇美とGTドライバー:故 山路慎一とのかげがえのないマシンとなっている。
  • 有名な自動車漫画「頭文字D」の主要登場人物である高橋涼介の愛車としてハイオク専用の上位グレードに当たるクリスタルホワイトの∞(アンフィニ)Ⅲが登場している。ドリフトスピリッツにも頭文字Dのコラボ車として登場していたが、内装をよく見ると2シーターになっておらず、ご丁寧にリアシートが残されている。
    また、コラボ車以外にも通常仕様の本車も登場し、カスタムエアロの中に湾岸マキシのエアロB仕様、エアロE仕様、エアロF仕様、エアロK仕様のそれぞれ4つが移植されている。*5

    高橋涼介仕様(前期)


    プロジェクトD仕様

     
    •海外版湾岸マキシでは、サバンナの名称が外されている。*6

*1 しかしブレーキングからターンインするときに不自然なアンダーステアが発生することから、ブッシュの材質を変更してこの機構をキャンセルするトーコンキャンセルがFC乗りの常識となっている。
*2 ポルシェ944との対比で名づけられた。また、揶揄と言うだけではなく値段のわりに性能が高いという意味も含まれていた。
*3 EUNOS Cosmo TYPE-S (JCESE)は除く。
*4 具体的にはクラクションに近い音…と言えば分かりやすいか。
*5 ただし湾岸マキシと違い、エアロBはレース時にリトラクタブルヘッドライトが展開する。
*6 SA22C RX-7も同様。