Top > 闇市場

闇市場

Last-modified: 2019-01-17 (木) 00:17:53
収録拡張コストカード種別効果
プロモ3アクション+2コイン
闇市場のデッキの上から3枚のカードを公開する。
あなたは公開したカードのうち1枚を即座に購入してもよい。
購入しなかったカードは、好きな順番で闇市場のデッキの下に置く。
(このカードをゲームで使用する場合、ゲーム開始前に、サプライにない王国カードを1枚ずつ使って闇市場のデッキを作っておく。)

概要 Edit

サプライに存在しない王国カードを獲得できるようにすることで、ゲームに幅と多様性を持たせるカード。お目当てのカードが手に入るかは運次第。サプライに同様のカードがない場で圧縮カードや呪い撒きカードを手に入れば、それだけで相手に差をつけることが可能になる。1枚でも十分にゲームバランスを崩壊させるほどの力がある礼拝堂宮廷といったカードも存在し、そのようなカードを相手に取られた日には泣くしかない。褒賞を独り占めできる馬上槍試合も要注意カードの一つ。ただし、どれだけ強力なカードを獲得できても所詮1枚しかないので過信は禁物。普段は強力だが複数枚集めることが前提の寵臣狩猟団などは強さが激減し、宝の地図に至っては完全に無力なカードと化す。
また、デッキに多くの種類のカードが含まれるようになることから豊穣の角笛収穫といったカードの価値も上昇する。特に品評会は状況次第では植民地に匹敵する点数になることも。反対に、狩猟団や願いの井戸といったカードの種類が多いことがマイナスとなるカードとは相性が悪い。ランドマークに狼の巣があるゲームに至っては購入するごとに勝利点が3減る呪いの市場と化す。
実機のプレイでは運要素が強すぎる、準備が面倒すぎる、そもそもこのカード自体が現在では入手困難、といった理由で敬遠されることも多い。

利用法 Edit

闇市場デッキからの購入以外でも、「アクションフェイズ中に財宝カードをプレイしてコインを得られる」という特徴を生かした戦略もある。

  • 手札の財宝カードを減らすことで、書庫系カードのドロー枚数を増やしたり、移動動物園で3ドローしやすくしたり、救貧院の出力を強化したりできる。
    • 特に移動動物園は闇市場によって得られる「カードの多様性」ともかみ合っている。
  • 石切場玉璽をプレイし、アクションフェイズ中でもこれらのカードの恩恵を得る。
  • 策士と組み合わせることで、本来捨て札になるはずの財宝カードを購入に生かす。

詳細なルール Edit

闇市場デッキの準備 Edit

  • 闇市場デッキはカードを裏向きにして置いておく。
  • 闇市場デッキの枚数に特に決まりはない。
    • 公式では15種類以上のカードを使用することが推奨されている。
  • サプライにすでにあるカードを闇市場デッキに入れることはできない。
  • 王国カード以外のカードを闇市場デッキに入れることはできない。
  • 同じ名前のカードを2枚以上闇市場デッキに入れることはできない。
  • 騎士のような名前の異なるカードからなる山札からは、そのうち1枚だけ闇市場デッキに入れることができる。
    • そのため、例えば開拓者騒がしい村の両方が闇市場デッキに入っているといったことはない。
  • 闇市場デッキを構成するカードはプレイヤー同士の合意で決め、またゲーム開始前に確認することができる。
  • 特別な準備が必要なカードが闇市場デッキに含まれていた場合、それも準備する。
    • パン屋が含まれていた場合、プレイヤー全員がコイントークン1枚を持ってゲームを開始する。
    • コストにポーションを含むカードが含まれていた場合、サプライにポーションの山札を用意する。
    • 交易路が含まれていた場合、サプライの勝利点カードの山札の上にトークンを置く。
    • 魔女娘が含まれていた場合、サプライに災いカードの山札を用意する。ただしこの場合、準備の順番の都合上闇市場自体が災いカードに選ばれることはない。
    • トラベラーカードが含まれていた場合、その出世先のカードも用意する。ただし実際には次節に挙げる理由によりカードを交換することはできない。
    • ピクシーなどの家宝カードを用いるカードが含まれていた場合、初期デッキの銅貨を家宝と置きかえる。

