カナガワ

Last-modified: 2021-03-29 (月) 12:41:07

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【カナガワ】 ◆殺◆

登場エピソード

 

「ラオモト=サンだ」「彼はほとんどブッダ……ゆえに、反ブッダであるからだ……」


人物

  • アンタイブディズム(反仏教)・ブラックメタルバンド。
  • その筋では実際熱狂的な支持を集めている様子で、特にバンドの創始者であるアーマゲドンの信奉者達の中には、楽曲の歌詞が煽るままに、殺人も含めた過激な犯罪行為に手を染めている者も少なくない模様。
  • ブッダを解剖している様子が描かれたTシャツを公式のバンドTとして販売している。
  • 楽曲内にBPM350の圧倒的超高速なファストチューンが存在することから、ブラックメタルの中でも特にプリミティブで暴力的なものを演奏していると思われる。
     
  • 本来のブラックメタルの凶悪性や悪魔崇拝、反キリスト性などについてはブラックメタル - Wikipediaや、このページ、そしてブラックメタル - アンサイクロペディアなどを参考に。
  • 反キリストを掲げ教会を放火したりする現実社会のブラックメタリストに対し、仏教社会の忍殺世界においてブラックメタルは反仏教を打ち出していると考えればOK。
     
  • 長らくアンダーグラウンドな活動を続けていたようだが、第1部の時間軸中にはデッドフィッシュ・レコード社と契約し、メジャーデビューを果たしていた。それに伴い、過激な反ブッダ路線から無難なダークファンタジー路線への転換を図っていたのだが……。
  • ニンジャスレイヤープラスによる解説はこちら

メンバー

  • 以下はメジャーデビュー当時のメンバー。結成当時のメンバーはアーマゲドンのみとのことで、このバンド構成に至るまでにメンバーチェンジは幾度も行われてきた模様。
    • アーマゲドン(ヴォーカル、ギター)
    • ヘルゲート(ドラマー)
    • キョウアク・ハンザイシャ(サブヴォーカル、ベース)
    • トータルマサカー(ギター)
    • マーダーオイラン(シンセ尺八)
  • この他、コーラスとしてグルーピーの中から選抜された「奴隷ミコー・プリエステス合唱隊」を連れている。

ディスコグラフィ

  • 1stアルバムのタイトルは「コロス・オブリヴィオン」と判明している。タイトルチューンはファンの間では初期の名曲として知られているようだ。
    • 「オープン・ザ・ヘル・トリイ・ゲート・アンド・エンブレイス・ザ・パワー・オブ・ダーク・ゴッズ」も収録されており、こちらも名曲のようだ。
  • その他、確認されている曲名は「ツキジ・チェーンソー・マサカー」。マサカーはおそらくはmassacre、つまり大虐殺。コワイ!
  • 以下は歌詞の引用。

「コロス・オブリヴィオン」

『私はあまり長くありませんー』(クワイア)
『嘘の舌!/巧妙に隠されたブッダが横行する』

『平安時代の戦争から一時的な忘却により放逐された俺は/ブッダ軍団に再び戦いを挑む/我が手には聖人を殺すために悪魔に鍛えられし冷たい鉄のマサカリ!』

『切断されし聖徳太子の首を見よ/俺は再び蘇りて忘却を殺す!/殺す!殺す!殺す!忘却を殺す!』

『ARRRRRGH!コロス!コロス・オブリヴィオン!』

「ツキジ・チェーンソー・マサカー」

『…第49章/魂は飛翔するブディズムの暗黒征服時代へ/とても淋しいキョート山脈の冷たい雨が俺の不死なる肉体を冷やし/恐れいった水牛達が悲嘆の鳴き声を上げる中/目玉を咥えたハシボソガラスは高く飛ぶ!/血濡れのマサカリを振り下ろし/聖徳太子の首を切断せよ!/俺はその血を祭壇に捧げ…』『……ロード・ブッダの首を切断する!』

『……真の物語を歌う、三度呪われしオイランの声はキョート山脈の寂しい雨に消え。タイガーに騎乗したブッダの軍勢が村々を焼き落とし、油断ならない速度で俺の元へ近づく。剣を取れ。呪われし者達の聖戦の刻。俺は錆び付いた血濡れのマサカリを振り上げ聖徳太子の首を撥ねる!聖徳太子の首を!……』

『スパイラル破滅アーマゲドン/俺は極めて不吉なマサカリを振り上げ/聖徳太子の軍勢と戦う/俺の血は黒/俺は死者の王/俺はブッダの大敵/暗黒の橋が現れ/神無き河を超えて攻める』

