取り壊し

Last-modified: 2020-05-27 (水) 13:58:24
収録拡張コストカード種別効果
プロモ4アクションあなたの手札1枚を廃棄する。
そのコストが1以上の場合、そのカードよりコストが少ないカード1枚と金貨1枚を獲得する。

概要 Edit

手札のカードをそれ未満のコストのカードと金貨へ変換するカード。獲得するカード1枚が金貨に固定になった石工という感じだろうか。
初手で購入できるので、3~4ターン目に屋敷を金貨と銅貨に変換できればその後の資金繰りがかなり楽になる。屋敷と取り壊しの両者が手札に揃う確率は74%程度。
圧縮手段としては0金のカード1枚しか圧縮できず、1金以上のカードではデッキ枚数が1枚増え、さらにアクションも使うので今ひとつといったところ。
金貨をこのカードで変換すれば5金のカードを無料で獲得できるようなものなので、中盤に5金のカードを獲得してデッキの強化を、終盤であれば公領を獲得して点数を伸ばすのもいいだろう。

利用法 Edit

  • 基本的に銅貨ではなく屋敷を廃棄したいが、その場合通常は屋敷よりもコストが少ない銅貨を獲得せざるを得ないデメリットが発生する。以下のような対策が考えられる。
  • なお、屋敷を廃棄して銅貨と金貨を獲得する場合、平均で見ると交易人とほぼ同等と言える。デッキの枚数が増えてしまうので、引き切りデッキを目指す場合の圧縮にはやや使いづらい。どうしてもその必要がある場合は屋敷ばかりを何度も廃棄するよりは、銅貨を優先して廃棄したほうが良い。
  • 早い段階で金貨を手に入れられるので、陣地軍団兵を活用しやすくなる。ただし、屋敷の廃棄から入ると、多くの場合銅貨がもれなく付いてくるので揃い難さはそのまま。
    • 陣地の場合は、取り壊しを使用したターンでも購入しやすいコストなので、回転力を一時的に高める目的で入れることができ相性が良い。金貨とは「揃えばラッキー」程度に考える。

詳細なルール Edit

  • 取り壊しを使用した場合、必ず手札一枚を廃棄しなければならず、そのカードのコストが1以上なら金貨と廃棄したカード未満のコストを持つカード1枚ずつを獲得しなければならない。
    • 廃棄したカードのコストが0の場合、何も獲得しない。
    • 等のカードによってコストが下がっている場合、下がった後のコストを参照する。
    • 変成技術者のようにコストにポーションまたは負債しか含まれていないカードはコスト1以上のカードではないので、これらのカードを廃棄してもカードの獲得は行われない。
  • 手札にカードがない場合、何も廃棄しない。この場合カードの獲得は起こらない。
  • 廃棄したカードのコストにポーション(負債)が含まれている場合、コストが少なければ、コストにポーション(廃棄したカードの負債コスト以下の負債)が含まれるカードを獲得できる。
    • ゴーレム(4+P)を廃棄した場合、コスト4以下またはコスト3+P以下のカード1枚を獲得する。
      • ポーションが含まれていない、ただのコスト4以下のカードでもよい。
    • 大金(8+<8>)を廃棄した場合、コスト8+<7>以下またはコスト7+<8>以下のカード1枚を獲得する。
      • 負債が含まれていない属州(8)や、逆に負債だけの大君主(<8>)などでもよい。
  • サプライに金貨がない場合、廃棄したカードよりもコストの安いカードのみを獲得する。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White