【魔瘴魂ゼノドラゴン】

Last-modified: 2021-04-23 (金) 09:07:50

概要

Ver.5.5前期ストーリー【闇の根源】に登場するボス。
【異界滅神ジャゴヌバ】の命令により、【ザハディガル岩峰】の魔瘴塚にとりつき魔瘴を放出している【魔瘴魂】の一個体。
【女神ルティアナ】の魂が宿った【世界樹の花】の蝶が魔瘴を浄化する間の繋ぎとして主人公たちが戦うことになる。
姿は紫色の【ドラゴン】で当然【ドラゴン系】。「ゼノ」とは外来種・外からやって来た者という意味であり、自然発生した魔瘴魂では無く、ジャゴヌバの意志で能動的に生み出された生物である。

戦闘

使用する攻撃

HP50%から使用

  • 【魔蝕の沼】:沼を3つ設置し、約3秒後に700程度のダメージ+呪い+混乱+幻惑

攻略

HPは155000程度。
この戦闘には【ユシュカ】が加わる。
必要な耐性が多いが、無対策だと神速メラガイアーがかなり痛いので呪文耐性を優先したい。
ただ魔蝕、魔蝕の沼の使用頻度も高いため耐性がつけられない場合は敵の行動に注意を払って的確に避けられるようにしておきたい。【キラキラポーン】【弓聖の守り星】で対策するのも手。
ザキは怒り時しか使用しない上に耐性がなくてもそこそこはずれるので即死耐性の優先度は低い。
また攻撃力も1800弱とかなり高く連続かみつきはおろか通常攻撃でも即死級のダメージを与えてくる。特に連続かみつきはユシュカでも耐えられないため迅速に蘇生しよう。
状態異常が多い上に火力も高めなため無策で挑むと苦戦は免れない。こいつはただの魔瘴魂なのだが、場合によっては大物である【邪神ヴァニタトス】より強く感じられるかもしれない。