Top > 【ドラきち】


【ドラきち】

Last-modified: 2018-12-05 (水) 00:03:13

概要 Edit

DQ5における仲間になった【ドラキー】の1匹目の名前。
および、DQ8におけるドラキーの【スカウトモンスター】としても登場。

DQ5 Edit

仲間になる確率 Edit

一匹目二匹目三匹目
SFC版1/161/64
リメイク版1/4

仲間になったときの名前 Edit

一匹目二匹目三匹目四匹目
SFC版ドラきちラッキーまなぶミワリン
PS2版ヨッキーアイコ
DS版

覚える呪文・特技 Edit

ステータス Edit

Lv素早さ身の守り賢さ運のよさ最大HP最大MP
初期111791510100
最大991902001507090500110

耐性 Edit

無効マホトーン、マホトラ
強耐性(なし)
弱耐性(なし)
無耐性メラ、ギラ・炎、イオ、ヒャド・吹雪、バギ、デイン、ザキ・麻痺、ラリホー、メダパニ、マヌーサ、ルカニ、メガンテ・体当たり、毒、休み

解説 Edit

青年時代では出現地域が限定されている上に、SFC版では妙に低い加入率のせいで仲間にするのに多少苦労する。
その割に実力も微妙なため、DQ5における残念モンスターの一匹。
序盤の雑魚モンスターであるドラキーだから弱くても仕方がない・・・と思いきや、【スライム】は使える子であるし、【ブラウニー】なども加入率が極めて高いのだから、ドラきちの立場は・・・。
 
SFC版では【ホークマン】の歩行グラフィックがないため、こいつのグラフィックが流用されており、デモンズタワーでドラキーと思って話しかけたら痛い目をみる。また、【ジージョ】を誘拐する敵役のグラフィックとしても登場するが、リメイクではホークマンが仲間になるようになって、どちらも正式に【ホークマン】の歩行グラフィックに差し替えられた。
 
リメイク版では加入率が改善され、序盤とりあえずの頭数として数えられる程度にはなった。
特にLv20前後までに限れば【主人公】に匹敵する力と、【スライム】に次ぐ高い素早さ、そして【ブーメラン】装備可能ということで雑魚戦でのアタッカーに適している。
同様の役割では【序盤3強】【マッシュ】【ニトロ】の方が強いが、この2体は加入率で劣るため、勧誘するまでの繋ぎや、そもそも上手く勧誘できなかった場合に代役が回ってくることもあるだろう。
一応ラリホーやマヌーサが使えるが、MPが低くオマケ程度でしかない。
 
一応レベル上限は99となっているがステータスが中途半端な上に、覚える特技に強力なものがなく、呪文やブレス耐性のある防具が全く装備できないので終盤まで連れて歩くのは無理がある。
ステータスの平均値としてはスライムと遜色ないものの、あちらは特技や装備面ではるかに優遇されており、同じDQ1での序盤雑魚モンスター仲間としては、かなり不遇な扱いを受けていると言える。
序盤のモンスターゆえに耐性も非常に貧弱で、いくらレベルを上げても進めば進むほど辛くなる。前述のように装備でもフォローすらも難しく、ザラキややけつくいきでコロコロ死ぬ。
とりあえず馬車に入れておけば女の子が加わるまでの【ラナルータ】役ぐらいにはなるかといったところ。
 
【装備グループ】ばくだんベビーダンスニードルと同じ。
盾も装備可能だが、どうやって装備してるのかは謎。
ドラキーは多くの作品で鳥系扱いなので、せめて鳥グループなら【みずのはごろも】が装備できたのに…。
 
一方で【オープントレイ技】の裏技使用時は、ラナルータをレベルアップで覚えられることから、
特殊な進行ルートを切り開くのに重要な仲間モンスターとして重宝される場合がある。
 
小説版でも仲間モンスターの一体として登場。語尾に「にゃー」をつけて話し、戦闘では飛行能力を生かして偵察、牽制要員として活躍する。
デモンズタワーにてオークに苦戦する主人公をラナルータによる闇夜で援護する。主人公に自らの体ごとオークを攻撃させ、命を落とした。
 
天空物語でも仲間モンスターの一体として登場。
一番の見せ場はソラがヤグナー・シャクバ達に捕われた際、連絡役として現れる【エンプル】にまぎれてスカルアロウ号に潜入し、テン達がスカルアロウ号に突入する為の下準備を成し遂げた所である。
この時にスカルアロウ号の船員相手にラリホーを唱えるなどの活躍も見せる。

DQ8 Edit

ドラキーのスカウトモンスター1号。

通り名・出現位置等 Edit

通り名パワフル・ドラキー
種族ドラキー
出現位置トラペッタ地方
滝の洞窟裏の森
出現条件最初から出現
出現時間夜のみ
所持アイテムモンスター銅貨

行動 Edit

通常攻撃

ステータス Edit

攻撃力素早さ守備力最大HP最大MP戦闘参加
ターン
MIN4821254800.7
MAX213179201231

解説 Edit

あれほど多芸だったDQ5のドラきちと違い、通常攻撃しかできなくなっている。
能力があまりパッとしないところだけ、DQ5のドラきちっぽさを受け継いでいる。
だが、他のドラキー達と一緒にチームに入れることにより、コイツは真価を発揮する。
ドラキー三匹が合体してグレートドラキーこと【グレドラ】になり、多分ドラキー三匹分以上の活躍をする。
スライムに続き、とうとうドラキーまで合体する時代が来たのだ。
 
最序盤から会うことができるが、持ち前の回避力に加えて意外にもアスカンタ周辺の敵に匹敵する攻撃力を持つため、ヤンガスと二人きりの時期に銅貨目当てで挑むと痛い目にあう可能性が高い。
とはいってもブーメランやおおきづちを買っていけば普通に勝てる相手なので最序盤の資金稼ぎにはちょうどいい。