泥棒

Last-modified: 2021-03-07 (日) 19:27:11
収録拡張コストカード種別効果
基本(初版)4アクション-アタック他のプレイヤーは全員、自分の山札の上から2枚のカードを公開する。
財宝カードを公開した場合、その中の1枚をあなたが選んで廃棄する。
あなたはここで廃棄したカードのうち好きな枚数を獲得できる。
他の公開したカードはすべて捨て札にする。
 削除されたカード
このカードは初版のみに収録されており、第二版には収録されていません。
第二版および公式サービスであるDominion Onlineでは使用することが出来ません。


概要

相手のデッキから財宝カードを盗むアタックカード。
財宝カードであれば金貨・白金貨大金といった高コストのものや、王冠略奪品といった本来はサプライ外から獲得するもの、通常は獲得できない家宝までも盗むことができる。
上手く財宝カードを盗むことで、相手が財宝カードの獲得に費やした手数を無駄にしながらデッキの金量を増やすことができ、牽制にも役立つ。

利用法

相手の妨害のために利用

1人がちまちま使うだけでは銀貨や金貨に当たるのを細々と期待するしかないが、複数人が使うことで財宝カードに依存している戦法を取っている人を足止めできる。
例えば、鍛冶屋と銀貨・金貨だけを買い続ける鍛冶屋ステロは、1人が泥棒を使ってもほぼ確実に逃げ切れるが、2人が同時に泥棒を使うと勝率が一気に下がることが知られている。
サプライによっては、1人だけの場合も引き切りデッキを作り1ターンに何枚も泥棒を使うことで、相手のデッキから財宝カードを根こそぎ奪い取り、勝ちの目を完全に潰すロック戦法が可能になる。

財宝カードを集めるために利用

通常であれば銀貨以上の財宝カードを盗むことを目的に使用するが、財宝カードさえ公開させればカードを獲得できることを利用し、次のような利用方法も考えられる。

  • 銅貨であろうととにかく獲得してデッキ枚数を増やし、庭園の勝利点を上げる。
  • 他のプレイヤーより大量の財宝カードを獲得し、の5点を狙う。

弱点

銅貨が公開された時もその銅貨を廃棄しないといけないため、銅貨の割合が多い序盤には圧縮の手助けをすることが多い。
またアクションカードから出る仮想コインは盗めず、共謀者寵臣救貧院等を用いる仮想コイン主体の戦法に対しては、やはり不要な財宝カードを廃棄してお手伝いをすることになる。

その他

牧草地ヤギなどの重要な家宝カードがある場、資本主義がある場ではアタックが凶悪になりやすい。有用な家宝やアクションカードを奪い取ることで、優位に立てるだろう。
相手の銅貨を能動的に廃棄させることが可能な数少ないカードでもあるため、噴水がある場では15勝利点を消し飛ばしうる極悪アタックと化す。

詳細なルール

  • 効果の解決順は、厳密には以下のようになる。
  1. 泥棒を使用する。
  2. 他のプレイヤーのデッキの上2枚を公開し、その中に財宝カードがある場合は泥棒を使用したプレイヤーが選んで廃棄する。この効果を、まず泥棒を使用したプレイヤーから見て左隣のプレイヤーから順番に処理する。
  3. 他のプレイヤー全員が2を終えた後、泥棒を使用したプレイヤーが、泥棒によって廃棄された財宝カードのうち好きな枚数のカードを獲得する。
  4. 他のプレイヤーは、公開した残りのカードを全て捨て札にする。
  • カードを公開し廃棄しているのはあくまでもアタックを受けたプレイヤーであり、泥棒を使用したプレイヤーは公開したカードから選んでいるだけである。
  • 獲得できる財宝カードは、泥棒を使用して相手のデッキから公開され廃棄された財宝カードだけであり、泥棒の効果を全て解決した後は泥棒で獲得できなくなる。
    • デッキから公開、廃棄した財宝カードであれば、それが元々サプライ外から獲得したもの(王冠略奪品家宝闇市場デッキから獲得した財宝カード)であっても獲得できる。

関連カード

拡張名前関連
異郷義賊泥棒と似たような効果を持つ
基本(第二版)山賊泥棒の代わりに入った、財宝カードを廃棄させるアタック

余談

  • ドナルド・Xによる削除理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    This is one of the weakest cards in the game.

    I mean you knew going into this that some of these cards were going to have to be some of the weakest cards, that was a reason for replacing them, but well Thief is way down there.

    New players are scared of it, maybe it will eat all of their Treasures and shut them out.

    Then you realize you aren't choosing to gain the Coppers and in fact are happy to lose them.

    Then you stop buying Thief. It ends up sometimes useful in games where you actually want Copper (e.g. multiplayer Gardens games), or games where your opponent is relying on Treasure but trashed their Coppers, or sometimes with special Treasures in expansions.

    But uh, most games it just sits there. I could do better.

    You can argue that Thief provides a certain learning experience, that there's real gameplay in learning that the card is weak the hard way; but other cards can provide learning experiences that leave the cards contributing more once they're figured out.

    【日本語訳】

    こいつは最も弱いカードの1つだ。

    泥棒が削除されるのは、「こいつが最も弱いカードの一つだから」だと思うだろうが、泥棒の場合はちょっと違うんだ。

    初心者は、泥棒が財宝カードを全て奪いつくし、詰みに追い込むであろうことを恐れている。

    そして、(実際に泥棒を買ってみると)泥棒を使っても銅貨を盗む(獲得する)ことはないし、実は被害者も銅貨は喜んで手放していることに気付くんだ。

    こうして初心者は泥棒を買わなくなるんだ。結局のところ、こいつはたまに役に立つだけだ。銅貨すら盗みたいゲーム(例えば、3~4人戦での庭園戦法)か、相手が金量を財宝に頼り切ってるけど銅貨を自ら廃棄しているか、以降の拡張で登場した特殊な財宝があるときくらいだ。

    だが、ええと、ほとんどのゲームでこいつはただサプライに居座っているだけだ。改善の余地がある。

    泥棒は、実際に使ってみることで「泥棒は弱い」ことを身をもって知ることができる、と主張できるだろう。しかし「泥棒を削除して他のカードを加えるほうがより多くの学びを得られる」ことは重々承知であろう。

  • 泥棒の代わりに、似た効果を持つ山賊が追加されている。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White