カラフルなきかんしゃたち

Last-modified: 2020-05-11 (月) 19:28:26

「だってボディの色は関係ないからさ。大事なのは役に立つ仕事をすることだからね。」

日本版タイトルカラフルなきかんしゃたち
英米版タイトルAn Engine of Many Colours
脚本マイケル・ホワイト
放送日・2018年9月13日(英国)
・2018年9月16日(オーストラリア)
・2018年11月25日(メキシコ)
・2018年12月6日(ドイツ)
・2018年12月29日(ニュージーランド)
・2019年4月13日(米国)
・2019年5月5日(日本)
日本話数第522話
第10話(シーズン内)
英国話数第521話
第9話(シーズン内)
この話の主役ジェームス
シーズン第22シーズン
登場キャラクターAトーマスジェームスビクターケビン
ジェームスの悪夢のみ登場:エドワードゴードンパーシーエミリースペンサーロージースタンリーディーゼルフィリップ
(振り返りセグメントのみ登場:アニークララベル
登場キャラクターB*1*2ヘンリー
登場キャラクターC*3アニークララベル
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿
ジェームスの悪夢のみ登場:ナップフォード駅長ピンク色の服の女の子ボックスフォード公爵ボックスフォード公爵婦人
登場人物Bジェームスの機関士白髪の男性*4ソドー整備工場の作業員
ジェームスの悪夢のみ登場:ボックスフォード駅の作業員
(振り返り映像のみ:副大臣
登場人物Cアルバートの奥様ナップフォード駅の駅員ナップフォード駅の作業員
回想シーンのみの登場:ティッドマス機関庫の作業員
ジェームスの悪夢のみ登場:眼鏡をかけた黒人男性眼鏡をかけた学生服の男の子ジンジャー髪の男の子黄土色の服の女性
登場人物D無し
登場スポットナップフォード駅
ソドー整備工場
ティッドマス機関庫回想シーン
ゴードンの丘回想シーン
ジェームスの悪夢のみ登場
ヴィカーズタウン橋
ナップフォード操車場
ボックスフォード駅
あらすじジェームスはブレーキの故障でティッドマス機関庫にぶつかる事故を起こし、ソドー整備工場修理される事に。
、問題を起こしたら青いボディにするとトップハム・ハット卿に言われたジェームスは、ケビンから赤いペンキが残ってないと聞き、何度もに塗り替えられる夢を見るが、その度に調子に乗ってぶつかりそうになった所で目が覚める。
メモ・タイトルに「きかんしゃたち」と入るのは3回*5。また、『~なきかんしゃ』と付くのは今回で5なる。
第21シーズンエドワードのやすむばしょ』でジェームスソドー整備工場に居た時のお話*6
第21シーズンはやいぞ!あかいきかんしゃ!』の映像が使用されるが、今回はジェームスの機関士に台詞は無い。
スタンリー長編第12作以来喋る*7
第1シーズンやっかいなかしゃたち』の冒頭で涙を流していながら泣いていなかったジェームスだが、この話で泣き声をあげている*8
第20シーズンデイジーととくべつなおきゃくさん』以来久々にアイスを落とす白髪の男性
ジェームスゴードンジェームスヘンリー銀色ジェームススペンサーの役割である。
ジェームスが悪夢を見るのは長編第2作以来*9
・この話のスペンサー第14シーズンゴードンとおおそうじ』以来、ロージー長編第14作に続いて終始笑わなかった。
ジェームスゴードンの丘から飛ぶシーンは『銀河鉄道の夜』をイメージしているらしい。
ジェームスの悪夢のみ登場するキャラクターが多い。
第1シーズンジェームスのあやまち』が言及されている*10。そして、青く塗り替えられたジェームスが初めて映像化された。
山崎依里奈さんと樫井笙人さんと田中完さんは其々2役担当している。
内山茉莉さんは人間のキャラクターを演じる最初の回でもある。
エドワードの声は今回は副音声を流用している*11
ジェームス、初めてゴードンの口癖を真似する。
・自らを「様」付けするジェームス
夢の中で、ティッドマス機関庫ぶつかった事が、スペンサースタンリーディーゼルボックスフォード公爵夫妻にまで知れ渡っている事も妄想するジェームス
