【覇軍の法】

Last-modified: 2021-01-03 (日) 10:02:43

概要

【紅殻魔スコルパイド】が使用する技。HPが50%以下になってから使用し始める。
【紅蓮の熱波】と同じくターンエンドに高確率で選択されるが、こちらはレベルIとIIでも通常行動で使用する。
自身を中心とした広範囲に【ノックバック】(小)、【スタン】(13秒間)、【移動速度低下】【守備力ゼロ】を与え、自身には悪性ステータスを全て解除しつつ【行動間隔短縮】2段階、【攻撃時HP回復】、「テンション1段階上昇」の効果を付与する。
なお、誰にも当たらなかった場合は攻撃時HP回復の効果が付かない。
 
簡単に言えばスコルパイド版【竜の咆哮】で、特に警戒し絶対に避けなければならない技の一つ。
しかし、竜の咆哮ほど広くはないとはいえその範囲は紅蓮の熱波の倍はあり、加えて発動も早く密着した状態だと吹き出しを見てから回避するのは困難。
食らってしまうとその後の【ブラッドウェーブ】【絶の震撃】などを避けることができず、リンク先の相手ごと巻き込んで一気に崩れる原因となってしまう。この場合被弾していない方からHPリンクを解除する事で巻き込みを防げる(コマンドは「さくせん」→「HPリンクを解除する」→「いいえorはい」)
どうぐ使い入りの構成ならば【プラズマリムーバー】で即座に復帰することが可能。
また、絶の震撃は【フワフワわたアメ】を食べた状態で食らう前にジャンプをしておけばダウン中でも回避できる。
 
全員が避けた場合もテンションが1段階上昇した状態になるため油断はできず、次の行動が来る前に【ロストアタック】【ロストスナイプ】で解除したい。
あまり経験のないプレイヤーがこの技を使って付与したバフ効果を消そうと、【ゴールドフィンガー】【極竜打ち】【零の洗礼】で解除しようとする場合もあるが、スコルパイドは良性ステータス解除に耐性を持つため効果が薄い。
何より、硬直時間が長く【魔蝕】やブラッドウェーブを避けるのがより困難になるので自殺行為である。
攻撃時HP回復はブラッドウェーブや絶の震撃を受けない限りは回復量は微々たるものなので気にしなくてもいい。

関連項目