「オープン・ザ・ヘル・トリイ・ゲート・アンド・エンブレイス・ザ・パワー・オブ・ダーク・ゴッズ」

『ARRRRG!ブッダの軍門に下った豚の首を刎ねよ!』


ストーリー中での活躍

以下ネタバレ注意重点 クリックして表示

  • メジャー契約締結のしばらく後、中心メンバーであったアーマゲドンが突如バンドを脱退。この時のいざこざで、メンバーが数人死亡。しかし、その後もバンドは継続したようだ。
  • アーマゲドン脱退事件のしばらく後、 ラオモト・カン知事候補の対談番組にヘルゲートが出演している。タダオ大僧正から名誉聖人の称号を戴いたラオモトをアンタイ・ブディストである彼がなぜ支持するのか、というレポーターの問いに対する回答が、上記のセリフである。
    • そして、この応対を聞いたラオモトから多額の賄賂を受け取っている。
    • ソウカイヤのフロント企業であるドンブリ・ポン社のチェーン店では彼らの曲がヘビーローテーションされている事からも、両者の繋がりは容易に想像できるだろう。
  • 第3部「レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド」で、再結成した事が正式に明言された。だがその音楽性は「耳障りだけが過激な音楽」と地の文に評されていたように、かつてのアーマゲドン在籍期のようなアンタイ・ブディズム危険思想は鳴りを潜めているようだ。

