武器/ローグアックス

Last-modified: 2018-01-14 (日) 12:57:08

MHXで初登場した、マッカォ及びドスマッカォの素材を用いたチャージアックス。

概要

  • 精鋭討伐隊盾斧をベースにマッカォ種の鱗を貼り付けた、の対比が印象的な武器。
    強化段階でも、炎戈竜尾槌竜赤甲獣雌火竜の素材がセットで要求されたりする。
    そんなの使ったらマッカォの鱗が残らないんじゃないか?
  • 解説文によると初心者卒業の証として親しまれているようだ。

性能

MHX

  • 最序盤に手に入る鳥竜種武器だけあって、攻撃力・斬れ味ともに平均的で癖がない。ビンは榴弾ビン。
    中盤に差し掛かり、より高性能な盾斧が現れるまでは、十分に活躍してくれるだろう。
  • 強化していくと下位で唯一のスロット2というアイデンティティを手にすることができる。
    全体的に防具のスロット数が少ないMHXでは、この武器スロはかなり有り難い。
    防具のマイナススキルを打ち消したり、思い切って2スロの装飾品を詰め込んだりと、自由度を向上させてくれる。
    • 下位には初めから3スロを持つヴァイクベイルが存在するが、
      入手が遅い上に性能は戦闘向きでないため、
      採取用として使う以外はローグアックスの方が良いだろう。
  • 最終強化は「サリーレローグ」。
    攻撃力210、素で青ゲージ、匠+2で白ゲージと堅実だが、スロットは2から増えない。
    流石に最終形ともなると数々のライバルが台頭してくるため、
    2つのスロットを活かした差別化が重要になってくるだろう。
    また、最後まで獰猛化素材を一切使わないので、製作難易度が低いのも長所である。

MHXX

  • G★4で究極強化を迎え、「サリーレバンディット」の銘を冠する。
    攻撃力は330、斬れ味は素白、匠+2で紫が出る。
    残念ながらスロットは増えず、2のままである。
    今作でも獰猛化モンスターを全く相手取ることなく、極致に辿り着ける。
  • 総合性能では角王盾斧ジオブロス、スロット面では真名ネベトヘウトに遅れを取ってしまう。
    これらを抜きにしても、今作ではG級進出に伴って武器のスロットが全体的に増加しているので、
    この武器の強みが薄れてしまっている。
    ここはドス鳥竜武器の特長である製作の早さ・容易さを活かし、
    ライバルが追いつくまでの間に活躍の場を見出してやろう。

余談

  • 最終強化及び究極強化形に冠せられている「サリーレ」は、
    ラテン語で「跳ぶ」を意味する“salire”であると思われる。
    狗竜」「跳躍のアウトロー」の異名を持つドスマッカォからイメージした言葉だろう。

関連項目

武器/マッカォ武器