ヘンリーは今回台詞なし。
レギュラー機関車の中で唯一、トビーが登場しない*12
・最初の悪夢で、ヴィカーズタウン橋*13に衝突し、2回目の悪夢で、エドワード*14に衝突するジェームス
ジェームス、転車台で大回転するのは4
・何故か、客車の連結作業を連結係員ではなく、ジェームスの機関士が行なっている。
・ラストシーンで、紅の帽子を被った女性白髪の男性ナップフォード駅で自撮り撮影を行っている*15
・日本の放送で原語版が流用されるのは第15シーズンくっついたトーマス』のジェームス以来となる。
あの時に続いて、台詞が2回繰り返される。
・この話でパーシーは『サムソンとはなび』に続いて、エミリー第21シーズンクランキーのさいなん』以来終始走っていない。
スペンサーボックスフォード公爵夫妻、本編では現時点でこの話以降、出番無し。
・この回で学べるのはも歩けば棒に当たる」*16「二度ある事は三度ある」*17という事。
台詞トーマス「皆も知ってるよね?ソドー島には色んな色の機関車が居る。僕は青いボディがお気に入り。でも、ジェームスは自分の赤いボディが誰よりもかっこいいと思ってる。だからもし、その自慢のボディが違う色になってしまったら大変だよね。さあ、大冒険に出発進行!!」
ナレーター「『カラフルなきかんしゃたち』と言うお話。ある日ジェームスは目立つように走っていた。ソドー島で一番速くて赤い機関車だってアピールする為だ。」
ジェームス「ヤッホホホホホホ~!!!!」
ナレーター「でも、突然ブレーキの故障でしっかり停まれずに、ティッドマス機関庫ぶつかってしまったんだ。」
ジェームス「うわっうわっ!!ア~ハ~!!」
ナレータージェームスソドー整備工場に修理してもらう事になった。」
ジェームス「(泣き声)僕のピッカピカでカッコいいボディが!」
ビクター「心配いらないぞ、ジェームス。私達があっという間に直してあげるからな。」
ジェームスずっと昔トップハム・ハット卿に言われたんだ。『今度問題を起こしたら、ボディを青い色に変える』って。
ケビン「すいません、ボス。もう赤いペンキがないみたいですよ。なら沢山ありますけど。」
ジェームスだって?ハァ~!青いボディになったら、そんなのもう僕じゃないよ。(悪夢)ジェームス様、参上!!!」
トーマス「あっ?!!ジェームス?いつもの赤いボディはどうしたの?!」
エミリートーマスにそっくりじゃない!」
ジェームス「えっ?はぁっ!になっちゃってる!!まさか、そんな~!!青いボディじゃ、立派な機関車になれないよ!!」
トーマス「あぁぁ…」
ナップフォード駅長ゴードンのボイラーが故障したんだ。代わりに急行を牽いてくれないか、ジェームス?」(樫井笙人さん演じるナップフォード駅長の初台詞)
ジェームス「嫌です!!こんな色してちゃ、どこにも行けませんって!!」
トーマス「ボディが何色かは関係ないでしょ、ジェームス。役に立つ仕事をする事が大事なんだから。」
ピンク色の服の女の子「パパ見て!エドワードが私達の急行列車を牽くんだって!」
ジェームス「もう…。あれっ?急行を牽くのってこんなに簡単だったかな?なんだか客車が軽いから、いくらでもスピードが出せるぞ!!ヤッホー!!立派な機関車だぞ!!先に行かせてくれー!!急行列車のお通りだぁーーー!!」
スペンサージェームス!!調子に乗りすぎだ!!またぶつかってもいいのかね?」(現時点で最後の台詞)
ジェームス「はい、はい、はーい。あっ、うわ!大変だ!!!!!うわ、うおっ!!!(目覚める)はぁ…はぁ…良かった…全部夢だったんだ…ほっ…お?あ~…(悪夢)ジェームス様、参上!!」
スタンリージェームス?!一体どうしたんだ?!」
パーシー「僕にそっくりだよ!!」
ジェームス「えっ?ボディがだって?あっ、酷過ぎる!!」
スタンリー「でも走れるようになって良かったじゃないか、ジェームス。丁度良い所だったよ。ヘンリーが遅れてるんだ。トップハム・ハット卿が、にこの重い貨車を運んで欲しいとさ。」
ジェームス「フン!ハッハッハッ!さっき重いって言ってたけど、この貨車、物凄く軽いんじゃないか?もしかして、緑のボディになったからかな?ヘンリーみたいに力があって、ボディは!それは僕だ!!緑のボディにしてもらうといいよ、ロージー!ハッハッハッ!!僕やヘンリーみたいに力強くなりたいだろ?」
