パンデモニウム

Last-modified: 2020-07-05 (日) 20:44:20

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【パンデモニウム】 ◆殺◆

登場エピソード

 

「アマクダリの統率力の前に敵はないのだ。我々は容赦も慢心も知らぬ。マストドンを狩るかの如く、貴様をじわじわと疲弊させ、確実な死へと至らしめる……!」


人物

外見

  • 何の特徴もないボロボロのフード付き装束を纏う。何やら隠者めいた出で立ち。

元ネタ・考察

  • 名前のパンデモニウム(Pandemonium)は、「大混乱」「万魔殿」などの意味を持つ。ジツを見れば、まさに大混乱を引き起こす万魔殿的存在と言える。
    • 最高級電子マイコ音声めいた美声のクリーチャー=サンではない。

ワザ・ジツ

  • カラテ力量は「ニンジャスレイヤーよりも明らかに劣っている」と地の文にて評される。我らの殺戮者のカラテがスゴイすぎるだけとも言えるが。しかしながら、下記のジツによってカラテ戦闘における手数を補うことが可能。
  • 作中では司令塔として全体の戦況を冷静に判断し指示を飛ばしつつ、他のアマクダリ・ニンジャ達との絶妙な連携攻撃を仕掛けて標的を苦しめた。
  • なお、書籍版にて自走アイアンオトメを迎撃した際、シズケサ共々クナイ・ダート派であることが明らかになった。

カラテミサイル

「ヒサツ・ワザ!」

  • 腰だめ状態で胸の前に拳と拳を押し合わせたカラテ姿勢から、「ヒサツ・ワザ!」のシャウトと共に背中から黒い小光球状のカラテミサイルを次々に出現させる。
    • 万全時なら、一度のジツ発動につき3ダース程のカラテミサイルを生みだせる模様。一発あたりの威力はおおむねカラテフック一撃分ほどらしい。
  • 出現したカラテミサイルはパンデモニウムの周囲を自動的に高速旋回する。迂闊に近接カラテを試みれば、カウンターめいて旋回中のカラテミサイルを連続で叩きこまれ、ダメージを受けることになる。
    • 彼の装束がボロボロなのはこの自ら生み出したカラテミサイル群が原因の模様。
    • パンデモニウム本人の言によれば、相手の攻撃とカラテミサイルが同時命中した場合でも、相手の姿勢は崩れているため有効打にならないとのこと。
  • また、腕の周囲にカラテミサイルを旋回させながらカラテを繰り出し、打撃のインパクトと同時にカラテミサイルを連続命中させる攻撃も見せている。
  • ナラク・ニンジャ曰く「燃費の悪いジツ」。作中でもジツの連続使用によりカラテが底を突く場面が見られた。

ストーリー中での活躍

「これは編集者=サンがネタバレの格納に失敗したためであり…」

  • シャドウドラゴン、シズケサと共にトコロ・スズキが娘ユンコに託したスズキ・マトリックス理論の論文データ奪取に向かう。
  • 立ち塞がったニンジャスレイヤーに戦力を集中させ、巧みな連携であと一歩のところまで追い詰めたが、その間に目的の論文データを特許放棄の状態で流出させられてしまう。有能ではあったが、出世欲に目が眩み、成果アッピールの為に戦力配分を誤った格好である。
  • さらに追い詰めたかに思えたニンジャスレイヤーがナラク化したことであっさり形勢逆転。前の失態でチバの不興を買った彼は、ケジメとして撤退戦の責任を取らされる羽目に遭う。
  • そんな彼の最期は、インガオホーというにはあまりにもムゴイものだった。

「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!……サ、サヨナ……」「イヤーッ!」「グワーッ!」

  • ニンジャスレイヤーとの一騎討ちでは、カラテミサイルとスリケンの打ち合いでジリー・プアーに追い詰めたと思いきや、ナラク化したニンジャスレイヤーのニンジャ耐久力の前に逆にジリー・プアーに追い詰められ、慈悲無き連続攻撃の前に散った。
    • しかも上記の台詞通り、爆発四散する寸前で更なる攻撃を食らいサヨナラキャンセルされ、なおも殴られ続けるという前代未聞のオーバーキルである。
    • あまりにも前代未聞であるため、上記の「サヨナラ」はニンジャスレイヤーの油断を誘うための演技(死んだふり)だったのでは?との声も。

