Top > 【しにがみ(DQ4)】


【しにがみ(DQ4)】

Last-modified: 2019-08-19 (月) 10:34:44

本項ではDQ4に登場する【しりょうのきし】の色違いモンスターの「しにがみ」を扱います。
DQ2などに登場する同名モンスター(【ゆうれい】の色違い)は【しにがみ】を参照。

概要 Edit

DQ4に登場する骸骨系モンスター。骸骨らしからぬピンク色をしている。
系統としては最古参の【がいこつ】の色違いとなっているが、こいつ自身はDQ4にしか登場していないために共演はしていない。他の作品に登場できないのは、やはりより死神らしい外見の同名モンスターの存在感が強いせいだろう。『死神』という安直ながら印象的なネーミングとなると、尚更わかりやすい姿が求められるのだと思われる。
実際にFC版公式ガイドブックの【ぎんのタロット】の死神のカードの死神は細長い顔以外はDQ2の死神の面影が結構残っている。
 
色違いモンスターは他に【しりょう】【がいこつけんし】【しりょうのきし】などがいる。
モンスターズでしりょうのきし同士の配合で【しにがみきぞく】が生まれるのは、コイツの名残だろうか?
 
小説ドラゴンクエストの【しにがみのきし】のエピソードが由来なのかどうかは不明。

DQ4 Edit

【海鳴りのほこら】内部や【デスパレス】周辺、【エスターク神殿】など幅広い出現範囲を持つ。
攻撃力は【キングレオ】と同等の140。
同時期の雑魚モンスターと比べて場違いなほど高く、【ゴットサイド地方】の敵にも匹敵する。
下位種と同じく一度に2匹までしか出現しないが、連続で攻撃を食らうと一気にピンチになる。
しかも、【まどろみのけん】を使って眠らせてくることもあるのでかなり危険。
呪文耐性も全体的に高く、下位種同様補助呪文はほとんど効かず、確実に効くのはイオ系のみ。
ニフラムで消すか、イオラと打撃を組み合わせて一気に倒してしまいたい敵。
その高い攻撃力のおかげで、作戦が【いのちだいじに】だとレベル次第ではクリフトがスクルトを唱えるところを見ることができる。
リメイク版ならマニュアル入力で確実にスクルトを使わせることができるのでだいぶ楽になる。
なお、まどろみのけんを持ってはいるが打撃攻撃で眠らされることはない。例によって装備していないらしい。
 
また、FC版では【ぎんのタロット】を1戦闘の間に8回使用すると次から死神のカードしか出なくなり、引く度にコイツが出現するようになる。
この時ちょっとした変身が見られることもある。
4章では経験値はボスを除いて最大だが上記の通り反則レベルの攻撃力をはじめとして、完全に相手にならないステータス。文字通り死神。
HP全快時でも適正レベルなら姉妹はまず耐えられずほぼ一撃死。【オーリン】でも一撃耐えるのがやっと。
頑張って【メラミ】を覚えてもこいつはメラ系が効かないため役に立たず、こいつを狩るためには【イオラ】は必須と言えるだろう。
尤も、そこまでのレベルになっていれば銀のタロットなど使わなくても4章クリアは容易いが・・・
もちろん5章でも呼び出せるが、AIの仕様上銀のタロットを9回以上も使わせるのはかなり難しい。
 
デスパレス内の【骸骨】に、【へんげのつえ】で魔物や動物の姿になっていないときに話しかけた場合もコイツと戦闘になる。
 
余談だが、リメイク版でのまどろみのけんの使用アクションは円月殺法みたいで面白い。
そのリメイク版では3~5匹同時に出現するようになったのでスクルトを使えるクリフトか守備力の高い防具は必須と言える。
一方で【ギラ系】が弱耐性に下がっているので【ベギラゴン】を覚えていたら打ち込んでやろう。当たればHPの2/3以上を削り取れる。
落とすアイテムは【ゾンビメイル】(確率1/128)。