武器/集めし剛殻の槍

Last-modified: 2016-09-29 (木) 17:44:16

蛇王龍を屠りし英雄に刻まれる
鉄壁の守護への尊敬と侮蔑
汝の魂に義心あらんことを。
(集めし剛殻の槍~鉄壁王イジスレッド)

地に聳える峻岳を創りたもうた蛇帝龍の槍。
第七の終夜を天光の如く駆け闇を斬り拓く。
(帝槍ダラプリゼ、蛇帝槍タンドマデュラ)

概要

  • MH4のラスボスである蛇王龍ダラ・アマデュラの素材を用いて作られたランス。
    強化すると「確乎不抜の不壊イジス」となる。
  • 生産難易度はそれほど高くないのだが、強化になると一変。
    レア素材として悪名高い凶星の破片を4つも使用する。

性能

  • 攻撃力529とアマデュラ武器恒例の高さだが、他の長所だったスロットは2、防御力は+20とやや控えめ。
    それなりの青ゲージを持つが匠でも白は現れず、-20%のマイナス会心は他の武器種並。
    覚醒により麻痺属性120を得るが、麻痺槍枠はパラスピンクロウラーチャルク・ムラーカという二大巨頭が存在する為、
    覚醒が必要というハンデを持つイジスに介入する隙はなく、素直に物理メインで使用することになるだろう。
  • ここで他の高攻撃力槍である角槍ディアブロス衝槍【虎穴】大鬼槍ラージャンと比較すると、
    • 角槍ディアブロスは攻撃力529、会心率-10%にスロ1、
      匠で微小ながらも白出現といった性能となっており、物理期待値は全生産ランス中最高。
      しかし匠無しでは緑止まり、匠で出現する青と白もそれぞれ10ずつと非常に短い。
    • 衝槍【虎穴】は攻撃力483、会心率15%に素で長い青ゲージを持つ。
      スロットは空いていないが、会心込みでのイジスとの期待値の差は僅か0.75。
      ちなみに会心率の都合上、爪・護符を所持していると立場が逆転してしまう。
    • 大鬼槍ラージャンは攻撃力506、会心率0%にスロ1、匠必須の青50を持つが、
      雷属性値が付与されているため、期待値では実質無属性のイジスを凌駕する。
    そのため、防御力ボーナスとスキル自由度のイジス持続力の衝槍【虎穴】
    瞬間火力の角槍ディアブロス総合能力の大鬼槍ラージャンと一応の差別化はなされている。
  • なお、イジスはスロットこそ2つあるが、業物がほぼ必須という仕様上、
    スキルの自由度では業物要らずの衝槍【虎穴】に敗北する。
    業物を発動させる際のスロット消費は匠発動時のそれよりも遥かに軽いため、
    余ったスロットを他スキルに動員できる点で大鬼槍ラージャンとはどっこいか。
    護符・爪を所持している場合の前者とは防御力ボーナスで、
    後者とはスキル自由度で差別化していくことになるだろう。

MH4G

  • そして続くMH4Gでは当然の如くG級強化先が追加。
    「鉄壁王イジスレッド」「帝槍ダラブリゼ」、そして
    蛇帝槍タンドマデュラ」で最終強化となる。
  • 攻撃力736、武器倍率にして320と相変わらずぶっ飛んでいるが
    斬れ味が白止まりなため、見た目ほどの火力は出ない。
    会心率も-10%まで改善されたとはいえ、やはり足を引っ張る。
    また、スロットは2で据え置かれ、防御力は+40まで上昇。
    前作同様、ラスボスの武器にしては微妙な性能。
    • 無属性武器として運用しようとすると絶衝槍【虎獄】が立ちはだかる。
      攻撃力こそ713だが会心率が+20%なのでこの時点で期待値を上回られている。
      そして彼方は匠発動で、短いながらも紫ゲージが出るのだ。
      その一方で前作における圧倒的継戦能力は鳴りを潜め、素の白ゲージは短くなっている。
      「アマデュラ武器ならではの長い白ゲージで差別化すればいい」
      と思う人もいるかもしれないが、残念ながらこちらの素の白ゲージはたったの20、
      運用する上で匠は必須となってしまう。この様に物理性能では虎獄の下位互換である。
      一応、こちらはあちらにはないスロットを2つ保持しているものの、
      それだけでその差を埋められるかと聞かれると…
    • 覚醒で麻痺属性を有する点は上位から変わっていないものの、
      属性値はたったの200しかないためあまり期待できない。
    以上の様に、無属性武器としても麻痺属性武器としても
    他のライバルに押されたりで中途半端で終わってしまう。
    前作よりも使い所が難しい武器となってしまったが、
    強化には天剣の龍神玉古龍の大宝玉がしっかり要求されるため
    そこまでして作る価値があるかというと微妙なところ。

余談

  • イジス」の由来はギリシア神話の女神アテナが所持したとされる防具「アイギス」の英語読み「イージス」か。
    メドゥーサの首がはめこまれているとも言われており、何気に元ネタでも蛇とも因縁がある。
  • 確乎不抜(かっこふばつ)」とは、意志がしっかりしていて動揺しないさまを表す四字熟語である。
    確乎不抜に不壊を重ねてとにかく崩れない、壊れないまさに「鉄壁の守護」を表しているのだろう。

関連項目

モンスター/ダラ・アマデュラ
モンスター/ダラ・アマデュラ亜種
武器/アマデュラ武器
武器/アイギスフォース - 確乎不抜の不壊イジスと由来を同じくする片手剣