公使

Last-modified: 2022-07-30 (土) 08:52:14
収録拡張コストカード種別効果
プロモ4アクションあなたの山札の上から5枚のカードを公開する。
あなたの左隣のプレイヤーはその中から1枚を選び、あなたの捨て札置き場に置く。
残りの4枚をあなたの手札に加える。

概要

鍛冶屋以上に手札を増やせる疑似ドローカード。
助言者同様に一番強いカードは捨て札にされてしまうが、それでも5枚もめくれば4枚とも役に立たないカードということは少ない。
単純に財宝カードと公使数枚のみを購入したステロ戦術も強力である。

利用法

  • 一番強いカードが捨て札にされてしまう性質上、強いカード1枚よりそれなりのカードを複数枚デッキに入れておく方が有効。
    • 名品掘進があるなら、同じコストで金貨を購入するより銀貨を増やしてデッキを財宝まみれにしておく方が強い。
  • 公使ステロをする場合は無駄なカードを公開しないよう、徹底的に財宝カードだけを買い続ける必要がある。中途半端が最も非効率。
    • ただし、勝利点カードが入り始めた段階での失速は鍛冶屋の比ではない。放逐など何らかの手段でケアできると強さを維持できる。
  • コンボデッキで用いる場合、助言者と同様に圧縮することで真価を発揮する。そもそも不要カードがめくられないなら純粋4ドローに近い価値を生む。

詳細なルール

  • カードテキストにある「捨て札置き場に置く」は「捨て札にする」と読み替える。よって、公使の能力で坑道忠犬村有緑地が捨て札となった場合、リアクションできる。
  • デッキと捨て札の合計が4枚以下の場合、残りのカード全てを公開してその中の1枚を左隣のプレイヤーが選択して捨てる。
    • つまり、残り1枚だった場合、公使を使っても、それは捨て札にされ引くことはできない。
  • 公使の効果はドローではないので、-1カードトークンの影響を受けず、-1カードトークンは次のドローまで残り続ける*1

コメント



*1 英語版初版のカードテキストは"Draw the rest."の表記であり、これはエラッタとされている。英語版カードを使用する際は注意。