Top > 武器 > ベルダーハンマー
HTML convert time to 0.006 sec.


武器/ベルダーハンマー

Last-modified: 2018-07-20 (金) 01:26:35

MHX初登場のハンマーで、当作品における初期装備でべルダー武器の一つ。





概要 Edit

  • 龍歴院から好意で貰える化石でできているらしい。
    しかしほかの武器種はわりと意匠が感じられるデザインなのに対し、このハンマーの見た目はほぼ完全に石の塊である。
    一応ハンマーの打面に鉤爪のような模様があるため、化石らしさはあるにはある。
    • シンプルなデザインなのは、後述のムービーのためにあえて…なのかもしれない。

性能 Edit

べルダーハンマー Edit

  • 下位においては新しいフィールドが解禁される度にそこの鉱石を採取することにより強化できるので、
    進行度に併せて強化できる特徴を持つ。
    そのためとりあえずこの武器をずっと強化して行き、新しい鉱石を入手次第即強化という流れになるだろう。
    • だが、それはである。
      上記の通り確かに進行度に併せて強化はできるので、その言葉自体に偽りはない。
      しかしベルダー武器の共通の特徴として、
      「そのフィールドに到達した時点で作成できる他の武器より『常に1ランク下』の攻撃力&斬れ味」
      となっている点が問題。
      一応1ランク落ちたおかげかその斬れ味は長めだが、
      ハンマーは高攻撃力&高斬れ味が重要で斬れ味の長さはそこまで重視されず、この点がハンマーと相性が悪い。
      下位でならなんとかこれで乗り切れなくもないが、上位では明らかに実力不足。
      強力な武器が作れるようになったら早めに乗り替えたほうがよいだろう。
    • 最終強化(LV8)は『サージュハンマー』
      LV7から攻撃力が一気に40も上がり210となるが、斬れ味が悪く上位互換的な武器が多数ある。
      そのため担がれることはあまりないだろう。強化素材を集めること自体はそこそこ楽ではあるのだが。
  • MHXXでは『ソフォスハンマー』へと究極強化される。
    上位同様、強化難度が低い代わりに火力は高くない。
    攻撃力320に白止まりの斬れ味と一線級の活躍は難しい性能。一応スロットは3つまで増えたのだが。

オブシドハンマー Edit

  • もう一つの化石製ハンマー。
    ベルダーハンマーLV5から派生でき、そこに獰猛化狩猟の証や古龍の浄血などを投入していく事で、
    通算10回もの強化を経て最終強化『歴耀鎚シデロス』が完成する。スデシロではない。
  • その性能は
    • 高い攻撃力220
    • 長いに斬れ味増加分は全て
    • 会心率0%
    • 属性・スロットなし
    となっている。
    • ハンマー全体としてみれば、弱い方ではないが、
      そのままでは素で白ゲージを持つ武器にあっさり抜かれてしまう。
      ならば匠運用で! と行きたいが今度はこの武器と同等の攻撃力で
      さらに会心率15%を持つグランドスパイクを筆頭にいろいろと控えている。
      • あえてこの武器の利点をあげるなら斬れ味+1の時点で白25を持つ。
        他の匠発動前提での武器は斬れ味+1では白15しかないため、
        斬れ味+1で使用するなら斬れ味サポートが欲しいところ。
        しかしこの武器は斬れ味+1で十分な長さを持つので+2が必要な他の武器に比べ、
        スキルの幅をかなり広げることができるのでそこで差をつけたい。
        ただ、いずれにせよ今作の匠の付けにくさでは素白武器に敵うのは難しいだろう。
  • MHXXでは究極強化で『エテル=シデロス』という銘を賜る。
    そのスペックは
    • 攻撃力は330にまで上昇
    • スデシロ素でを獲得し、斬れ味レベル+1からが出現
    • 新たにスロットが2つ付与
    と、上位から順当に強化されている。
    とは言え、性能は真名バアラトゲバルの下位互換。
    さらに強化素材に古龍の浄濃血を使うため、製作時期で差別化もできない。

エルダーハンマー Edit

  • G級到達直後に解放される第3の化石ハンマー。錆びたような赤色をしている。
    強化に伴いサルビアハンマーフィロゾフハンマーと名を変える。
  • 他のエルダー剣士武器と同様のG級到達直後では破格の攻撃力260に加え、素で白10+青20の斬れ味を持ち、
    スロットこそ無いがG級に挑む初期武器としては申し分のない性能を誇る。
    • が、他のエルダー装備と異なり、この武器には生産段階から極鎚ジャガーノートという意外な刺客が立ちはだかる。
      • 両者を比較すると強化段階では同等の攻撃力を持ち、かつ斬れ味でこちらを上回り、
        最終段階では攻撃で20の差を付けられるうえに素で白50を持ち、
        おまけにあちらはLV2以降では匠を使えば紫ゲージが出ると全段階で性能が完全に食われているのだ。
      • さらに、素材も究極強化に必要な玉座の輝石以外はすべて採取素材と、生産難度でも大差ない。
        おまけに、こちらはラングロトラ素材が必要なので強化はG★2までお預けだが、
        あちらは採取素材だけなのでイベクエを使えばG★1で強化可能。
        激鎚オンスロートまでの異常な量の鉱石素材の要求を飲めさえすれば必然的にこちらにお呼びがかかることは少なくなってしまうのが現状。
  • しかし、G級までオンスロートを作っていなく、即席のハンマーが作りたい場合、この武器が有用。
    ルドロスXを作ったけど良いハンマーがない…そんな時には役に立ってくれる。その装備は双剣の方が相性が良いが
  • ちなみに、究極強化時期はG★4で、性能は攻撃力320に斬れ味が延長不可の白70、スロット無し。
    この頃になるとハンマーとしては過剰な白斬れ味以外は、他無属性ハンマーに性能を抜かれてしまうので、ここまでくればお役御免だろう。

余談 Edit

  • この武器は多くの人がストッパー素材などの関係でとりあえずLV5で放置されていることが多い。
    そして十分素材が貯まったらシデロスへ向けての強化が始ま…らない。
    • なぜかというと都合の悪いことに同じLV5には、
      MHXのハンマー最強武器の一つと名高い轟槌【虎丸】への派生が控えているからである。
      素で白ゲージを持つ高攻撃力の大業物なので、殆どの人はそちらを作成していくだろう。おのれスデシロ
  • そんなベルダーハンマーにも、輝いていた時代があった。
    それはMHXの発売より4ヶ月前に公開された、プロモーションビデオに始まる。
    このハンマーはベルダーシリーズに身を包んだ女性ハンターに背負われており、
    MHXのあらゆる武器の中で真っ先に公開されていた
    さらにオープニングムービーでも、同じくベルダー装備の女性ハンターと共に登場し、
    ディノバルドとの死闘を繰り広げるという活躍を見せた。
    そしてパッケージでも一番手前に描かれており、
    今も尚“MHXを代表する武器”のイメージが強く残っている。
    OPムービーの女性ハンターが人気を集めていたこともあり、
    MHXでハンター生活を始めた時にこの武器を振るってみたハンターも多かったのではなかろうか。
  • 時は流れMHXX。
    集会酒場に初めて足を踏み入れたハンターの目に入るどこかで見た装備の女ハンター。
    そしてその背にはベルダーハンマーが。
    ムービーのハンターと同一人物……かどうかは不明だが、一種のファンサービスと言えるだろう。

関連項目 Edit

武器/ベルダー武器