Masquerade Bone Spear

Last-modified: 2021-09-04 (土) 19:04:41

コンセプト

patch2.6.9実装の新セット Masquerade of the Burning Carnival使用ビルド。
2体のSimulacrumと共にBone Spearを一斉射撃するビルドで、2.6.10で専用Bracersを得て化けた。
2.7.1以降はセットがnerfされたが、Bracersの効果は変わっていないので「本体より分身の方が火力がある」こと自体は以前と同様。

長所

  • 高火力でありつつセット効果で非常にタフ(Necromancerの中では)。
  • 多くのビルドが嫌う狭い通路での戦闘が得意。
  • 専用Phylacteryが特に無いので、Off handはAffixさえ良ければ何でもよい。

短所

  • ダメージ面・リソース回収面ともにAddsを呼ばないRift Guardian/Bosses戦が単調。
  • 位置取りに慣れが要る。最適ポジションはMAP次第なので多数のRiftをこなす必要がある。
  • 主砲のコストが重い上に低コスト化する手段も無く、素直にGeneratorで回収する必要がある。

戦い方

Riftの入り口でSimulacrumを起動。大抵の場合、Simulacrumのキーをクリックするのはこの1回のみ。

Blood Rushおよび徒歩でProgressポイントの良いmobやEliteを探す。接敵したらBone Armor/DislocationでStunさせKrysbin’s Sentenceを起動しつつ、距離を取ってBone Spearで狙撃。
2体のSimulacrumは本体の両脇に立つことを優先して位置取りをするため、上手く本体と彼らのBone Spearが交差することを意識する。
当てる優先度はSimulaclamが放つBone Spearの方が高いので、本体が上手く誘導しよう。

Essenceが枯渇したらGrim Scytheで回収。分身がコピー出来るスキルなので採用している。使用1回で多数の敵を巻き込むほどEssence回収が良いため、もしBriggs’ Wrathを使っているならCurseでmobを1か所に集めてから刈ると良い。
Grim Scytheは見た目よりレンジが長いが、ある程度接近しなければならないのは事実。敵の傍に行く際は常に離脱用のBlood Rushをキープしておこう。

アクティブスキル

Bone Spear / Blighted Marrow
主砲。属性はPoisonなので、防具のElemental Bonusはそれに合わせる。Easy ContentsではTeeth等他のRuneも使いやすくはあるが、属性が異なるものが多いので1種に絞って構わない。
Bone Armor / Dislocation
Krysbin’s Sentenceのキー兼Scythe of the Cycleのキー。
Decrepify / Enfeeblement or Borrowed Time
基本は前者、Easy ContentsでCDRに興味があれば後者も可。
Simulacrum / どれでも
セット効果で全Runeが乗るので実装は何でもよい。
Grim Scythe / Frost Scythe
Essence回収用。Haunted Visionsの効果で分身もこれをコピーできる。多数の敵を巻き込むほど回収量が良い。
Blood Rush / Potency
Runeはお好みで。

パッシブスキル

 
Stand Alone
Skelton系の大所帯でさえなければ単騎でなくても採用してよい。
Bone Prison
主砲連射が足留めを兼ねる。
Spreading Malediction
Curseが火力アップに繋がる。
Serration
Zei's Stone of Vengeanceに似た距離依存の火力アップ。

装備

メインセットは当然固定だが、2.7.0現在ではCraftセットと重ね着するパターン、Briggs’ Wrathを使うパターンがある。いずれもスキル実装自体は変わらないが、若干戦法や優先Affixが変わる。

 
  • Masquerade of the Burning Carnivalセット
    Patch2.6.9で実装されたNecromancerの第5セット。
    フルセットの場合およびAughild's Authorityと重ね着する場合はCooldown Reductionは意識しなくて良く、Area Damageを重視する。
    ただしCaptain Crimson's Trimmingsと重ね着する場合のみ、火力源であるCooldown Reductionおよびダメージカットに換算されるResource Cost Reductionを重視する必要があり、他の仕様と優先Affixがガラっと変わる。
    Bone Spear +15%がHelmとBootsに出る。Bone Spearの回転をどう感じるかで、HelmにTopazかAmethystを填める。
  • Haunted Visions
    Simulacrum永続化とコピースキルがGrim Scytheになる効果を持つためほぼMasqueradeセットの第7パーツと言ってよい必須Amulet。
    ややDrop Rateが低め。
  • Gelmindor’s Marrow Guards
    2.6.10でこのビルドを一線級に持って行くために新規実装されたBracers。Simulacrumが使用したBone Spearの火力が最大400%向上。
    Aughild's Authority仕様の場合はCube用なので良品を狙わなくても良い。
  • Lost Time
    冒頭の通り、このビルドは直接的な関連を持つPhylacteryが無いのでAugment出来れば何でもよい。一応Cold属性はGrim Scythe/Frost Scytheで起動出来るのでこれがよく選ばれている。
    理想品を言えばInt・Crit Chance・Area Damage・Bone Spear +15%。
  • Briggs’ Wrath
    Curseを撃ち込むとTarget地点に敵を引き寄せる。
    Bone Spearを撃ち込む際、およびGrim ScytheでEssence回収する際ともに非常に役立つが、火力強化が無いためオプション的な存在。

Legendary Gem

Kanai’s Cube

  • Maltorius’ Petrified Spike
    Bone Spearのコストが倍化する代わりに火力向上。倍率が高いのでコストを圧しても使いたい。
     
  • Razeth’s Volition
    フルセット仕様の場合はこれ。Essenceがフル以外のときダメージカット。このビルドではほぼ常時発動と言ってよい。
     
  • Ring of Royal Grandeur
    重ね着仕様の場合は当然これが必須になる。

その他

PTR実装以来、user feedbackではBone Spear以外のスキルを強化対象に含むことが望まれていたが、初期設計を崩さないまま火力を補って第一線に躍り出て来た。
Season22はKanai’s Cubeの4th SlotにReilena’s Shadowhookを入れられたため火力が非常に高く、オプションのBriggs’ Wrathが好んで採用されていた。2.7.0以降は火力が想定内に戻るためCraftセットとの重ね着が主体になっている。

 

Aughild's Authority仕様例
Masquerade of the Burning Carnivalセット:Helm・Torso・Glove・Pants・Boots
Aughild's Authority:Bracers・Shoulder
Cube防具枠:Gelmindor’s Marrow Guards

 

Captain Crimson's Trimmings仕様例
Masquerade of the Burning Carnivalセット:Helm・Shoulder・Torso・Glove・Pants
Captain Crimson's Trimmings:Belt・Boots
Cube防具枠:Dayntee’s Binding

コメント

  • とりあえずSolo GR用でまとめました。何でもできるビルドなのでNormal Rift仕様とか加筆いただければと思います。 -- 2020-11-19 (木) 11:09:36
  • Necroの専用アイテムのページ、ページ名のアポストロフィが全角のものが多くてリンク通すの結構煩雑ですね…どっかで一括で半角に統一した方がいい気もします。 -- 2020-11-19 (木) 11:11:23
  • PTR 2.7.1でセットがnerfみたいだけど、そんなに強いか?火鳥の方が一つ抜けてる気がするんだけど。 -- 2021-06-12 (土) 10:05:45
  • しかもnerf幅が馬鹿デカいんだよね。明らかに4th slotにShadow Hook入れてたシーズンの性能準拠でnerfしてる。開発エアプすぎるわ -- 2021-06-13 (日) 05:22:48