書籍版での活躍

  • Twitter連載版と同様、無慈悲な連携攻撃でニンジャスレイヤーを追い詰める。さらにアイアンオトメを乗っ取った上、機能停止のダメージを与えて後顧の憂いを絶つも、肝心のメインプランが崩壊した事により戦局は一変。アガメムノンの進言により、撤退命令が下された。
  • 撤退作戦の指揮命令を受けたパンデモニウムはシャドウドラゴンとシズケサを離脱させ、自らは死力を尽くし死神と渡り合う。双方、満身創痍で打ち合う中、アジトの自爆に巻き込まれて分断。足を負傷しつつも撤退を選択したパンデモニウムの耳に届いた音は……荒々しいモーターエンジンの排気音!『ハローワールド』そして再起音!

((どちらだ……!どちらへ飛ぶ気だ!ニンジャスレイヤー=サン!))

  • 厚い壁を背にした自分に突っ込んでくる鋼鉄キャノンボール。そんな想定外の戦闘データの前で、生存を賭けた一瞬のカラテ選択を迫られた!
     
  • なお、書籍版ではナラク化(「ニンジャスレイヤー・アブノーマル・リアクション・アゲンスト・カラテ・アージェンシー」)の文言自体を廃すなどの調整がある。それに伴い、パンデモニウムも功名心よりも有能な指揮官の面を重点されている。
  • その任務もニンジャスレイヤー抹殺が最優先であり、キングピンの増援要請に応じてシャドウドラゴンに打診するも「命令を受けて無い」と応援を無碍に断られているので、戦力分布の不備を彼の所為と断じるのはやや酷であろう。

Twitter連載版:「僕に無駄なアッピールと点稼ぎを行ったのが原因だ」
書籍版:「アマクダリ・アクシスは、貴様の戦闘データ披露欲求を満たす場ではない!」

  • 心情的にはチバも戦闘続行したかったのだが、その苦渋の撤退命令に対してアガメムノンへ再考を求めたのがパンデモニウムのウカツ!処刑サインと共にIRC回線を切断させたのを見るに、万が一戻って来られたとしてもセプクものだと思われる。

