RX-7 Type R (FD3S)

Last-modified: 2021-10-08 (金) 23:40:52

基本スペック

駆動方式[FR]/ミッション[5速]
初期馬力[280ps]/カーナンバー:13-08
マキシ2~3・車種称号【飛竜】

全長:4,285mm
全幅:1,760mm
全高:1,230mm
最高速度:350km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
夏休み称号【永遠のRE使い】
ワンメイクバトル【FDキング】
エンジン形式バトル【ロータリー選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説のRX-7】
期間限定首都一TA・2【俺のセブン】
車種限定バトル【おむすびコロコロ】
 

備考:SAVANNA RX-7 GT-X (FC3S)の後継車種である3代目のRX-7。

特にコーナリング性能はFRとは思えないほど挙動が素直で非常に良く、スライドコントロールも容易で旋回中の挙動も安定している。
反面最高速の伸びはいまいちであり、直進安定性もそこまで良くない。
全幅は比較的狭めなので擦り抜けは容易。 全長も短めでノーズを引っ掛けたりする事も少ない。

タイムアタックでは湾岸線などを除くほとんどのコースで大人気の車*1であり、かなりの台数が上位に食い込んでいる。
対接触性能、加速、ブースト共に手堅くまとめられていて、対戦でもC1を中心としたテクニカルコースで真価を発揮する。

 

初心者からトップランカーまで幅広いプレイヤーが使用している。湾岸マキシ4以降、現環境における目下強車代表
その性能の高さと信頼性は、日本最速王座決定戦をはじめ数々の大会や全国一位争奪戦での輝かしい実績が証明しているところ。それ故に御三家同様に遭遇率は非常に高く、特に最近のトレンドである「C1中心の乱入対戦」では意図せずにこの車のワンメイクレースになることも珍しくない。

他の車メインのプレイヤーがサブで持っていることも多く、湾岸マキシで使用者が一番多いと言っても過言ではないだろう。
悪く言えば厨車と言えるが、全体的な性能が高水準でまとまっているため初心者にお勧めなマシンであり、湾岸と言うゲームに慣れるには無難な選択といえるかもしれない*2

選択可能カラー

カラー名マキシ2・3~色称号
サンバーストイエロー【山吹の/獅子色の】
イノセント
ブルーマイカ
【群青の/藍色の】
ヴィンテージレッド【赤い/真紅の】
ピュアホワイト【純白の/雪色の】
サンライトシルバー
メタリック
【銀色の/白銀の】
ブリリアントブラック【黒い/漆黒の】
 
  • サンバーストイエローを選ぶと「RX-7 Type R BATHURST R 」になる。
    本来ならばCピラー(このクルマならドライバー・助手席のすぐ後ろ側の柱部分。参考画像)にBATHURST Rステッカーが装着されるがゲームでは車名のロゴが変化するのみでステッカーは装着されない。

ゲーム↓

実車↓

更新回数及び追加カラー

1ブルー21イエロー3
2ミントグリーン22ブルー
メタリック
3ライムグリーン23レッド
4ピンク24ホワイト
5ワインレッド
メタリック
25シルバー
6オレンジ26ブラック
7ライトパープル
メタリック
27ダークグリーン2
メタリック
8パープルシルバー28ライムグリーン2
9ペールブルー
メタリック
29ピンク2
10ペールピンク30ダークオレンジ2
11ダークグリーン
メタリック
31ライトイエロー
メタリック
12ガンメタル32ダークオレンジ
メタリック
13コーラル33ライトブルー
14ベージュ
メタリック
34ダークパープル2
15ペールブルー
メタリック
35イエローグリーン
16グリーン2
メタリック
36フロッググリーン
17ブルーグリーン
メタリック
37ピンク
メタリック
18ゴールド
メタリック
38ダークレッド
19ライトブラウン
メタリック
39ダークブラウン
メタリック
20ダークピンク
メタリック
40パールホワイト

エアロパーツセット

A:RE雨宮のAD GT KITに近い。ライトはリトラクタブルのまま。
ウィングはマツダスピードのリアウィングTYPE2のような形状。僅かではあるが、車幅が広くなる。
これにFRPボンネットCとGTウイングを付けると、高橋啓介のプロジェクトD後期のFDに近づけることが出来る。

B:ヘッドライトが固定化される。
フロントは純正ベースに開口部を大きくし笑ったような形状。それ以外はRE雨宮のエアロに近い。
ウィングはRear Spoiler Type Iに、ヘッドライトはSleek Light Kit、サイドはAD STEP D2、リアはREAR SIDE SKIRTにそれぞれ近い。
ドレべが低く当たり判定も良好なため比較的使用者が多いエアロで、初心者からランカーまで多くのプレイヤーが使用している。

