Charger (SRT8)

Last-modified: 2020-05-27 (水) 09:06:59

基本スペック

駆動方式[FR]/ミッション[5速]
初期馬力[300PS](実車は425PS)/カーナンバー:60-59

dodge_02.jpg

全長:5,100mm
全幅:1,895mm
全高:1,510mm
最高速度:351km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【マッスル野郎】
夏休み称号【】
ワンメイクバトル【チャージャーキング】
エンジン形式バトル【V8選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説の】
期間限定首都一TA・2【俺のチャージャー】
 

備考:5DXより追加。
車体サイズより、全長ではM6 グランクーペが登場するまでは、シリーズ全車種中 唯一の5m超級 と最も長く、全幅では全車種中第6位(R35と同じ)の広さを持つ。
平面サイズとしては、約9.7m^2とシリーズ全車種中最大であったが、5DX+でこれよりも僅かにだが大きい車、アヴェンタドールが登場。そのため全車種中2位の平面サイズ。
しかし相当デカいことには変わりはない。バチコン(ロケット)には相当警戒し、擦り抜けも慎重に。

特にストーリーモードで無敗を狙う場合はバチコン(ロケット)になおさら警戒を。
不思議なことに、真後ろで押した状態で走行すると、ADVANTAGEが5m差のはずが4m差になるバグ?がある。

ブーストはアメ車らしくかなり強い。が、旋回中はしっかりアクセルを調整しないと全く踏ん張らない。
対接触性能は厨車すら簡単に封じめることが出来る強さ。
実際に運転すると分かるが、とにかく「デカい」「重い」「曲がらない」の三拍子。さすがマッスルカー

しかし、それらを余裕でカバー出来る程の加速力、そしてブロッキング性能*1と攻撃力を併せ持つ。うまく乗りこなせば強力なマシンとなる。
ストーリーモードは、その対接触性能の高さで、ライバルカーを複数台ブロックして封じ込めたり、強力なブーストで強引なオーバーテイクを決めて、100連勝特典のレースメーター獲得に持ち込める*2
乱入対戦ではかなり手強い存在に成りうるが、ある程度はなされてしまうと追いつくことが不可能となる点に要注意である。
以上の事から、腕に自信のある上級者向けの車で、腕試しに持って来いの車。
対戦ではミスのない堅実な走りでついていくテクニックが求められる。

選択可能カラー

トーレッド
ブライトシルバーメタリッククリアコート
ブリリアントブラッククリスタルパールコート

追加カラー

1回目イエローメタリック21回目レッド
2回目オレンジ22回目シルバー
3回目ブルーグリーンメタリック23回目ブラック
4回目ライトパープルメタリック24回目イエローグリーン
5回目ライムグリーンメタリック25回目ダークブルーメタリック
6回目ブルー26回目ダークバープル2メタリック
7回目ゴールド27回目ガンメタル
8回目ダークレッドメタリック28回目ダークレッド
9回目ライトブロンズメタリック29回目グレーメタリック2
10回目ライムグリーン30回目ダークブラウン
11回目パープルシルバーメタリック31回目ペールブルー2メタリック
12回目イエロー32回目ダークオレンジメタリック
13回目ブルーメタリック33回目ライトイエロー
14回目ダークピンクメタリック34回目ピンク
15回目ミントグリーン35回目ペールグリーン
16回目ブラウン36回目ワインレッドメタリック
17回目オリーブメタリック37回目ライトブラウンメタリック
18回目ダークグリーンメタリック38回目ダークブルー2
19回目オレンジイエロー39回目ライトレッドメタリック
20回目パールホワイト40回目スカイブルー

チャージャーカラー1.jpg


エアロパーツセット

A:元々大柄なボディがさらに大きくなるエアロ。アザーカーのすり抜けなどにはかなり注意が必要となる。
フロントのみオーバーフェンダーが付く。
チャージャーA.jpg

