宮廷

Last-modified: 2022-05-25 (水) 19:07:40
収録拡張コストカード種別効果
繁栄7アクションあなたは自分の手札のアクションカード1枚を選んでもよい。そのカードを3回使用する。

概要

玉座の間の上位種カード。
7コストと高価なだけあり、うまくアクションカードと噛み合った時は非常に強力な爆発力を発揮する。
玉座の間も組み合わせ次第で強力だったが、こちらは宮廷とアクションカードの計2枚で3枚分の働きをすることになるため破格と言える。
一方で他のアクションカードと一緒に来なければ役に立たないため、上手く活用できるようなデッキを構築しなければただコストが高いだけの邪魔なカードになってしまう。

利用法

  • 玉座の間は、玉座の間で玉座の間を何度使用しても、玉座の間以外の2度使えるアクションカードの枚数は最終的に変わらない。
    しかし宮廷は、宮廷で宮廷を使用する度に、宮廷以外の3度使えるアクションカードの枚数が1枚ずつ増える。
    比較して、単に手札のアクションカードを使用する回数が1度増えただけに収まらないカードパワー差を持っている。
  • 基本的な使い方は玉座の間の利用法を参照。
    玉座の間と相性の良いカードは宮廷との相性も良く、玉座の間と相性が悪いカードは宮廷との相性も悪い。
    ただしカード2枚で3枚分の効果になるため、玉座の間と少し勝手が異なる場合がある。
    • 宮廷で画策を選ぶと、それだけでデッキの上にカードを3枚戻せるようになるため、次のようなカードの戻し方が出来る。
      • 宮廷・画策・任意のアクションカード
      • 宮廷・宮廷・画策
    • 宮廷で山守巨人を選ぶと、3回使用する前と後で旅人トークンの裏表が逆になる。
      • 毎ターン裏向きにしたい場合、巡礼等が無ければ毎ターン偶数枚の山守・巨人を使う必要がある。

詳細なルール

(詳しくは玉座の間のルールを参照。)

  • 宮廷でアクションカードを選ぶことは任意であるため、宮廷を使用した後に手札のアクションカードを選ばなくてもよい。
  • 玉座の間で選んだ時に2回使用する/できる効果を持つカードは、宮廷で選ぶとその効果を3回使用する/できる。
    • 逆に玉座の間で選んだ時に1回しか使用できない効果を持つカードは、宮廷で選んでもその効果を1回しか使用できない。

関連カード

拡張名前関連
基本玉座の間手札のアクションカード1枚を2回使用する下位種。
「複数回使用する」の詳細なルールについてはこちらを参照。

コメント