ロージー「そんな風に調子に乗っていると、そのうち絶対、またぶつかっちゃう!!」
ジェームス「アハハハ!!イェーイ!!ハッ!!危ない、エドワード!!」
エドワード「はぁっ!」
ジェームス「うわ、うわ、うわっ!!!あああああああ!!!!(目覚める)ギャアッ!!はぁ…はぁ…これも夢か。もう悪い夢はうんざりだよ。はあ~…(悪夢)ジェームス様、参上!」
ボックスフォード公爵「ああ、ジェームススペンサーが留守の間、君が代わりに走ってくれて助かるよ。」
ボックスフォード公爵婦人「まあ、ジェームスったら、ボディをキラキラの銀色にしたのね。すごくオシャレだわ。」
ジェームス銀色だって?よーし!やったぞー!これなら間違いなく、最高にカッコいいボディだ!!ヤッホー!!僕のボディ、最高だろう!!」
ゴードン「おい!!調子に乗るんじゃない!!」
ジェームス「ヤッホー!!!!!」
ボックスフォード公爵ジェームス、だんだん揺れが激しくなってきてるぞ。」(現時点で最後の台詞)
ジェームス「すみませんでした~。」
ボックスフォード公爵婦人「そうやって調子に乗ってると、そのうち絶対に、またぶつかっちゃう!!(こだま)またぶつかっちゃう!!またぶつかっちゃう!!」
ロージー「またぶつかっちゃう!!」
ボックスフォード公爵婦人「またぶつかっちゃう!!」
ロージー「またぶつかっちゃう!!」
トーマス「またぶつかっちゃう!!」
トーマスロージーボックスフォード公爵婦人「またぶつかっちゃう!!」(ボックスフォード公爵婦人は現時点で最後の台詞)
ディーゼル「ほら、ジェームス!!ぶつかる!!ギャハハハハハ!!!」
ジェームス「お?あああっ、フィリップ!!」
フィリップ「ああっ?」
ジェームス「駄目駄目駄目駄目!!もうぶつかるのは懲り懲りなんだよ!!もう!!ほんとに!!嫌なんだって!!はぁ…はぁ…あっ!!!茶色!!うおっ!!!!ああっ!!黄色!!ああっ!!!!!ああっ!!オレンジ!!うわあああああああああああああ!!!!!!はぁ…はぁ…(目覚める)あれっ?」
トップハム・ハット卿「ジェームス!」
・ジェームス「トップハム・ハット卿、昨日は調子に乗ってしまってごめんなさい。僕はボディがでもでも銀色でも気にしません。役に立つ仕事ができれば、それで良いんですから。」
トップハム・ハット卿「ハハハ、ジェームス。確かに私は前にこう言ったな。『今度問題を起こしたら、君のボディをにする』と。ただ、今のは、十分に反省している様だ。だからにはやはり、1番似合うボディでいてもらおうと思っている。」
ジェームス「それって…。やあ、トーマス。」
トーマス「ああ、やあ、ジェームス。また走れる様になって良かった。修理が終わって、ボディもピカピカだね。」
ジェームス「いや、今日はボディの話をするつもりは無いんだよね。」
トーマス「そうなの?」
ジェームス「だってボディの色は関係ないからさ。大事なのは役に立つ仕事をすることだからね。」
トーマス「それ、誰に言われたの?」
ジェームス「誰って、君にじゃないか、トーマス。夢の中でさ。だけどさあ、このピッカピカの赤いボディだけはどうやっても隠せないんだよね。ウフフ。」

振り返りセグメント
トーマス「誰だって自分の良い所は自慢したい。でも調子に乗りすぎると、大きな問題を起こす事になるんだ。スペンサーは、大切なお客さんに自分がいかに早いかアピールしようと夢中で、ナップフォード駅ではなく、間違えてクレイ・ピッツに行ってしまった。ジェームスは、自分の真っ赤なボディをずっと自慢していた。しかも、ボディが変わっても、同じように自慢し続けてしまった。たとえ夢の中でもね。でも最後には、またぶつかって大変な事になるのはまずいと思い、これ以上調子に乗ってはいけないと気づいたんだ。調子に乗ると、ついうっかり失敗しちゃう事があるからね。その所為で色んな問題が起きてしまうんだ。」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
