Top > ユカノ


ユカノ

Last-modified: 2019-05-03 (金) 02:24:11

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ユカノ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

...
 

(ホログラフ映像の中のユカノは、何かに気付いたように辺りの様子を窺った。その胸は豊満であった。
「今日のアンブッシュ(不意打ち)には何点もらえるかしら?」


人物 Edit

  • フジキドの師であるドラゴン・ゲンドーソーの孫娘。本名「ドラゴン・ユカノ」。そのバストは豊満である。
  • 祖父と違って非ニンジャながらも、ドージョーで修行を積んできたためかそれなりの戦闘能力を持つ。手負いとはいえシックスゲイツに深手を負わせるなど、その辺のニュービーよりは実際脅威。
  • フジキドとは深い信頼関係で結ばれている間柄で、一応はメインヒロインと言える立場にある。
     
  • 第1部初期のヒロイン的ポジションでありながら活躍も登場回数も少なく、そのうえしばらく物語からフェードアウトし、おまけに再登場時には記憶喪失でキャラが大きく変わっていたなど、第1部作中における扱いはお世辞にも良いとはいえないものであった。
    • そのためか第2回キャラクター人気投票において48位(得票数6票、散々ネタにされた36位の人を下回る)だったり、物理書籍版「ネオサイタマ炎上#4」の特典挿絵(読者投票による)に選ばれなかったりと残念な扱いをされてきたが、第2部終盤から物語において重要な役割を担うことになり、彼女に纏わる重大なニンジャ真実が明かされた。
  • そして第2部最終章「キョート・ヘル・オン・アース」では、捕らわれの姫めいてザイバツの陰謀に翻弄されるも、最終決戦においてフジキド一行と共に戦った。
  • 新たな記憶を取り戻した第3部では、第1部とは逆に悩めるフジキドを導いたり、忍殺世界の謎を紐解いていくポジションとなった。
    • ちなみに彼女のカラテシャウトは「キエーッ!」という独自のものである。悲鳴は「ンアーッ!」。
       
  • オーディオドラマアニメイシヨンでの担当声優は種田梨沙=サン。硬軟兼ね備えた期待の若手である。

外見 Edit

  • ニンジャスレイヤープラス身長一覧表によると身長172cm。「美しい」娘とされる。
  • また、彼女のバストは豊満である。……と、胸の豊満さが脈絡なく地の文に描写されることが多いため、ヘッズからは度々ネタにされている。
  • その上、ヒップも豊満であった。なお、ザ・ヴァーティゴ=サン曰く、ウエストは豊満ではないとのこと。ボン・キュッ・ボン重点!

元ネタ・考察 Edit

  • 名前こそ違うが、「プロトニンジャスレイヤー」において「ユリコ」というドラゴン・ゲンドソー(誤字ではない)のひ孫娘が登場する。おそらくこのユリコの設定が変更され、今のユカノになったと思われる。
    • このユリコだが後に見事なゲイシャへと成長するらしい。この設定は本編に登場するユリコへと引き継がれたようだ。

豊満な胸に斜めに掛けたベルトには更なるネタバレが複数本収まる。◆第2部読了後推奨◆

ワザ・ジツ Edit

  • 修行中の身ながらスリケンを投擲したり、シックスゲイツに致命傷を負わせるほどのワザマエを持つ。しかしフジキドには受け止められ、に攻撃を気取られた場面もあり、やはり発展途上か。そしてそのバストは豊満であった。
第2部終盤以降

ストーリー中での活躍 Edit

ユカノのネタバレは豊満であった。
年代物のワータヌキの置物が、第3部のネタバレを見て、目を剥いていた。
神秘的な第4部のネタバレだ。

一言コメント

そのコメントは豊満であった。