C:マツダスピードRスペック仕様。4からはフロントバンパーのエンブレムが無くなる。

3DX+まで

D:フロントはオートエグゼのFD-04、サイドはマツダスピードのAスペック、リアはボーダーのアンダーガード+ウイングTypeⅢに似ている。

E:VeilSide VSD1-GT MODELをベースにC-WESTのエアロを組み合わせたエアロ。
ウィングはVeilside C1エアロ仕様。

F:フロントはR MagicのN1フロントバンパーにフォグライトを付け、 さらにRE雨宮のCANARD-PROを装着した感じ。サイドはBORDERに近い。
リアもRE雨宮のDIFFUSER-PROに近い。ウィングはZ34の車種別Bや、FCの車種別Bに近い形状でエアロEのVeilside C1ウィングをベースにGTウィングの主翼を組み合わせたような形状。
GTウィングとの相性が良いD1マシンのようなエアロ。

G:RE雨宮の初期のエアロに似ている。リアにはディフューザーが付く。
なお、マフラー交換後(=吸排気チューン後)はマフラーが左右2本出しになる。
・・・のはいいのだが、実車の場合は左側に燃料タンクがありマフラーを出せない、タイコ部分のみを曲げて強引に二本出しにはできるであろうが、最高速を求めたりするゲームでわざわざ性能を下げるようなチューンをするであろうか・・・

H:ストーリーモードにも登場するマサキが操るRGOのFDのエアロをレーシーにしたようなエアロ。
ウィングを車種別Bにするとマサキ仕様に近くなるが形状が異なる為完全再現不可。ウイングをGTウイングにすれば、荻島仕様にも近くなる。
どちらにしろリトラクタブルヘッドライトが開いているので完全再現は不可能。

I:Porsche 911(991) GT3風のエアロ。マフラーはセンター二本出し。
このエアロのみ、リアバンパーのライト類が取り外される。

J:2016年式Dodge Viper ACR風でエアロBと同様ヘッドライトは固定化。こちらはR-magic製に似ている。
ワイヤー吊り下げ式のスプリッターや、ダブルカナード、ディフューザーが装着され、よりレーシーな雰囲気に。

K:ロケットバニー風エアロ。ワイドフェンダーが装着される。
マフラーが初期と同じデュアルタイプのマフラーになる。

ダクト付きボンネット

A:C-WESTのスーパーエアロボンネットのセンターにNACAダクトがつく。
エアロEと装着するとC-WESTのデモカーに似せる事が出来る

カーボンボンネット(ダクト付1):

B:シンプルな形状。

C:RE雨宮のAD HOOD9に近い形状。エアロA、B、F、Gとの相性が良い

D:

カーボンボンネット(ダクト付き)2:

カーボンボンネット(ダクト付き)3:R Magicのクーリングボンネット TYPEⅡに近い形状。
C同様にエアロFとの相性が良い。

車種別ウィング

A:III~IV型の純正ウィング。これをカスタムカラーのダークピンクメタリックにしてエアロセットB、TE37、エアロミラーを一緒に付けるとRGOのデモカーに似るが、RGOのステッカーが廃止されたのと、フロントバンパーの形状が異なるため、完全再現は不可。

B:KINGHT SPORTSのリアスポイラー・デュアルフラップに似ている。

C:

エアロミラー

ガナドール・スーパーミラータイプのエアロミラー。

カーボントランク

ワークスステッカー

MAZDASPEEDのステッカーが両サイドとボンネットに斜めに貼り付けられる。
※カーボンボンネットだとカーボン地が優先される為、ボンネットには付かない。

ワークスステッカーの反転模様は、

:サンバーストイエロー⇒ブラック:パープルシルバー⇒ブラック
:イノセントブルーマイカ⇒ホワイト:ペールブルー2・メタリック⇒ブラック
:ヴィンテージレッド⇒ブラック:ペールピンク⇒ホワイト
:ピュアホワイト⇒ブラックダークグリーンメタリック⇒ホワイト
:サンライトシルバ⇒ホワイト:ガンメタル⇒ホワイト
:ブリリアントブラック⇒ホワイト:コーラル⇒ブラック
:ブルー⇒ホワイト:ベージュメタリック⇒ホワイト
:ミントグリーン⇒ホワイト:ペールブルー・メタリック⇒ブラック
:ライムグリーン⇒ホワイト:グリーン2・メタリック⇒ホワイト
:ピンク⇒ホワイト:ブルーグリーンメタリック⇒ホワイト
:ワインレッド・メタリック⇒ホワイト:ゴールドメタリック⇒ブラック
:オレンジ⇒ブラック:ライトブラウン⇒ブラック
:ライトパープル・メタリック⇒ホワイト:ダークピンクメタリック⇒ホワイト