一言コメント

「では、そんなヘルゲート=サンは誰にコメントするのでしょう?」「ラオモト=サンだ」

  • チヌ!レノ!マサ!カリ!フリ!オロ!シッッッ!ショートクタイシノクービョーセツダンセヨー! -- 2013-05-09 (木) 06:02:51
  • アーマゲドン=サンへのムラハチ相談がリアルすぎる・・・ -- 2013-05-11 (土) 18:23:44
  • 地味に「~ゆえに、反ブッダである」って深いよな。同じ位の存在がいれば仏陀の唯一性は薄れる訳だから。 -- 2013-06-23 (日) 00:46:09
  • ↑現実のブラックメタルに詳しいヘッズによると、アーチ級アクマはいわゆる偽救世主として「あの男」ばりの奇跡を起こす力と名声を持ってるそうな。だから「ほとんどブッダ。故に反ブッダ」はブラックメタルが聖人を支持する理由としては正しい。後ラオモトの裏の顔を知ってる立場としては「だって支持しないとヤバイんだよ」という本音ともとれる。 -- 2013-06-23 (日) 11:42:27
  • ヘルゲート=サン、ニンジャスレイヤーの音楽界では珍しく音楽やりたいからバンドやってるんだよなぁ。だから権力になびく事もできる。 -- 2013-08-02 (金) 08:55:21
  • マサカーとマサカリをかけてたんだろうか? -- 2013-08-02 (金) 16:37:20
  • まさかぁ -- 2013-08-04 (日) 01:23:50
  • ↑ケジメだ!いや、セプクしろ! -- 2013-08-04 (日) 06:01:44
  • 「三度呪われしオイラン」は些細ながらも伏線・ジツ? -- 2013-08-09 (金) 17:52:56
  • あの発言にそんな意味があったのか?ラオモト=サンに媚びるための適当発言だと思ってた -- 2013-09-19 (木) 21:34:01
  • あの男教典に登場する「反あの男」は、しばらくの間世界を欺いて自分があの男の再来であると思い込ませると言う。それを考えると、「ほとんどあの男」っていうのは実に「反あの男」であると言える。 ここまで考えての発言かは分からないが、実は凄く皮肉めいた発言になっていると思う。 -- 2013-09-19 (木) 21:41:29
  • あの男案件は奥が深いことだなあ(バスタードソードのタツジンから目をそらしつつ) -- 2013-09-19 (木) 21:51:58
  • 神奈川じゃなくて神無側なんじゃないかってどこかで聞いたな -- 2013-11-10 (日) 23:27:03
  • アーマゲドン=サン以外はファッションで音楽をやっている金と権力になびくモータルの豚どもよ -- 2013-11-11 (月) 15:25:51
  • 実際ユーロニモス=サンとカウント・グリシュナック=サンの対立を思わせる -- 2014-01-15 (水) 22:22:46
  • 神流川な・・・? -- 2014-03-26 (水) 19:54:13
  • ↑×3いや実際はまともなのは他のメンバーでアーマゲドン=サンが狂人のキョウアクハンザイシャでしょう。 -- 2014-03-26 (水) 21:13:13
  • ↑ あの男『まあ諸君。ここはひとつ私を殴って手打ちとしないか』 -- 2014-03-27 (木) 01:48:29
  • 普通にキリストっていやあいいじゃん、無理にあの男あの男書かれると読みにくくてしゃあないわ。 -- 2014-03-27 (木) 05:22:44
  • ↑あの男曲解してんじゃねえ! -- 2014-03-27 (木) 09:24:43
  • 軽々にあの男の実名を書くとコトダマパワが暴走してラッコとかに良くないんだ。俺は詳しいんだ。 -- 2014-03-27 (木) 09:47:34
  • 聖徳太子に何の恨みがあるんだよ! -- 2014-03-28 (金) 23:14:41
  • 聖徳太子は10枚の耳を持ったブッダエンジェルだ。アンタイブディズムとしては捨て置けない -- 2014-03-29 (土) 00:42:00
  • 聖徳太子といえば馬小屋で生まれたことが有名・・・我々は馬小屋で生まれた聖人を他にも知っている、備えよう。 -- 2014-03-29 (土) 22:05:27
  • 「アーマゲドン」とか「ヘルゲート」の中にしれっと「キョウアク・ハンザイシャ」が混じってるのに吹く。 -- 2014-04-07 (月) 20:28:13
  • トータルマサカー=サンの「total」には「めちゃめちゃに壊す、行動不能にする」などの意味もある。コワイすぎる! -- 2014-04-07 (月) 23:36:00
  • マサカーがMassacreならジョジョ3部のvs灰の塔戦が思い出されるなあ。あっちだとマサクゥルと読んでたが -- 2014-05-09 (金) 13:00:46
  • 当たり前すぎて誰も指摘してないだけかもしれませんが、ツキジ・チェーンソー・マサカーは『悪魔のいけにえ』(原題:The Texas Chainsaw Massacre)のもじりでしょう。 -- 2014-06-15 (日) 18:57:54
  • ↑いや、俺は言われないとわからなかった  ありがてえ -- 2014-06-16 (月) 22:33:02
  • 欲にまみれても良い、ヘルゲートは死んだメンバーの分までサクセスしてもらいたい。 -- 2015-02-21 (土) 05:43:52
  • どなたかカナガワ神無側説を提唱していましたが現在更新中エピにて神無き河を超えて攻めるという歌詞が確認されましたネー -- 2015-03-24 (火) 12:14:09
  • まあ更新は完結後ということで -- 2015-03-24 (火) 14:31:21
  • キョウアク・ハンザイシャが名前に反して割と常識人 -- 2015-06-02 (火) 17:01:58
  • ヨコハマ・ロープウェイ・クランはカナガワに影響を受けて命名された、という説がふと浮かんだ -- 2015-06-14 (日) 20:02:42
  • なんか3部になってからブラックメタリスト達が活発になってきている。未だ全貌が明らかにならない本編未登場のアーマゲドン2。・・・備えよう。 -- 2015-09-08 (火) 00:19:11
  • ピュアな反ブッダ精神を持ったブラックメタリスト達から見れば、今のカナガワは「ブッダの軍門に下った豚」なんだろうな…カラダニキヲツケテネ! -- 2015-10-11 (日) 15:09:23
  • カナガワ=カムナガラ=神道 って解釈はダメですか? -- 2015-10-12 (月) 16:54:30
