Top > 武器 > フィオレセロ


武器/フィオレセロ

Last-modified: 2019-07-17 (水) 17:08:07

概要 Edit

  • 飛甲虫の素材で作り出されたガンランス。
    盾と槍のどちらもブナハ防具に似た紫色の非常に目立つデザインをしている。
    派生するベルデとルージュはそれぞれ鮮やかな緑と淡い赤色となり、
    こちらも透き通ったような質感と合わせて非常に美しい。
  • MHXで登場したブナハ武器の新作で、
    名前や属性も片手剣狩猟笛などと同じ命名規則に則っている。

性能 Edit

MHX Edit

  • 生産時の性能は攻撃力80、斬れ味はこの時点ならば十分な緑ゲージ、
    砲撃タイプは通常型のLV1と他のブナハ武器同様の並程度の性能。
    初期ではスロットは空いていないが、
    強化をしていくとLV3とLV5で1個ずつスロットが増えていき最終的には2つ空く。
  • ブナハ武器お馴染みの派生はLV2からは火属性のルージュと、
    麻痺属性のベルデへと、派生させることができるようになる。
    LV3まで強化すると同じく甲虫種のモンスターであるセルタス種のガンランス、
    ミスタゴアードへと派生することができるようになる。
    そしてそのまま派生させずにゲネル・セルタスの素材を、
    使って強化していくことでLV6で最終強化のフィオレウノとなる。
  • 最終強化であるフィオレウノの性能は
    • 攻撃力190
    • 斬れ味は素で匠無効の実戦レベルの白ゲージ
    • 砲撃タイプは通常型LV2
    • スロットは初期の0から増えて2つ
    攻撃力こそ低いものの素で白ゲージを持っているため、
    見た目よりは物理性能は低くない。
    スロットも2つ空いており、匠が不要ということもあって拡張性は悪くない。
    しかしガンランスの象徴である砲撃レベルが最終強化に至っても2止まりなため、こちらには期待できない。
    また素で白ゲージを持つ2スロ付きのガンランスとしては、
    セルレギオスの叛逆銃槍ロドレギオンがあり、
    あちらはこちらより攻撃力こそ低いものの会心率や、
    斬れ味修復に加え、砲撃レベルも最高の放射型LV4を持つ。
    入手の手軽さで勝負をしようにもこちらも勇気の証Gや重甲エキスを必要とし、
    簡単とは言えないのでそこでも残念ながら勝ち目はないのである。
  • LV2から派生するルージュとベルデは
    ルージュはスロット3、ベルデはスロット1とスロット数もそれぞれに異なるが、
    砲撃タイプはどれも共通の通常型LV2となっている。
    またこちらは最終強化にレア素材こそ必要ないものの、
    獰猛化重甲虫殻を使うため、強化の負担も大きい。
    それぞれの最終強化性能は
  • フィオレウノルージュ
    • 攻撃力170
    • 火属性22
    • 素で長い青ゲージに匠で白ゲージを得る。
    • スロット3
  • フィオレウノベルデ
    • 攻撃力180
    • 麻痺属性14
    • ルージュより控えめながら長い青ゲージに匠で白ゲージ。
    • スロット1
    どちらも属性値の分物理性能は無属性のフィオレウノよりも控えられている。
    そのせっかく得た属性値もルージュの属性値は、
    残念ながら下から数えた方が早いほど低く、
    残念な物理性能も相まってスロット3を以ってしても擁護できないことになっている。
    最終強化の性能は非常に残念だが、LV1は最速で手に入る火属性ガンランスであり、
    緑ゲージもこの時点としてはかなりの長さがあるため、
    フルフルやウルクスス、ドドブランゴに加えナルガクルガあたりまで対応できる、
    ライトクリスタルの入手が面倒ではあるが攻略用としては悪くない武器である。
  • ベルデの方は属性値は最下位となっているが、
    物理性能は長い斬れ味もあってなんと麻痺銃槍トップとなっている。
    しかし実際のところ属性値14ではあまり麻痺は期待できず、
    麻痺を目的として使う場合はゲネポスのV-クレストが使われることが多い。

MHXX Edit

今作でフィオレウノ達にも究極強化が与えられ、それぞれフィオレドス、フィオレドスベルデ、フィオレドスルージュとなる。
今作のラスボスの種族が種族だけに各種の究極強化に要求されるため、完成時期はHR解放後となる。

フィオレドス Edit

  • フィオレウノから強化された性能は
    • 低いどころか非常に優秀な攻撃力330
    • その攻撃力にしては破格の30、匠で延長不可
    • 更に豪華なスロット2
    • それらを一気にぶち壊す砲撃タイプ通常型Lv3
    なんと素紫ガンスとしてあの真名ウアスアンクと同等の物理性能を獲得してしまった。
    が、その代償として砲撃レベルが上位並みと言う足枷が付いてくる事に。
    物理特化で戦おうにも今作のガンランスはヒートゲージシステムがあるため、砲撃の使用は必須となる。
    • 一応、匠が不要なのでセルタスXとの相性が抜群に良い。通常3を砲術で強化しても微妙なところだが。

フィオレドスベルデ Edit

  • 今作で復活した大雷光虫の素材を加えて強化すると…
    • 麻痺ガンスTOPの攻撃力310
    • 麻痺ガンスワースト1の麻痺属性20
    • 匠不可で先端に僅かな紫と長めの白
    • スロット1
    • やはり低い砲撃タイプ通常Lv3
    前作から一切ポジションが変わっていない。
    相変わらず麻痺属性が低く、麻痺目的なら万福福アイリューシカやVガルランドの方が担がれる。
    一応、麻痺に期待しつつ物理性能を追い求めたい場合に選択肢が上がる。

フィオレドスルージュ Edit

  • なんとフィオレウノルージュが一発生産可能となった。
    今まで作っていなかった場合や他武器種からの転向時にはありがたい措置だが、
    究極強化したその性能はというと…
    • そこそこの攻撃力310
    • 低めの火属性28
    • G級武器にしては悲惨過ぎる青110、匠で紫10
    • 嬉しいスロット3
    • 案の定砲撃タイプ通常Lv3
    悲しいかな火属性ガンスとしては微妙過ぎる性能である。
    前作では唯一の火属性の3スロ付きガンスであったが、今作では火属性の3スロガンスが2本も追加
    • ひとつはチャチャンバ武器の至高のジューシー銃槍
      素で白ゲージを有しており、匠ありではルージュより長い紫ゲージが現れる。
    • もう一つは龍識船武器の龍識究撃ブウラハガズ
      匠不要で十分な長さの白・紫ゲージを保有している。
    白ゲージすらまともになく、砲撃レベルも低いためこれ以上ない産廃と化してしまった。
    よりにもよって青ゲージが長いため鈍器との相性も劣悪。
    …それ以前に鈍器火属性ガンスならばガンキンガンスのギガスブルトゼニスが存在するため、どちらにせよルージュはお呼びではない。
    しかも性能が普通に産廃程度であるため、話のタネにすらならないと踏んだり蹴ったりである。
    どうしてこうなった…

余談 Edit

  • ベルデの見た目はライゼクスの電荷した翼の色合いにとてもよく似ており、
    知らない人にこれがライゼクスのガンランスだと紹介しても、
    見た目だけなら特に違和感を感じさせないデザインとなっている。

関連項目 Edit

モンスター/ブナハブラ
武器/虫武器