闇市場デッキの性質 Edit

闇市場デッキはサプライの山札ではない。

  • 三山切れによるゲーム終了条件には数えない。
  • 抑留トークンを闇市場デッキに置くことはできない。
  • 徴税があるゲームでも開始時に負債トークンを置かず、徴税で負債トークンを置くこともできない。
  • 闇市場デッキのカードが全てアクションだったとしても汚された神殿の勝利点トークンを置かず、また、オベリスクで選択されない。
  • 闇市場デッキから購入した騎士見習い農民は、戻す山札が存在しないのでトレジャーハンター兵士に交換できない。
  • 農家の市場など、サプライのそのカードの山札を参照するカードを使用しても、山札がないため効果がない。
  • 闇市場デッキから購入した陣地をプレイして金貨を公開しなかった場合、陣地は脇に置かれたままそのゲームが終了するまでどこにも移動しない。この陣地は庭園ブドウ園などの得点計算においてあなたのカードとして数えられる。
  • 闇市場デッキから購入したExperimentは山札に戻さずずっと利用できる。サプライにないため2枚目はついてこない。

闇市場を使用した時の処理 Edit

  • 闇市場デッキからの購入は購入回数を消費しない。
  • 購入回数が増えている状態でも、1回の闇市場の使用で闇市場デッキから2枚以上のカードを購入することはできない。
  • 闇市場デッキからの購入はあくまでアクションフェイズ中であるため、一部の行動が制限される。
    • コイントークンを支払うことはできない。
    • 負債トークンを返済することはできない。負債トークンを持っている場合は闇市場デッキから何も購入できない。
    • 行商人のコストは、場に出ているアクションカードの枚数にかかわらず8のままである。
    • 闘技場があるゲームでも闇市場デッキからの購入前にアクションカードを捨て札にできず、勝利点トークンも得られない。
  • ScepterCapitalismを利用すれば購入フェイズ中に闇市場を使用することができる。この場合、通常の購入と同様にコイントークンの支払いや負債トークンの返済ができる。また、闇市場デッキからの購入によって新たに財宝カードをプレイしたりコイントークンを支払ったりすることが妨げられることはない。
    • ただし、購入したばかりの闇市場をInnovationによって使用した場合、コイントークンを新たに支払うことはできない(財宝カードの使用は闇市場の効果によって可能)。
  • 闇市場でをプレイする場合、フェイズに応じてアクションや財宝を使用し、即座に処理する。この処理が解決してから闇市場の処理に戻る。
  • 冠やCapitalismを介して闇市場の処理中に別の闇市場を使用することになった場合、公開中のカードとは別に闇市場デッキからカードを公開して先に処理する。
  • 闇市場デッキからの購入についても購入時効果は発生する。
    • ならず者商人ギルドが場に出ていた場合、闇市場デッキからの購入でもトークンを得られる。
    • 石工などのコストに+が含まれるカードに対して追加コストを支払い、その効果を得ることができる。
      • 石工のこの効果で闇市場デッキから公開中の他のカードを獲得することはできない。獲得できるのはあくまでサプライのカードのみである。
  • 禁制品で指定されたカードは闇市場デッキからも購入できない。またサプライにあるカードを指定されると通常の購入フェイズでもそのカードを購入できない。
  • 闇市場デッキからカードを購入していた場合、そのターンの購入フェイズにカードを購入していなくても隠遁者を廃棄して狂人にすることができない。
  • 呪いの森沼の妖婆によるアタックは闇市場デッキからの購入・獲得にも及ぶ。
  • 使節団による追加ターン中は闇市場デッキから何も購入できない。
  • 呪詛によって得た錯乱や嫉妬は闇市場の使用時には戻さず、影響も受けない。
    • これらは購入フェイズの開始時に初めて効果を発揮するため、得た後に購入フェイズに入り、ヴィラの獲得時効果でアクションフェイズに戻ったり、先述の方法で購入フェイズ以降に闇市場を使用した場合は影響を受ける。
  • 闇市場デッキから購入し、獲得しようとしたカードに対して交易人を公開した場合、そのカードは闇市場デッキの一番上に戻される。
  • 闇市場デッキからPatronが公開された場合、闇市場の使用者はコイントークンを得る。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White