Top > 【ぎんのかみかざり】


【ぎんのかみかざり】

Last-modified: 2019-07-18 (木) 07:36:38




概要 Edit

DQ5~DQ9、及びリメイク版DQ3に登場する女性専用の兜(頭部防具)の一種。
DQ4で登場している【きんのかみかざり】が、銀製になったもの。
何故金から銀に格下げされたのかという気もするが、金は比重が重いので、防具としては銀の方が合ってるような気がする。あるいは【おうごんのティアラ】との兼ね合いか。
金の方にあった混乱耐性が無くなった反面で、DQ5、6では守備力微増&値下げ、さらに無料入手可能。
基本的に中盤で手に入り、兜が装備できない女性陣にとっては貴重な頭部防具である。安価なのも良い。

DQ3(リメイク版) Edit

守備力20。【スー】で760Gで販売されているほか、【ガルナの塔】の宝箱にも入っている。
【女尊男卑】を象徴するかのような装備で、高い守備力の割にとても安価なのである。
(参考:【くろずきん】守18・1,200G、【とんがりぼうし】守21・2,300G、【てっかめん】守25・3,500G)
 
【アレフガルド】も着眼点を置くと、【ミスリルヘルム】守38・18,000G、【グレートヘルム】守45・35,000G
守備力は前者が18、後者が25高い。物理被ダメージに換算すると前者は4.75、後者は6.25。
しかし、コストパフォーマンスは悪い。気にならないなら銀の髪飾りのままでも充分。
 
そして他の女性専用装備と同様、女性であれば全職で装備可能(女【武闘家】にとっては実質最強の兜)。
結果、【上の世界】ではずっとこの銀の髪飾りだけで通すことができ、他の中堅どころの兜の存在意義はほぼゼロになっている。
 
SFC・GBC版では第3の【すごろく場】の宝箱マスからも入手できる。
 
やっぱり女性は優遇されている

DQ5 Edit

初登場。
価格は450Gで、守備力+14。この後DQ7まで同じ数値。
人間の女性キャラなら全員装備可能で、【フローラ】【デボラ】の初期装備になっている。
【おどりこのふく】と同じく、【エンプーサ】は装備できないのであしからず。
 
DQ5のパーティ編成の都合上、序盤・中盤用女性専用装備の例に漏れず、これもかなり不遇な装備品である。
最も早く入手できる場所は【オラクルベリー】のタンスからだが、その頃には装備可能なキャラが1人もいないし売ってしまっても問題ない。
その後しばらく経って【結婚】イベントの舞台となる【サラボナ】で購入可能だが、フローラの部屋のタンスに1個入っているので、買う必要は全くない。
そして、水のリング探索イベントで【ビアンカ】が加入した際に、ようやく出番がくる。
しかし結婚後の妻には【シルクのヴェール】があるため、あっという間にお役御免となる。
【女の子】の初期装備である【けがわのフード】よりは強いが、ラインハットの【コリンズ】を訪れれば【かぜのぼうし】が手に入る。

DQ6 Edit

守備力は14で、かっこよさは25、販売価格は450G。
初入手は【レイドック】(上)のタンス。城の王様の部屋にあるため、ある意味伏線となる。
入手時には装備可能キャラがいないが、後に仲間になる【ミレーユ】の為に残しておくと良いだろう。
【アモール】【うさみみバンド】が手に入っても、後に【バーバラ】に装備させるために残しておくと良い。
【ベストドレッサーコンテスト】で、【ひかりのドレス】【ピンクパール】組み合わせることで高得点が狙えるので、コンテストの早期突破を狙うなら必ず1個は残しておこう。
もし、うっかり手放してしまった場合は、後に【ゲントの村】【カルカド】【クリアベール】で購入可能。

なお、ミレーユとバーバラがこれ以降に装備できる兜は数少なく、また入手できる時期も大変遅くなるため、片方はうさ耳を生やしっぱなし、もう片方はこちらを装備する時期がとても長い。

DQ7 Edit

守備力14、かっこよさ25、販売価格450GとDQ6と全く同じ。
過去【フォーリッシュ】で売られているのだが、それよりちょっと早い段階で、現代【魔封じの洞窟】で守備力15の【うさみみバンド】が手に入ってしまう。
この時期に装備できるのは【マリベル】だけなので、全く出番はない。
一応【アイラ】の初期装備でもあるが、さっさともっといい兜に換装してやろう。

DQ8 Edit

守備力24。【サザンビーク】で1450Gで市販。
950G(ドロップ入手も可能)の【サンゴのかみかざり】と守備力が4しか変わらないので、あまり買う必要はない。
他にリブルアーチ地方の宝箱(要【まほうのカギ】)で1つ拾える。
サンゴのかみかざり+【シルバートレイ】の錬金でも作れるが、シルバートレイはカジノで入手する必要があるので少々面倒。
そのリターンが守備力+4だけでは錬金で作る価値は薄いだろう。
 
これと【知力のかぶと】【金塊】を錬金すると【黄金のティアラ】が作成できるので、上記リブルアーチ地方で入手したものを保存しておくといいだろう。

DQ9 Edit

守備力6、【ツォの浜】で670Gで市販。回復魔力が8上がる。
あまりいい防具ではないが、同じくツォの浜で売られている、【きんのゆびわ】【きんのブレスレット】と錬金することで上位のきんのかみかざりになる。
ただ、【うさみみバンド】【スライムヘッド】辺りを錬金で作ったほうが安上がりな面は否めない。
そのほか、【シルバートレイ】【てっかめん】との錬金で【ぎんかめん】が作れるが、こちらも微妙。

DQ11 Edit

女性専用の帽子。

-+1+2+3
守備力24262830
魅力40414245

 
【メダル女学園】【プチャラオ村】【クレイモラン城下町】【シケスビア雪原】(キャンプ)で1450Gで購入可能。
【ふしぎな鍛冶】で作成できる。レシピは【銀の使い方】に記載。
必要材料は【ぎんのこうせき】×2、【かがやきの樹液】×1。
 
見た目の雰囲気もあってか、DQ6・7のかっこよさに相当する魅力がやたら高いのが特徴。
【おいろけ】主体の【マルティナ】であれば純粋に火力に繋がるため重宝し、マルティナにとってはこれ以上に魅力が上がる頭部防具は【きんのサークレット】までお預けなので手に入れる価値はある。
しかも店売り品ながら時期的にはかなりのお手頃価格。プチャラオ村までに店売りしている頭部防具と比較すると以下の通り。

レシピは【メルトア】撃破が条件にもなっているため鍛冶での入手は若干遅いため、欲しいのであれば最初にメダ女やプチャラオ村に着いた時点で普通に購入してもいい。
マルティナの初期装備のかげのターバンを売れば50Gのお釣りが帰ってくる。
ただ残りの装備者である【ベロニカ】【セーニャ】は魔力アップの防具のほうが有益なため、用意するとしたら一つで十分。