Top > 武器 > 金銀魚竜棍
HTML convert time to 0.006 sec.


武器/金銀魚竜棍

Last-modified: 2018-03-14 (水) 02:03:53

MHF-Zの10周年アニバーサリーイベントで入手できる穿龍棍。
金銀魚竜ことアルガノス、ゴルガノスを模した武器である。

概要 Edit

  • 10周年アニバーサリーイベント「スペシャルおさかなまつり」の報酬素材
    「双魚の気持ち」などを用いて生産できる穿龍棍。
    辿異武器カテゴリに属しており、生産はG級昇級、及びGR200に到達している必要がある。
  • MHFではMHF-G時代から、古参プレイヤーを中心にカルト的な人気があるヴォルガノスを中心にした、
    魚竜種メインのイベント「おさかなまつり」がゲリラ的に開催されており、
    「スペシャルおさかなまつり」はその系列のイベントクエストと言えるだろう。
  • 武器の見た目は一言で言えばアルガノス、ゴルガノスそのもの
    言ってみれば「左手に銀色のヴォルガノス、右手に金色のヴォルガノスを構えた武器」となる。
    この手の武器にありがちな、可愛らしいデフォルメは一切されておらず
    小さくなった金と銀のヴォルガノスを持って大型モンスターに殴りかかるという、
    中々インパクトのある武器である。
  • 穿龍棍はリーチ変形、及び武器内部に杭(パイル機構)を持つが、
    リーチを変えるとアルガノス、ゴルガノスの胴体が縮んだり伸びたりする
    杭はアルガノス(銀色)の口から金色の舌のようにも見えるモノが飛び出し、
    ゴルガノス(金色)の口から銀色の舌のようにも見えるモノが飛び出す。
    また、持ち手として前ヒレが長くなっており、生産画面ではまるで4本足のように見える。
  • 地味に穿龍棍では初となる、左右で色の異なる武器である。
    また、穿龍棍は基本的に左手側の武器を単純に左右反転させて右手側に反映させているらしく、
    このように何を模しているのかが明確に分かる武器では、
    右手側が反転することで非常に不自然な見た目になる*1
    だがこの武器は左と右で色が違うため、反転ではなく左右別々に作られており不自然さはない。
    進化武器を除くと、これも初の特性である。
  • 生産には先述したイベント素材のほか、辿異種フルフルの素材が必要となる。
    生産・強化の体系としては普通の辿異種フルフル武器と同じで、
    最終的にGR800でレア12段階まで強化が可能。
    • 本武器はド直球の紳士装備である辿異防具コリニィZシリーズ」の
      生産素材受取条件の最後の1枠でもあった。
      穿龍棍自体がG級に上がって初めて使用可能になる武器種であるためか最初から辿異武器としての生産となるが、
      受取条件に関して言えば武器自体の強化段階は不問。

性能 Edit

  • 金銀魚竜棍はアルガノスが扱う氷属性と、ゴルガノスが扱う雷属性の複合である「風属性」を有する。
    彼らは決闘の結果として自身の属性エネルギーを合わせて巨大な竜巻を引き起こす技を用いるため、
    風属性はある意味イメージどおりではあるのだが、
    アルガノスとゴルガノスの実装時には風属性はまだ存在しておらず、
    当武器が初の「風属性を持つアルゴル武器」であるとも言える。
  • 辿異スキルは「吸血強化」。
    元々吸血との相性が抜群な穿龍棍だが、これによって吸血効果の発動率を更に高めることができる。
  • 金銀魚竜棍は強化を行うと【喜】などの銘が付き、
    最終的には金銀魚竜棍【寿】となる。金銀魚竜棍【寿】の性能は下記の通り。
    • 既存のレア12辿異武器より若干低い攻撃力927
    • 風属性770(雷・氷属性610相当)
    • デフォルトで紫ゲージ、斬れ味レベル+1で空色ゲージが発現
    • 武器スロット3
  • 雷属性の辿異武器としてはフルフルの絶雷振棍【流流】、
    氷属性の辿異武器としてはドドブランゴのドドブラン・マウンがある。
    攻撃力と属性値はどちらも金銀魚竜棍【寿】を上回るのだが、
    これらは穿龍棍との相性があまり良くない辿異スキル「属撃強化」であり、
    こちらは吸血強化という、穿龍棍との相性が良い辿異スキルであるという差別化要素があり、
    攻撃力と属性値で劣るのは、前例を見る限りこの辿異スキルによるものだろう。
    また、複属性ということで様々なモンスターが登場するクエストでも有効であり、
    仕様上吸血スキルの恩恵が極めて高い、狩煉道で活躍させることもできるだろう。
    見た目はどこからどう見てもネタだが、中々侮れない。
  • なお、空色ゲージはレア12強化まで発現しない。
    一応それを踏まえてか途中の攻撃力は他の辿異武器よりやや高めになっているが、
    即戦力としてはほぼ同じ素材で作れる絶雷振棍の方が良いかもしれない。

クエストについて Edit

  • 「スペシャルおさかなまつり」はHR6から参加可能。
    装備は任意だが、過去の「おさかなまつり」同様、ハンターもお魚に(強制的に)される
    剣士用ではなくガンナー用になっているので、頭防具にスキルを集中させている場合は注意が必要。
    なおHRでもGX防具を体験できるクエストになっている(支給防具がヴォルヤマトGXのため)
  • クエスト内容はHR6の覇種クエストとほぼ同等であり、
    アルガノスとゴルガノスに挨拶をしてから、両者を討伐するというもの。
    ……何も間違ったことは言っていない。
  • アルガノスとゴルガノスは曲りなりにも覇種なので非常に高い戦闘能力は持つが、
    G10でG級への登竜門として設定されたという事もあり、
    2017年2月アップデートで攻撃力と体力が大きく低下している。
    ヴォルヤマトGXでHRハンターでも防御力が大幅にUPしているので、決して敵わないという相手ではない。
    条件が討伐のため、G級武器などを用いればもっと楽だろう。
  • 生産素材「双魚の気持ち」は確定5個となっている。
    生産は10個必要なので、最大でも2回クリアすればよい。

余談 Edit

  • 武器説明文によると、「正直なハンターに幸せをもたらす」らしい。
    おそらくは「金の斧」のオマージュと思われる。
    古くからあるこのAAを思い出した人も居るのではないだろうか。
  • 生産素材の「双魚の気持ち」は、
    長い年月を経て金銀魚竜がハンターへ募らせた想いであるとのこと。
    彼らは2013年頭に「謎の覇種」として鳴り物入りのデビューを果たし、
    それから3年後にはG級へ挑むハンターの文字通りの登竜門として配置されるようにはなったが、
    G級対応も無いため、現役のG級ハンターにとっては完全な通過点となってしまっている。
    彼らが再び最前線ハンターの前に立ちふさがる日は来るのであろうか。
    • ちなみにこのイベントが配信された週には、
      1年半ぶりとなる「双頭襲撃戦」が開催された。
      クエスト予告ではおさかな祭りの名称が無かったため、双頭襲撃戦でG級アルゴル登場か?
      という予想もあったとかなかったとか。
  • 2015年の武器デザインコンテストにて、これに似た穿龍棍がノミネートされている(参考)。
    輝竜乱舞【風臨】という武器銘から、やはり雷と氷の複属性である風属性を想定していたようだ。

関連項目 Edit

モンスター/アルガノス&ゴルガノス
武器/辿異武器






*1 ドドブランゴの辿異穿龍棍が非常に分かりやすい。握り拳をモチーフにしているため、右手にも「左手の握り拳がデザインされた穿龍棍」を持つ形になる