武器/スターナイトソード

Last-modified: 2019-06-10 (月) 13:19:07

MH4GとMHXに登場する片手剣。
アミューズメントパーク『ユニバーサルスタジオジャパン』とのコラボ武器の一つである。
1月23日より同パーク内限定で先行配信されたイベントクエスト「USJ・ティガレックス3D」をクリアする事で作成可能となる。

概要

  • 剣は納刀時はレイピアのような細い芯しか無いが、抜刀すると柄から水晶の如き青く輝く厚い刃が発生し、
    盾も豪奢な装飾で彩られていて非常に美しいが、こちらも抜刀すると盾の縁から翼のように水晶のエッジが伸びる。
    分かりにくいが、刀身には「USJ」の文字が刻まれている。
  • 製作にはクエストクリアの報酬でもらえる「スタジオWパス」とそのクエストで戦えるティガの素材が必要で、
    その中で求められるのもせいぜい重牙や剛爪、そして大竜玉くらいと製作難度自体はそんなに高くない。

性能

MH4G

  • いざその性能を見てみると、
    • いきなりの高攻撃力392
    • お世辞にも高いとは言えない水属性160
    • 元より結構な青ゲージと白ゲージ、匠で白ゲージがさらに延長、紫ゲージも出現
    • かなり嬉しいスロット3個
  • このようにかなり物理寄りに振った性能となっている。
    高攻撃力と控えめの水属性を持つ片手剣と言えば正統十字ペリスケリスが思い浮かぶだろう。
    向こうは攻撃力392と同等で、水属性値は260と上回られており、さらに+50もの防御力が付与されている。
    • しかし、斬れ味のバランスが悪く攻撃力を維持するには頻繁に砥石を使う必要があるペリスケリスに比べて、
      スターナイトは元より長い青ゲージと白ゲージを備えており、匠を抜いても高い継戦能力を発揮できる。
      加えてスロットが3個も付いているのもこの武器の汎用性を高めるのに一役買っている。
      これで極限強化が可能だったならば拮抗できたのだが……。
  • 同クエストはG★1許可証で受注可能であり、G級上がりたての段階で作れてしまうのも強み。
    その特性上とあるG級中盤の難関クエでは最適解ともいえる性能である。
    しかしこのクエストに出てくるティガは最大クラスの個体なので、
    G★1に上がってきたばかりのハンターにはいささかハードルが高いとも言える。
    自信がないという人はオンラインで人を募った方が良いだろう。
  • しかし2015年4月当時この武器を作成するに当たって最大の問題は、このクエストを入手出来ない事。
    既に先行配信期間が終わったためクエストをDLしていない場合は、このクエストの所持者にオンラインや
    ローカル通信で巡り合い、尚且つその所持者が受注しない限り作成不可能な状況となっていた。
    開発側も問題は認識していたようで、後日USJにて再配信が行われている。
    • 現在ではクエストの一般配信が開始されているため、この問題は解決している。

MHX

  • 前作から続投。
    入手するためのクエストは2016年4月1日以降、USJにて先行配信中。
    スタジオWパスで作れることも同じである。
    最終強化では、スターナイトソードからエターナルソードへと銘を変える。
  • では、今作の性能はというと、
    • 正直物足りない攻撃力180、会心率0%
    • 前作とは違い、水属性から氷属性となり、片手の手数を考慮しても実践的と言い難い属性値15
    • 匠で延長できない白ゲージに、そこそこ長い青ゲージ
    • 今作では非常に珍しいスロット3
    と、前作から、属性値がほんのちょっと下がり、物理性能を大きく下げて属性を変更した武器となった。
    魅力的なスロット3、素の白ゲージはあるが、物理、属性ともに性能が低く、強いとは言えない。
    なにより、氷属性では非常に強力なライバルである、ハイフロストエッジがある。
    あちらは素で青でしかないが、それ以上に、攻撃力、属性値では大きく突き放しており、そしてスロット2を持つ。
    スロット1の差でスキルの有無が分かれでもしない限り、採用価値は薄いだろう。
    納刀時の見た目が、後ろにさすのではなく、左の腰あたりに下げる形になるので、見た目装備としては優秀だろうか。

MHXX

  • 限界突破と究極強化に対応。銘を更に「インフィニティソード」に変える。
    • 攻撃力300、会心率0%
    • 氷属性値18
    • 白ゲージ50を匠で延長可能だが紫は出ない
    • スロット3
  • 素の物理期待値は氷片手剣で最下位。
    属性値も低いので火力にはほとんど期待できない。
  • 性能的にはタスクギアの究極強化「マインカルコス」と競合する。
    同じスロット3を持ち、攻撃力と属性値はあちらが上。白ゲージはこちらの方が20長い。
  • 獰猛化素材や古龍の大宝玉を用いるので作製がやや面倒。

グッズ

  • USJクエストが配信された元イベントであるモンスターハンター・ザ・リアルで発売されたコラボグッズの一つとして、
    このスターナイトソードを模したベルト付きカバンが販売されていた。
    ほぼ実物大のスターナイトソードのぬいぐるみの側面にチャックが付いており、開閉して物を入れられる。
    実際に柄部分を持って装備する事もできるが、盾はついていない。
  • ベルトは「鍔」の部分と剣先の部分を繋いでいるのだが、
    片手剣の納刀状態と同じように装備しようと思うとカバンとしてバランスが悪いため、
    装備するなら大剣や太刀のように背に背負う事になる。

関連項目

クエスト/USJシリーズ
武器/スターライトゲート
武器/スタールークアクス
武器/双星の紅蓮刃
武器/気炎の太刀
防具/USJシリーズ