サイドステッカー

ドアキャッチ(ドアストライカー)がある側、開口部を跨ぐように斜めに貼られる。

雑記

  • 今作に登場しているのは後期6型をベースとしたものである。細部では他型式を参考にしている部分もある。
  • 本車のキャッチコピーは、「アンフィニのスポーツです。」「その非凡さが、アンフィニ。」「ザ・スポーツカー」「ザ・ロータリースポーツ」。
  • 初代(SA22C)・2代目(FC3S)RX-7、RX-8(SE3P)・コスモスポーツ(L10B)・サバンナGT(S124A)と同様に回転数がレッドゾーンに入るとレブリミットアラームが鳴る。*3
  • サンバーストイエロー選択時の実車カタログモデルは『MAZDA RX-7 type-R Bathurst-R 限定500台 2001年8月発売』限定車が該当する。
    • その限定車に名づけられたBathurst(バサースト)とは、オーストラリア連邦 ニューサウスウェールズ州 バサースト市のことである。
      そこにある「マウントパノラマサーキット」で毎年バサースト12時間耐久レースが行われるのだが、FD3Sが1992年~1994年の3期連続で優勝したのを記念して発売されたのが先述の限定車である。
    • 上述のBathurst-R以外にも、バリエーション豊かな限定車が多数発売された。本作収録モデルの細部パーツ類が特定の年式に拠らず構成されているのはこのためと思われる。
  • 1型から6型で流用不能なものはABSとECU、リヤ補強材の一部だが、マイナーチェンジ前の車両に変更後のパーツを移植することも可能である。
  • 本車の発売されていた1991年から1997年まで当時のマツダの販売チャンネルの1つである「アンフィニ(ɛ̃fini)」*4から販売されており、車名は「アンフィニ・RX-7」となっていた。
    バブル景気の崩壊などでマツダの経営が傾いたためユーノス店とアンフィニ店を統合し、マツダアンフィニ店となり販売形態が変更されたため、途中から車名が「マツダ・RX-7」へと変更されている。
    • ちなみに、マイナーチェンジ前のフロントマスク*5を装着しているFDのことを「前期」 マイナーチェンジ後のフロントマスク*6を装着しているFDの事を後期と称するのが一般的だが、先に述べた通りこのFDは1型から6型まで細かく分けれる。この事から、4型*7を中期型と呼称する人も多い。
    • 何故この4型のみを中期型と呼称する人がいるのか?というと、この型よりリアコンビネーションランプが丸型3連式に変更され、CPUも8bitから16bitに、給排気配管の見直しやブースト圧向上と様々なチューニングが施され、カタログスペックは10馬力上乗せの265psに向上。さらに、途中で名称がマツダ・アンフィニRX-7からマツダ・RX-7への変更があり*8、その移行期間の間も販売されていたので、この4型のみ約3年に渡り生産された。
    • さらに凝ったファンの中にはこの4型を3つに分ける者もいる。というのも、アンフィニエンブレムとマツダエンブレムでは大きさがかなり異なり、96年モデルはアンフィニエンブレム。97年モデルのみアンフィニエンブレムと同じ大きさのマツダエンブレムを作製。98年12月モデルより既存車種と同じ大きさのマツダエンブレムに変更。というわけでこの4型だけで2回もエンブレムの変更を行っているため
 
  • 本車は、イギリスの「テレグラフ」誌webサイトの「最も美しい車100選」で61位に選ばれた事がある。
  • ドリフトスピリッツには上述のアンフィニ・RX-7がコラボ車のみであるが登場している。因みにマサキのFDも本来はアンフィニ版であり、よく見るとアンフィニバッジが付いている。*9マサキがアンフィニ版に乗っている事もあり、アンフィニ版の収録を望む声も少なくない。*10
    • マサキが搭乗する前期型アンフィニRX-7。実際はRGOのデモカー。ドリフトスピリッツではボディカラーはコンペティションイエローマイカではなく原作通りのサンライトシルバーメタリックになっている。

 
  • 原作の続編である「湾岸ミッドナイトC1ランナー」に主人公”瀬戸口ノブ”の愛車として登場する。
    ボディーカラーをホワイトにし、エアロパーツセットB、CE28N、GTウィング(ストレート形状)、カーボンボンネット(純正形状)を付けると、似せる事が出来る。*11
    ちなみにドリフトスピリッツではコラボ車としてノブのFDが登場している。
 