一言コメント

パンデモニウムは再び口を歪めた。総帥へのコメントアッピールは十分だ。

  • まだ爆発四散してないのに何故過去形… -- 2012-12-11 (火) 19:53:18
  • どんなニンジャであろうと最後には必ず死ぬ。まさしく驕れる者は久しからず、ショッギョムッジョの響きありな。 -- 2012-12-11 (火) 20:37:55
  • エルダーコングの位置に配置して万全の相手とイクサしたらどうなっていたか… -- 2012-12-11 (火) 20:40:44
  • MRLでのイクサ描写を見る限り、指揮能力にも長けているようである -- 2012-12-15 (土) 14:04:04
  • MRL・・・マグロ・リアリティ・リンク?マグロ・・・マグログワーッ -- 2012-12-15 (土) 16:31:56
  • パンデモニウム=サンとパンデモニウムさんは実際別物 -- 2012-12-23 (日) 18:50:49
  • いちいち「ヒサツ・ワザ!」とシャウトしなきゃ出せないんだろうかカラテミサイ -- 2013-01-07 (月) 12:55:23
  • ル・・・ -- 2013-01-07 (月) 12:55:30
  • ワイルドハント=サンっぽいアトモスフィア -- 2013-01-19 (土) 22:46:54
  • 「サヨナラキャンセル」の家庭用カラテゲームめいたアトモスフィアに腹筋が爆発四散 -- 2013-09-06 (金) 09:51:43
  • ↑×4 カラテシャウトをしないと威力が半減な。俺は詳しいんだ! -- 2014-04-25 (金) 14:11:34
  • ヒサツ・ワザ! -- 2014-05-29 (木) 00:37:32
  • 「シャウト聞いてから回避余裕でした」とか実際ありうるのでは? -- 2014-08-29 (金) 11:48:35
  • ゲージを消費する代わりに暗転で発生保証が付く。俺は詳しいんだ。 -- 2014-11-14 (金) 01:26:03
  • 格闘ゲーム的に言うと飛び道具じゃなくて設置技だから「そこにある」という事実自体が相手へのプレッシャーとなる。つまりヒサツ・ワザ!のシャウトそれ自体を含めての戦術的攻撃と言える。実際攻撃手段というよりは防御優先な。俺は詳しいんだ -- 2015-02-28 (土) 00:51:34
  • 実際この人のカラテミサイルは飛び道具というよりはロックマンのスカルバリアやプラントバリアを連想させるな。 -- 2015-06-27 (土) 20:28:28
  • パンデモニウム=サンだと・・・? シンパチ=サンに食されたはずでは・・・? (彼は勘違いしていた) -- 2015-06-27 (土) 21:26:02
  • ジツの使い方が悪かったというより、カラテが枯渇するまで使っても倒しきれないような相手自体が珍しいんだろうな -- 2015-06-28 (日) 05:43:35
  • 書籍版ではイクサの流れが違った。 こちらの彼の最期もムゴイ過ぎる…… -- 2015-07-25 (土) 23:59:23
  • 巨大トレーラーといい最近は轢殺がトレンドなのだろうか(顔を覆いながら -- 2015-07-26 (日) 00:02:12
  • ????「私にいい考えがある。顔を剥ぐんだ」 -- 2015-07-26 (日) 00:11:01
  • オートボット・モータークランのエンペラー・オブ・デストラクション=サンは帰ってくれないか! -- 2015-07-26 (日) 01:41:14
  • 「もうちょっと勿体つけようぜ、↑=サン」「オフェンダー=サン、お前のダガーナイフを貸せ」「え?」「命令DA!」 -- 2015-07-26 (日) 02:01:21
  • オフェンダー・プライム   という凄まじいパワワードを思いついた -- 2015-07-26 (日) 02:06:06
  • 書籍版を読むとついニチョーム・ウォーの撤退組と比較してしまう -- 2015-07-31 (金) 17:56:04
  • 最期がうしおととらの悟りめいたPK戦もとい心理戦に改稿されていた ナンデ? -- 2015-07-31 (金) 22:47:53
  • Twitter版ではアマクダリ側のウカツとも取れた部分がなくなって、強敵感が増していたことだなあ -- 2015-08-01 (土) 16:43:21
  • ↑↑ナラクスイッチの入ったフジキドと渡り合っているのはおかしいという判断かなきっと -- 2015-08-05 (水) 21:52:17
  • 書籍版だとサヨナラキャンセルないじゃんナンデ!? -- 2015-08-09 (日) 00:52:52
  • ゲディスト…もといフジキドの「私が一番オトメを上手く扱えるんだ(だからはよ返せ)」アッピールの犠牲になったのです。アッピール重点キャラだったがために -- 2015-08-09 (日) 10:10:07
  • 格ゲーに出たら体力がなくなってもサヨナラキャンセルコマンドで復活したりできるのかもしれない(ゲームのう -- 2015-08-18 (火) 13:31:01
  • 書籍版サップーケイにも出てきたけど、正直何しに来たんだという印象。ツイッター版にも登場していたウドンとシズケサでさえ、このエピソードでの出番は僅かしかないのにねえ -- 2015-12-10 (木) 20:15:36
  • 時系列明記と三人セットの印象を与えたいからでしょうかネー -- 2015-12-11 (金) 10:24:41
  • 新世代型ニンジャ、知ってるぅ? -- 2016-01-05 (火) 23:14:37
  • Twitter版実況で最初のアマクダリ襲撃の際アクシズ勢全員でニンジャスレイヤーに掛って戦略目標を逃したのは問題ではないかと指摘したヘッズがいたが、彼の末路を考えると実際タダシイだったのだなあ -- 2016-08-29 (月) 00:04:51
  • 彼のサヨナラキャンセルはターボアサシン=サン同様に自爆を試みた結果ではないだろうか? -- 2016-08-30 (火) 23:29:49
  • バリアはれても服はボロボロになるのかw -- 2020-07-05 (日) 20:44:20

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White