スキル/釣り

Last-modified: 2019-09-16 (月) 12:44:46

釣りの腕前を上げるスキル。
SP10で釣り名人が発動する。

概要 Edit

  • 釣りフィーバエを使ったとき同様、どんな釣り餌を使っても1回目で魚がかかるようになる。
    また、餌かルアーかに関わらずボタン入力のタイミングが大幅に緩和される。
    MH3ではダンゴ系の餌や釣りフィーバエを使用した際に
    魚を最大3匹まで同時に釣れるようになるという効果が追加され、有用性が若干増した。
    また、ルアーの存在する作品ではアイテムを使わずともバンバン魚が釣れる為、
    特に餌では誘き寄せられない古代魚やカジキマグロ等で、
    入手効率に圧倒的な差が出る。
  • 戦闘では全く役に立たず、大多数の剣士にとっては採取用としても魚の需要はあまりないため、ぶっちゃけ影は薄い。
    釣りが戦闘に関わるモンスターと言えばガノトトスチャナガブルだが、
    釣りカエルは効果の対象外なので、結局役に立たない。
    わざわざスキルを発動させるより、釣りフィーバエを使った方が簡単である。
    • とはいえ、このスキルも活躍する場面はある。
      一つは釣りフィーバエを使わずに特定のダンゴなどを使う場合。
      例えば屈指の鬼畜クエである黄金魚納品クエでは、黄金ダンゴとこのスキルを併用するのが有効。
  • もう一つは農場で使う場合。
    農場の桟橋では、用意された釣り餌しか使えず、フィーバエでの入れ食いが不可能で、
    更に、初期の農場はタイミングが近年と比べると明らかにシビア*1
    このスキルを発動させた装備なら簡単に大漁が狙える。
    ただ、一回マイハウスに帰って釣り装備に着替えて、
    農場に行って釣りをしてまたマイハウスで戦闘装備に着替えて…
    というのも面倒な話だが。
    • 実は村でも効果が発揮される数少ないスキルでもある(他は調合成功率、錬金術、調合数ぐらい)。
      マカルパならまとめて発動させることも可能。
  • 需要が少ないことは見越していたのか、
    装飾品が1スロ2ポイントと非常に効率が良く、5スロットで簡単に発動できる
    とはいえわざわざ装飾品で発動させるスキルでもないが…。
  • MHP3以降は地図肉焼きと合わせてハンター生活というスキルに統合されている。
    またこちらには釣り餌の調合率が100%になる効果もある。
  • MHWorldでは釣り自体に少し変更が入っているため、本スキルも内容が変化。
    1回目で魚がかかる効果ではなくなった
    魚がかかったときに餌を取られるまでの時間が長くなる効果と、
    MHWでは大物釣りが○ボタンの連打回数で達成するように変更されたため、
    大物を釣り上げる時の○ボタンの必要連打回数が減る効果の2種が発動するようになっている。
  • MHF-Gにおいては、他のシリーズと比べて魚系素材の種類が豊富で、武具強化に使うことも多い。
    釣りフィーバエだけでは心許ないので、このスキルを発動させた上でフルに餌を持ち込むのは有効。
    特に釣り系の長期イベントクエストをこなす場合は、是非付けておきたいスキルである。
    何といっても、釣らなくてはいけない量が半端でないので、あるとないとでは掛かる時間が段違いとなる。
    また、公式狩猟大会の巨大魚杯においても事実上の必須スキルである。
    • 釣力珠SPなら高速収集や採取と同時に付けられる。
      また、複合スキルであるハンター生活を発動させるのも容易。

関連スキル Edit

ネコの釣り上手 Edit

  • ネコスキルの一つ。魚の食いつきが良くなる。
    こっちの方でも農場やドンドルマの川などの釣りも一発で食いつくようになる。

関連項目 Edit

スキル/狩人
システム/釣り





*1 MHPの農場とMHXXのルアーでのサシミウオ釣りで比べると5倍近くの受付時間の差があり、よりレア度が高い魚はもっとシビア。イメージとしてはMHXXでの古代魚のルアー釣りの受付時間がMHPでのサシミウオに近い。