Top > 【ゾンビメイル】


【ゾンビメイル】

Last-modified: 2019-07-25 (木) 17:44:47

概要 Edit

DQ4・5・8・11に登場する鎧。
まとわりつく亡者を模したような禍々しいデザインをしている。
これを着けた者は激しい疲労に襲われ、歩くことすら困難になるという。
DQ5・11以外はモンスターが出現する場所を歩いていると、 一歩歩くごとにHPが1ずつ減少していくマイナス効果がある。

DQ4 Edit

守備力49。「死苦」との語呂合わせだろうか?
呪われている。【勇者】【ライアン】が装備可。
北東の【結界のほこら】で手に入る他、【スモールグール】【しにがみ】がたまに落とす。
非売品だが売却すると652Gで売れる。
FC版ではHPが0になると死亡するが、DS版では残りHP1で打ち止め。
 
【まじんのよろい】のような強力な耐性があるわけでもなく、呪いもただのデメリットでしかない。(唯一、【デスルーラ】のためにHPを減らすには使えなくもないが、それなら裸で戦闘するなり毒沼を探して飛び込んだりするほうが手っ取り早い)
せめて序盤(この鎧より守備力の高い防具の無い時期)に入手できたらボス戦向けの一発屋になれたかも知れないが、実際の入手時期はラストダンジョン直前。
DQ4からは装備を変更する前に攻撃力・守備力の変動が表示されるようになったので、市販の高級防具以下の守備力しかないコレに着替えようという気はまず起こらず、トラップにすらならない。
(ゾンビメイル入手より遥か前にエンドールで、装備可能範囲も含めて上位互換品の【やいばのよろい】【はぐれメタルよろい】が購入できる)
極めつけに売り飛ばしても二束三文。
何から何まで存在意義のわからない防具。なんだこれ。
 
入手が遅すぎるせいで、マイナーアイテム活躍のチャンスである縛りプレイですら見向きもされないという、あまりにアレ過ぎる地位を誇っている。
ほんとになんだこれ。
 
だが実はFC版では、理論上は4章の時点で入手可能。そしてメインストーリーの5章以外では唯一入手できる呪いのアイテムである(装備はできないが)。
【ぎんのタロット】を使い、死神のカードの効果で死神を呼び出し、そいつに落とさせるといいのだ。こうして手に入れたものを5章に持ち越し勇者に装備させれば冒険開始直後に守備力を大きく上げることができる。
この時点で手に入る最強の鎧は【てつのよろい】(守備力+30)なので、実ダメージの差は約5ポイントもある。
だが5歩歩くだけでHPが5点減ってしまうので常に装備しておくのは難しく、ボス戦限定で着用して、その後に呪いを解くという使い方になるだろう。
一応、【裏切りの洞窟】ではイベント対策としてHPが減らないようになっているという報告もあるが、同所にはザコ敵が出ないので、結局はボス戦でしか使えない。
当然だが4章では【オーリン】がいても死神は強すぎて相手にならず、倒すのは万全の状態でも相当難しい。倒すどころかある程度渡り合えるようになるだけでもやり込み級のレベルアップが必要になる。その上4章はレベル上げ効率が1章に次いで悪い。
おまけに死神カードを出すには、その前に8回使う必要があり必然的に悪魔や塔、ひいてはいけないカードを引かなければならず、大抵それだけで満足に戦える状態ではなくなっている。
偶然が重なって運よく倒せても更にドロップ率1/128という確率をモノにしなければならず、入手は困難を極める。そして船を手に入れた時点でお役御免なので、使えるボス戦は【ベロベロ】【うらぎりこぞう】【とうだいタイガー】程度。あくまで迂遠な強化テクの域は出ない。売値も安いため換金目当てに引き継ぐのも効率が悪い。
 
マーニャをLv23まで上げて【イオラ】を習得すれば死神をコンスタントに狩れるのだが、その行為そのものがやり込みの領域。当然かかる労力も相当大きい。そんな労力を使ってまでこの鎧を手に入れるぐらいなら、5章序盤に【女神像の洞窟】【ボンモール】【レイクナバ】間で【メタルスライム】を狩るなどして勇者のレベルを10程度まで上げたほうが上記のボス3戦もラクなのは言うまでもないだろう。
かかる労力も4章でマーニャをLv23まで上げることを思えば比べ物にならないほど全然小さくてすむ。

リメイク版 Edit

【ピサロ】【初期装備】でもある。
しかし、呪文やブレス攻撃に耐性がなく、元来があまり強力な鎧ではないので、さっさと他の鎧に着替えるほうが利口であろう。
ただしこれを初期装備にすることによって、ピサロが呪いの武具をデメリット無しで扱える上に自由に着脱できるということをプレイヤーに教えるという重要な役割を担っている。
なのでFC版よりはまだマシな待遇になったと言えるだろう。
 