  • ヘルゲートが実はニンジャだったって展開はないだろうか アーマゲドンと戦って一人だけ生き残ってるし、音楽系のジツとか使いそう -- 2016-02-07 (日) 22:34:46
  • 現実世界の神話級ブラックメタルバンド「メイヘム」のドラマーはヘルハンマー=サンな。 -- 2016-03-07 (月) 14:20:38
  • チーム・イディオットから意外な高評価。技巧的にはさほどでもないが粗削りなパワに溢れてるとかそんな感じなんだろうか。 -- 2016-03-22 (火) 12:29:21
  • ヤバイ歌詞(ヤバくなくてもシチュエーションに合わないとかも)だがメロディやリズムはイケてるとか歌なんていっぱいある。カラオケで発声練習代わりに君が代とインターナショナルを歌う猛者を知っている -- 2016-03-22 (火) 18:29:23
  • ↑2たぶん、アーマゲドン=サンが生きてる頃のアルバムだろうね。ヘルゲート=サンのは体制寄り過ぎて、チーム・イディオットは嫌いそう。 -- 2016-03-22 (火) 21:43:44
  • そりゃ初期のアルバムならアーマゲドン存命中だろう 彼のピュアな反ブッダ精神は本物だから、アンタイブディストでなくても琴線に触れることもあるんだろうな -- 2016-03-22 (火) 21:51:46
  • アーマゲドン時代のカナガワと比べたら、ヘルゲート時代のカナガワなんてせいぜい「カナガワ、それから」だろう -- 2016-05-15 (日) 17:48:23
  • 現実にありそうな感じがぞわっとくる -- 2016-06-04 (土) 19:59:05
  • 現実のブラックメタルで『○○サンが生きてた頃の作品は本物!○○サンが死んでバンドからいなくなった後の作品はニセモノ!』みたいな意見が実際あるから、カナガワの経緯はそういう現実の話を参考にしてるんだろうな。 -- 2016-06-10 (金) 02:51:12
  • ブッダではなく、“あの男”を解剖している様子が描かれたTシャツを作ったバンドが現実にあるから、Tシャツの元ネタはそれじゃないかなぁと思う。 -- 2016-06-10 (金) 02:57:50
  • ↑2 ブラックメタルや音楽に限らずエンタメ・クリエイティブ集団全般でよく起こる議論ですね。 -- 2016-06-10 (金) 03:07:52
  • まあそりゃメインメンバーがいなくなったら変わるからね。水星=サン亡きあとの女王とか -- 2016-06-10 (金) 17:07:04
  • 現実のレジェンド級ブラックメタルの例だと、バンドのリーダーがベースに刃物で滅多刺しにされて殺されちゃってますね。バンドメンバーが死んで抜けることはエンタメ・クリエイティブ集団全般で見られることだけど、原因がメンバー間で起きた殺人ってのはかなり少ないなのでは。 -- 2016-06-11 (土) 12:22:10
  • ふと思ったんだが、ほとんどブッダである=ゲイでもサディストでもない=反ブッダである、の論理が成り立つよね。 -- 2016-09-12 (月) 04:24:44
  • ヘルゲート=サンみたいな音楽やりたいブラックメタリストが、反ブッダ破壊行為をさせられていたホワイトパイソンのところの連中はある意味カナガワの対極なのだなあ。 -- 2016-09-12 (月) 10:13:15
  • ふと思ったんだが、ほとんどブッダである=ゲイでもサディストでもない=反ブッダである、の論理が成り立つよね。 -- 2016-09-13 (火) 07:38:31
  • ↑ ゲディストではない、でした。シツレイイタシマシタ。 -- 2016-09-13 (火) 07:43:49
  • ブッダと並び立つ聖人=いずれラオモト教が仏教を駆逐する大宗教に=反仏教ブラックメタルとしては歓迎したい……とか? ナムサン!どのみちこじつけなのだ。 -- 2016-09-13 (火) 23:34:04
  • ラオモト=サンを反ブッタと評したのは実はラオモト=サンの裏の顔を見抜いていての皮肉だったかもしれぬ -- 2017-01-11 (水) 17:34:42
  • 「ほとんどブッダゆえに反ブッダ」とはジョジョのンドゥール=サンが言った「悪の救世主」的な意味合いともとれる -- 2017-01-17 (火) 02:42:15
  • ラオモトを褒めている様に見せて、実はラオモトこそが「嘘の舌、巧妙に隠されたブッダ」だとその偽善を暴いているのか。ポエット! -- 2017-03-11 (土) 09:00:26
  • ヘルゲート=サンはヘルカイト=サンめいた格好を想像してしまう -- 2017-04-07 (金) 15:43:01
  • ヘルゲート=サンは明らかにMayhemのドラマー、ヘルハマー=サンが元ネタだろう -- 2017-12-07 (木) 19:54:19
  • アーマゲドン=サンはデッド=サンっぽいしね。それはそうとアーマゲドン=サンは神々の使者の聖水を浴びたら燃え上がるんだろうか。 -- 2017-12-16 (土) 19:31:15
  • キョウアク・ハンザイシャ=サンという名前のインパクトは実際すごい -- 2018-07-11 (水) 22:06:41
  • アーマゲドン=サンはユーロニモス=サンっぽくもある -- 2018-07-11 (水) 23:51:34
  • キョウアク・ハンザイシャは名前の直球ぶりからして同じくメイヘムのメンバーのネクロブッチャーが元ネタかな -- 2018-07-13 (金) 19:55:40
  • 再結成後に耳障りなだけの音楽になってしまったのは何か皮肉めいている -- 2018-07-14 (土) 12:30:21
  • メンバーの多くが犯罪者のガチブラックメタルバンド→無難なダークファンタジー路線という転換を見るとEmperorっぽい気もする。まああっちは曲の路線は最初からシンフォニック路線ではあったけども -- 2018-07-14 (土) 16:20:37
  • 音楽をやろうと権力に迎合している現在より、音楽とか切り捨てて犯罪に走ってた初期の方が輝いているというのが、ゲイのサディストのフィンガーの上だなぁ -- 2019-11-16 (土) 22:10:15
  • リアル世界のアーチ級カチグミ達はしょっちゅう宗教で争ってたそうだが・・ -- 2021-03-08 (月) 16:11:00
  • キョート大がAIブッダを開発したらしい… -- 2021-03-29 (月) 12:41:07

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White