  • 本車は湾岸ミッドナイト以外でも、ライバル漫画の頭文字D、その他多くのアニメや漫画にも登場しているため、車にあまり詳しくない人からも知名度は高い。以下に例を挙げると、
    • 頭文字D*12
    • 名探偵コナン*13
    • ワイルドスピードシリーズ*14
    • オーバーレブ!*15
    • サマーウォーズ*16
    • Aチャンネル*17
      などがある。
      • Veilsideフォーチュン仕様
 
  • 首都高バトルシリーズにライバルキャラクター「白いカリスマ」の搭乗車種として登場する。
    ボディカラーをホワイトにして、カスタムGTウィング、エアロFで少し似せることができる*18
  • カスタムカラー15色目のペールブルー・メタリックは、この色のみ何故か《コンペディション1》を貼った時だけ色合いが変わる。
    装着していない場合(もしくは他のステッカーを装着していた場合)は薄い水色になるが、装着している場合、1色目のブルーより若干濃くなったように見える。

*1 現にFDの車種別でのタイムアタックレコードは、2018年2月時点で首都高1周神奈川エリアすべてのコースで1000台以上記録が残っており、C1内回りに至ってはなんと12000台以上の記録が残されている。このクルマの性能や知名度から来る人気ぶりが窺える。
*2 この車を使い続けるかはプレイヤー個人の自由だが、中には性能面が高過ぎると考えつまらないと思うプレイヤーや、転じて他の少し性能の低い車に乗り換えるプレイヤーもいるようだ。
*3 FD3Sは、実車でも同様にレブリミットアラームが鳴る。
*4 マツダトヨタ自動車日産自動車に対抗して販売チャンネルを複数持とうとした計画から生まれたブランド名の1つ。アンフィニはフランス語で無限を意味し、「すべてのお客様を『ゲスト』と考える、『新お客様発想』」「お客様に無限の喜びを提供する」をコンセプトとしていた。他に当時マツダが展開していたブランドは、「ユーノス(Eunos)」「オートザム(Autozam)」「オートラマ(Autorama)」がある。
*5 1991/12~1999/11
*6 ~2003/4
*7 1996/1~1998/12
*8 アンフィニの名前が外れたのは、1997年1月のRS-R以降。
*9 マサキのFDはアンフィニエンブレムのため、この黄色はコンペティションイエローマイカであると推測できる。この色は初期車のみの非常にレアなカラーであり、デフォルトのカラーのサンバーストイエローとは別物である。
*10 因みに競合作の『頭文字D ARCADE STAGE』シリーズでは、原作の登場人物である高橋啓介と岩瀬恭子が乗る1型アンフィニ版と、本シリーズでも登場している6型の2車種が用意されている。
*11 フロントマスクのデザインが違う為、完全再現は不可能。
*12 主人公の1人・高橋啓介、啓介の彼女(?)の岩瀬恭子の愛車として1型アンフィニ仕様が登場する。啓介の仕様は黄色にエアロAとFRPボンネットA、カスタムGTウイングで、恭子の仕様はブラックにエアロDと車種別ウイングBで少し似せられる。啓介の仕様で固定ライトに拘るのであれば、エアロB又はJとFRPボンネットA、カスタムGTウイングで少し似せることができる。
*13 警視庁の刑事・佐藤美和子の愛車として前期型アンフィニ仕様が、黒の組織へ潜入する公安警察官・降矢零(通称:安室透/コードネーム:バーボン)の愛車として後期型が登場する。
*14 1作目から3作目まで登場。1作目では主人公ドミニクの愛車としてVeilSide製エアロを装着した前期型アンフィニ仕様、2作目では主人公ブライアンのライバル・オレンジの愛車として、3作目では主人公ショーンが知り合ったクラブ兼自動車整備工場を営むドライバー・ハンの愛車としてVeilSide Fortuneエアロを装着した前期型が登場する。ちなみに3作目に登場する仕様は6作目のエンドクレジットにも7作目の直前を描く形で登場している。
*15 主要人物の本能寺 亜美、悪徳パーツショップのチーム・Axrobat(アクロバット)のリーダー・郷田 亮の愛車として登場する。
*16 陣内翔太の愛車として登場する。
*17 トオルとなぎが家庭用ゲーム(何がモチーフのゲームかは不明)をプレイする形で黄色のFDが少しだけ出ている。
*18 0ではRE雨宮仕様だがこちらはダックテールが特徴。PSP版もRE雨宮仕様であるがヘッドライトはR-magic製である。