武器/禍ツ剣【封】

Last-modified: 2021-05-14 (金) 15:37:15

その剣は、怨虎竜の禍々しき渇欲の具現である。
血肉を吸い底知れぬ闇はさらに深まる。
(禍ツ剣【封】I・II)

血肉を吸い続けた怨虎竜の剣は内なる怨霊を呼び起こす。
飢えは未だ、満たされない…。
(禍ツ剣ノ幽鬼アフティ)

MHRiseのメインモンスター、マガイマガドの素材で作られた片手剣。

目次

概要

  • かつての小太刀【砂凪】のような純日本刀然としたシルエットが特徴だが、
    刀身や盾の上下端はギザギザの付いたマガイマガドの刀殻のようなデザイン。
    武者甲冑を模した盾の正面や持ち手の部分は禍々しい紫色であるが、
    全体としては至って正統派なデザインの武器といった印象を受ける。

性能

MHRise

  • 「禍ツ剣【封】I」として生産した段階では攻撃力130、長い緑ゲージ、爆破属性13。
    爆破属性がおまけ程度の低さなのがネックだが、里☆5~6の攻略にはもってこいの性能。
    百竜強化で「攻撃力強化II」「属性強化【爆破】I」のどちらを選ぶかは好みが分かれるところだろうか。
    • 勇気の証と怨虎竜の逆鱗で「禍ツ剣【封】II」となる。
      攻撃力が140、爆破属性が18まで伸びる。
      逆鱗の入手がネックだが、作れてしまえば上位序盤のスタートダッシュにはもってこいの性能と言える。
      ただ、これ以上の強化はしばらく出来ないため途中で別の武器に乗り換えることになるだろう。
  • 上位☆7のマガイマガドを征することで最終強化「禍ツ剣ノ幽鬼アフティ」を作れる。
    強化にはレア素材の怨虎竜の紫玉が必要。
    • 攻撃力はかなり高めの200
    • 斬れ味はやや短めの青ゲージLv3以降で白ゲージが出現
    • 爆破属性26とまあまあ
    • 武器スロットはLv2-1
    • 百竜スキルは「攻撃力強化III」「属性強化【爆破】II」「怨虎竜の魂」
  • 発売時点では本作唯一の爆破片手剣であり、性能もなかなかの高さ。
    武器スロットに恵まれているのも救いで、Lv2スロットがあるのが大きな強み。
    • ネックは斬れ味で、デフォルトの青ゲージが短い。
      白ゲージを目指すにしろ目指さないにしろ、匠スキルはある程度積んでおきたい。
    • 幸いマガイマガドの防具には匠スキルが付くのだが……
      匠Lv2が付く腕防具にも紫玉が必要なのがネックである。
  • 物理性能は平均を十分超える程度にはあるが、
    今作の片手剣の人気運用法である物理特化の盾運用では
    クギバットハイニンジャソードなどといった無属性組が輝いており、
    盾攻撃には属性が付かないこともあって真価が発揮できない。
    属性武器である以上は剣運用したいところで、斬れ味対策が欠かせない。
    • 百竜スキルはどれを選ぶか悩みどころだが、
      今作は爆破属性強化スキルの装飾品が存在しないため属性値の強化が難しい。
      貴重な強化手段なのでできれば属性強化【爆破】IIを選ぶのも手である。
    • 属性強化【爆破】IIを適用すると属性値は31となる。
      この上で爆破属性強化Lv3を発動すると属性値42まで伸びるが、
      防具の都合上業物との両立が困難となってしまうのが悩みどころである。
  • ver2.0にて爆破片手剣の仲間にテオ=スパーダIが登場。
    攻撃力が20劣り、武器スロットもない代わりに爆破属性値が高く、
    更に百竜スキル「炎王龍の魂」により爆破ダメージを直接増やすという唯一無二の特徴を持つ。
    よって爆破属性特化の構成では完全に後塵を拝するため、
    こちらは高い物理性能を活かした運用が望ましくなったと言える。
    • ちなみに同じくver2.0アップデートにて爆破属性強化スキルの装飾品も登場した。
      ただしLv2スロットなのでかなり重いのが欠点である。

余談

  • マガイマガド武器は各国のことばで「恨み」を表現している。
    片手剣の場合はギリシャ語のアフティ(άχτι)から採ったのではないかと推測される。

関連項目

モンスター/マガイマガド
武器/マガド武器
武器/小太刀【砂凪】 - 日本刀風の片手剣
武器/武者備え - 同上