Top > 武器 > アイアンホルン


武器/アイアンホルン

Last-modified: 2018-03-11 (日) 11:09:52




概要 Edit

  • MHXにて登場した、完全新規の狩猟笛。見た目はスイス周辺の高地で用いられる楽器「アルプホルン」に似ている。
    新米ハンターが最初に扱う鉱石武器に該当する。
  • 従来作品ではゲーム開始時から購入可能な鉱石狩猟笛はメタルバグパイプであったのだが、
    MHXでは新たに登場したこの武器がそのポジションに立った。
    「狩猟笛といったらバグパイプからだろ!」と工房を訪れ、
    見慣れた笛が無いことに戸惑った古参カリピストも多かったことだろう。
    • 尚、メタルバグパイプ自体はリストラされた訳ではなく、後々レア2の武器として登場する。
      アイアンホルンを強化するか、村か集会所クエストを★3まで進めると購入可能となる。
      どうやら他の武器種で言う討伐隊武器のような立ち位置になったらしい。
      デザイン的にはこっちの方が討伐隊武器っぽいが。

性能 Edit

MHX Edit

  • 最終強化で銘を「ウィンドホルン」に改める。
    その性能を見てみると…
    • 高火力が期待できる攻撃力220
    • 安定第一の会心率0%
    • 斬れ味は長大な緑ゲージに匠での増加分はすべて
    • 音色は変わらず
    • スロットゼロ
  • このように、今作の鉱石武器一派の御多分に漏れず、鈍器運用に適したステータスとなっている。
    逆に言えばスキルでカバーしないと、序盤武器をそのまま最終強化したこのタイプはどうしても他に一歩劣る。
  • 斬れ味が低い鈍器運用武器の問題点として"弾かれやすい"という点があげられるのだが、
    狩猟笛には"はじかれ無効(自分強化)"の旋律があるので、心眼スキルが必要にならない。
    • 紫音符が無いのを欠点と見るプレイヤーもいるが、
      赤黄音色の笛では紫音符があったとしても火耐性が強化されるくらいなので、大きな問題にはならない。
  • ボーンSシリーズで笛吹き名人とKO術と鈍器使いを発動できるため、
    上位に上がりたてのハンターや、ウィンドホルンを使ってみたいハンターはこの防具を揃えると良いだろう。

MHXX Edit

  • G級の強化では上位で得られなかった紫音色を手に入れ、スロットも追加される。
    ただしG★1での強化に必要なランポスの大厚皮は森丘の採集ツアーの乱入ぐらいしか安定した供給がないため、
    地味に強化は面倒である。
    • 後の強化を考えるとランポスの大厚皮が余分に必要になるが、
      ウィンドホルンとして一発生産することもできるようになっている。
  • G★4で究極強化できるようになり、銘が「グランホルン」となる。
    グランホルンの性能は
    • 比較的高めの攻撃力330
    • 特に変化のなかった会心率0%
    • 斬れ味は素で長めの、斬れ味レベル+1からが出るが紫はなし
    • 音色は
    • 最終的なスロット数は2つ
    上位から順当な強化である。
    音色の都合上紫音色を得ても攻撃力強化【小】しか使えないが、
    G級でも攻撃力強化【小】しか使えない笛はそこそこあるためそこは問題ではない。
    むしろ旋律込みの物理期待値で見ると3位まですべて【大】が使えない
    とはいえやはり斬れ味が良いとは言えず、攻撃力が突出しているわけでもないため、
    実用性で見ると上位互換になる笛はいくらでもいるといったところ。
    とはいえ攻撃力強化の旋律があるため好みで使っても足を引っ張るほど弱いということはない。

関連項目 Edit

武器/鉱石武器
武器/メタルバグパイプ - かつての初期&鉱石武器。