B:フォーミュラD参戦車のようなドリ車エアロ。
チャージャーB.jpg

C:
チャージャーC.jpg

D:
チャージャーD.jpg

E:十字部分は黒固定。ツーリングカーのようなエアロ
チャージャーE.jpg

F:純正生かした形状

チャージャーF.jpg

G:エアロE同様レーシーなエアロ。フロントの当たり判定がより厳しくなる為注意
チャージャーG.jpg

H:十字部分がメッキ固定となる。
チャージャーH.jpg

I:
チャージャー新A.jpg

J:
チャージャーJ.jpg

K:
チャージャーK.jpg

ダクト付きボンネット

A:
BONNET_A.jpg

カーボンボンネット(ダクト付)1:
チャージャーカーボンボンネット1-1.jpg

B:
チャージャーボンネットB1.jpg

C:
チャージャーボンネットC1.jpg

D:
チャージャーボンネットD1.jpg

カーボンボンネット(ダクト付き)2:奥のダクト周辺がカーボン柄になる。
チャージャーカーボンボンネット2-1.jpg

カーボンボンネット(ダクト付き)3:
チャージャーカーボンボンネット3-1.JPG

車種専用ウィング

A:ダッグテール
チャージャー車種別A2-1.jpg

B:1969年型ダッジ チャージャー・デイトナを思わせる大きなリアウイング
WING_B.jpg

C:
チャージャー車種別C1.jpg

エアロミラー

お馴染みのガナドール・スーパーミラータイプのエアロミラー。かなり小さくなる。
ミラー1.jpg

カーボントランク

チャージャートランク1.jpg

ウィングレス
チャージャートランクNW1.jpg

ワークスステッカー

チャージャーwks1.jpg

サイドステッカー

チャージャーサイド1.jpg

雑記

  • 今作登場するのはLX型。6代目か3代目かで意見が別れるためここではLX型と表記する*3
    SRT8は形式番号ではなくグレード名なので、表記方法は「Charger SRT8(LX)」となるのが正解だと思われる。
    B-body と呼ばれる世代 (1966~1978) はマッスルカーの代表格のひとつとして持て囃された。
    この B-body もモデルチェンジを何度も行っており4世代に分けられる。
    有名なのは映画やドラマでよく使われた第二世代 (1968~1970) と第三世代 (1971~1974) だろう。
     
  • 1982年にオムニチャージャーがチャージャーとなりL-bodyになった際には性格は一転、ローパワーなFFのコンパクトカーとなりガクンと人気が落ちた。
    2006年にハイパワーなマッスル路線に原点回帰しつつ、外観はモダンな大型セダンとして生まれ変わった。
    それがこのLX型である。
     
  • LX型のチャージャー・SRT8で有名な映画と言えば、大人気カーアクション映画シリーズ・ワイルドスピードの第5作『ワイルドスピード MEGA MAX (原題 : Fast & Furious 5)』(2011年) の終盤。マットブラックの2台を主人公のドミニクとブライアンがバカデカい金庫にスチールケーブルをくくり、豪快に引っ張り回しながらリオデジャネイロの市街地を破壊していくカーチェイスは、ワイルドスピードシリーズ屈指の名シーンである。
     
  • 実車は5速ATか4速ATのみで、MTの設定はない。今作登場するのは5速AT版。
    因みにこのチャージャーのLXプラットフォーム*4をベースにショート化したLCプラットフォームを使用しているチャレンジャーSRT8には5速MTがある。
     
  • 本格マッスルカーモデルのSRT8ではないベースグレードには4WDやV6エンジンの設定もある。
    更に日本のクラウンのようにパトカー専用車(コラムシフト、助手席ダッシュボードにPCデッキ等)もラインナップされている。
     
  • そのため北米、中米、南米においてフォード・ポリスインターセプター(フォード・トーラス及びフォード・クラウンヴィクトリアベースの警察専用車)に並び数多くのチャージャーがパトカーとして導入されている。
     
  • それらの理由から「ワイルドスピード」シリーズをはじめとする数多くの映画や、NFSシリーズ等のゲームではパトカーとしても登場している。
     
  • ドリフトスピリッツにも湾岸5DX以前から登場してるが同時に初代チャージャーRT(67年式)とチャレンジャーSRT8、直接関係はないが同じダッジ車のダートGTも登場している。
     

*1 更に全長が長いので、腹でブロックすることも容易である。
*2 但し、大観山のコースでは苦戦を強いられる為、その際は気を付けて戦おう。
*3 日本ではメカニズムを大幅変更するフルモデルチェンジまで代が交代しないが、米国ではマイナーチェンジでも代替わりと見なされる。
*4 余談だがこのLXプラットフォームはクライスラー300Cにも使われている。