エドワード/ゴードン/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシーナイジェル・ピルキントン
エミリー/ピンク色の服の女の子/ボックスフォード公爵婦人/駅アナウンステレサ・ギャラガー
スペンサー/スタンリー/ケビン/ボックスフォード公爵/ナップフォード駅長マット・ウィルキンソン
ロージーニコラ・ステープルトン
ディーゼルケリー・シェイル
フィリップラスムス・ハーディカー
ビクターデヴィッド・ベデラ
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
エドワード/ボックスフォード公爵ウィリアム・ホープ
ゴードン/ディーゼル/ケビンケリー・シェイル
ジェームス/スタンリーロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリー/ピンク色の服の女の子/ボックスフォード公爵婦人ジュール・デ・ヨング
スペンサーグレン・ウレッジ
ロージーニコラ・ステープルトン
フィリップラスムス・ハーディカー
ビクターデヴィッド・ベデラ
アニークララベル/駅アナウンステレサ・ギャラガー
トップハム・ハット卿/ナップフォード駅長キース・ウィッカム
日本版CVトーマス/ナレーター比嘉久美子
エドワードウィリアム・ホープ(言語版流用)*18*19
ゴードン三宅健太
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
エミリー/ボックスフォード公爵婦人*20山崎依里奈
スペンサー宗矢樹頼
ロージー望月久代
スタンリー土田大
ディーゼルケン・サンダース
フィリップ小林大紀
ビクター坂口候一
アニークララベル吉岡さくら
ケビン河杉貴志
トップハム・ハット卿田中完
ナップフォード駅長*21/ボックスフォード公爵樫井笙人
ピンク色の服の女の子*22内山茉莉
駅アナウンス中井美琴
シリーズ前回トーマスとサルのきゅうでん
シリーズ次回オーストラリアのトーマス
振り返ったエピソード第18シーズンスペンサーとふくだいじん

*1 別々のシーンでカメオ出演と言及がされている。
*2 厳密には名前が呼ばれるのはジェームスの悪夢のみで、本人はカメオ出演のみ。
*3 ジェームスの悪夢のみ登場。
*4 からはパパと呼ばれている。
*5 とは言え、今回はジェームスだけをメインとしている。
*6 この時、エドワードジェームスの悪夢のみ登場で、本人ソドー整備工場を離れていた。
*7 但し、ジェームスの悪夢のみ登場。
*8 但し、涙は見えなかった。
*9 前回はココナッツ落としのゲームに改造、今回はを起こした。
*10 但し、当時は「お行儀よくしないと~」だが、今回は「今度、問題を起こしたら~」に変更されている。
*11 日本語版で副音声が流用されるのは第15シーズンくっついたトーマス』のジェームス以来となる。
*12 尚、この回の時系列はニアレベッカデビューする前の出来事を描いている。
*13 この時は遮断機を壊した。
*14 貨車に衝突したのでエドワードは無傷。
*15 時代背景からしてスマートフォンではない模様。
*16 第1シーズントーマスとさかなつり』と『パーシーにげだす』と『フライング・キッパー』と第2シーズントーマスあさごはんにおじゃま』と『かしゃにのりあげたパーシー』と『ふたごのビルとベン』と第4シーズンじょおうへいかがやってくる』と『さかなにはきをつけろ』と第6シーズンふたごのけんか』と『やりすぎたジャック』と『パーシーとゆうれいこうざん』と第7シーズンエドワードとブラスバンド第11シーズントビーとゆうめいなかしゅ』と第17シーズンパーシーのおまもり』も同様。
*17 第5シーズンハットきょうふじんのたんじょうび』と『トップハムハットきょうのきゅうか』と第6シーズンふたごのけんか』と第19シーズンしゃりんはいくつ』と『もどってきてティモシー』も同様。
*18 ノンクレジット。
*19 米国版の音声がそのまま使われている。
*20 ノンクレジット。
*21 ノンクレジット。
*22 エンドクレジット上では『女の子』。