ハトリ・ニンジャ

Last-modified: 2020-01-02 (木) 19:44:53

◆忍◆ ニンジャ名鑑#200 【ハトリ・ニンジャ】 ◆殺◆
"最初のニンジャ" カツ・ワンソーの最後の使徒にして叛逆者。
ニンジャ六騎士を率い、ニンジャ大戦の戦端を開いた。
最も大衆によく知られたニンジャであるが、その伝説は歪曲や脚色が激しい。
真実は伝説を超える。

登場エピソード Edit

  • 無し。但し、様々なエピソードに名前は登場する。
 

人物 Edit

  • ニンジャの祖カツ・ワンソーの弟子のひとりであり、エピソードの断片にしか現れず、未だ謎が多い古代のリアルニンジャ。
  • のちにカツ・ワンソーに反旗を翻し、ニンジャ六騎士と共に東軍を結成。「ニンジャ大戦」の火ぶたを切った。
    • そのような経緯のため、ワンソー陣営のニンジャはハトリ・ニンジャ陣営のニンジャを「ハトリ者」として呼び、憎悪の対象としている。
  • カツ・ワンソーに迫るカラテのワザマエだったらしい。スゴイ!
    • ベッピンという名の娘がおり、これが妖刀ベッピンの名前の由来ともなっている。

元ネタ・考察 Edit

  • 名前の由来は、日本の戦国時代において松平氏や徳川家康の元に仕えた最も有名な忍者であろう人物・服部半蔵からと思われる。
  • また「最後の使徒にして裏切り者」という逸話から、聖書においてかのキリストを裏切った人物・イスカリオテのユダの要素も混じっていると思われる。

ニンジャ六騎士との関係 Edit

  • よくある勘違いだが、ハトリ・ニンジャはニンジャ六騎士ではない。
    • 「ハトリ・ニンジャが六人のニンジャ騎士を率いた」のであり、合計7人いる。
以下2名は失伝したニンジャ。重要なネタバレ注意重点
 
ニンジャ大戦における、古事記にも記されていない真実の一端。ネタバレ注意

一言コメント

コメント欄な