だが銀のタロットの死神のカードの効果が「敵一体にザキ」と変更されたので、4章のうちに入手することも不可能になり、その点では待遇悪化といえよう。
とはいえ元々早期入手する意味がほぼ無かったので、特に問題はないのだが。
 
なおトルネコ曰く「かなりの守備力がありそう」。
「守備力だけ」という点においては【はがねのよろい】より強いのは「かなりのもの」と言えなくもない……のかも知れない。たぶん。

DQ5 Edit

守備力38。
【デモンズタワー】の宝箱に入っている他、【キャプテンクック】がたまに落とす。
今作では呪われておらず、モンスター専用。というか「人間ではない装備者」という適合者がいるから大丈夫なのだろう。
【ゴーレム】【パペットマン】【くさったしたい】【ばくだんいわ】が装備可能。設定上でも、死体や物質に魂の宿ったモンスターが装備適合者となっているので、大雑把に言えばゾンビだからゾンビメイルが装備できるというニュアンスか。
リメイク版では【ドロヌーバ】【おばけキャンドル】(PS2版では不可)が加わったが、いずれにせよかなり装備可能者が少ない。
 
守備力は大したことはなく耐性も皆無であり、装備可能者が全く同じで少し前にチゾットで買える【ブラッドメイル】の完全下位互換になっているのが切ない。
また、いかにもデメリットがありそうなその名前のせいで、装備する前から敬遠されがちなところも問題だろう。
しかし、入手時期的に、このすぐ後ぐらいに加入するゴーレムの装備の候補としては悪くない。
【試練の洞窟】で入手できる刃の鎧を他のキャラに装備させているなら、これが次に守備力が高いタダで手に入る鎧となっている。
もっといい防具を購入する資金を貯めるまでのつなぎとして使える。
もちろん、装備をそろえるのに十分な資金があるなら、早々に売り払ってしまってもいいだろう。
とはいえ、売値も375Gと大したことがないのだが。
 
ちなみにSFC版公式ガイドブックの着用モデルはくさったしたい。
くさったしたいと両肩の骸骨アーマーの三つの顔が並んだ絵面は、もはや不気味とかそういうレベルを通り越しており、「ゾンビ」の「怪物」とでも呼べるような新手のモンスターと化した。

DQ8 Edit

守備力42。「死に」との語呂合わせだろうか?
【ククール】が装備可能。呪われている。
【闇の遺跡】がある島の宝箱に入っている。
単体では使えないが、【聖者の灰】と錬金すれば【プラチナメイル】を作ることが出来る。
入手時期を考えると、かなり強力な防具となるので、ぜひとも作っておこう。
 
プラチナメイル+【あくまのしっぽ】でこれに戻すことができるほか、
呪い要素の全くなさそうな【シルバーメイル】+【ゾンビキラー】の錬金でも作成できる。
つまり店売品で賄え、事実上金で買える事になる(合計10600G)。
売値は250Gとしょぼいが、前述のプラチナメイルは主人公とククールが装備できるため、二着目のプラチナメイルがどうしても欲しく、この時点では貴重な聖者の灰に未練が無ければ錬金を考慮する価値はある。
また、【スケアフレイル】からレアドロップ(1/256)として入手できることもある。
 

DQ11 Edit

【主人公(DQ11)】【グレイグ】が装備可能な鎧。

-+1+2+3
守備力42444648
闇属性ダメージ軽減25%30%40%50%
呪いガード25%30%40%50%

 
【ナギムナー村】の宝箱から手に入るおなじみの呪われそうな不気味な鎧。
他には【スケアフレイル】(・強)の通常ドロップで手に入る。
 
今作では装備の呪いというのは存在しないので装備しても外せなくなったりなどはしない。
それどころか、逆に闇や呪いに対して非常に強い耐性を誇る超有能装備と化している。
単体属性とはいえ最大50%軽減というのは、【まほうのかぎ】入手直後で手に入る物としては破格の数字である。
時期的には守備力も申し分ない値なのだが、この時期の主人公だとより守備力が高く全体属性軽減を持つ【シルバーメイル】【プリンスコート】という選択肢もあるので、実際のところは入手しても即袋行きになることが多いだろう。
ただし異変後には【屍騎軍王ゾルデ】【バクーモス】【魔竜ネドラ】など闇属性の攻撃を持つボスが出てくるため、より高性能の鎧を手に入れた後も売らずに取っておいた方が良い。
今作だと袋に入れたままの装備品でも戦闘中に付け替えることができるため、特に主人公とNPC1人で戦うゾルデ戦では、これがあるかないかで戦況が大きく変わってくる。
 
今作では【あくまのしっぽ】【サタンヘルム】【はめつの盾】といったおなじみの呪われた防具も、呪いと闇属性に耐性がある防具として扱われている。
これらには共通して「なぜか闇と呪いを防ぐ」といった説明文が記載されている。