Rathma Army of the Dead

Last-modified: 2022-06-04 (土) 15:20:19

コンセプト

patch2.7.0(Season23)にてArmy of the Dead主力のSetにReworkされ、その後2.7.2(Season25)でダメージ倍率強化を受けたBones of Rathma仕様Army of the Deadビルド。
主砲の属性、スキル実装の好みでいくつかの細分化されたビルドパターンがあるが、一貫して言えるのは「ダメージを与えるのはArmy of the Deadのみ」ということ。

長所

  • Cooldownが長いNukeスキルのArmy of the Deadをガンガン撃てるので爽快。
  • 唯一最大の主砲で闘うビルドながら、装備+スキル実装パターンがそこそこ多彩。
  • 2.7.3現在、Necroのクラス専用Set系ビルドの中では最も火力を出せる。

短所

  • このビルドに限った話ではないが、クラスそのものが脆い。
  • Cooldown timeを回収してNukeスキルを回転させるというSetデザインの都合上、小回りが利かない。
  • 多数のPetを連れ歩くビルドではあるが、それらは殆ど火力に貢献しない。

立ち回り

主砲のArmy of the Deadを撃つときの準備は

Curseの自動/能動、Essence回収の自動/能動、Army of the Dead使用時の間合い取りと言った要素で装備とスキル属性を好みで調整することになる。

  • Curseの自動/能動
    能動で使いたい場合はDecrepify/Borrowed Timeを実装。
    自動化(スキル実装枠を節約)したい場合はGrim Scythe/Cursed ScytheでEssence回収とCurse発動をスキル枠1つに収める。
  • Essence回収の自動/能動
    能動で回収したい場合はGeneratorを実装する。近距離でCurse発動を兼ねるGrim Scythe、遠距離を保てStunによるKrysbin’s Sentenceを起動が可能なBone Spikes/Sudden Impact等を好みで。
    自動化したい場合はpassiveにDark Reapingを実装してCommand Skeletonsの使用を気持ち控えめにする。

アクティブスキル

アイコンをクリックすると各スキルの個別ページへジャンプします。

■共通

Army of the Dead / Blighted Grasp or Death Valley
唯一無二の主砲。Cube防具枠でFate’s Vowを使うためUnconventional Warfareルーンが常備される。Blighted Grasp(Poison) or Death Valley(Physical)が主流。
Command Skeletons / Frenzy
Jesseth Armsのセット効果起動キー。このスキル自体の火力には全く期待しない。
Bone Armor / Dislocation
Krysbin’s Sentenceの起動キー。属性がPoisonなのでNayr’s Black Deathも起動できる。
Revive / Horrific Return or Oblation
Set効果がMinion数を参照するため用意するスキルだが、特にPhysical仕様の場合はOblationを選択して火力面も期待する。Poison仕様ではHorrific Returnで。
Blood Rush / Potency
Runeはお好みで良いが、非常に脆いクラスの回避用スキルなのでArmorが向上するこのRuneが無難。

ラスト1枠
■Generatorを実装する場合

Grim Scythe / Cursed Scythe
Essence回収とCurse自動起動を兼ね、Skill実装枠を1枠節約する。多数の敵を巻き込むほど回収量が良い。
Bone Spikes / Sudden Impact
遠距離を保て、Stun効果もある。

■手動使用Curseを実装する場合

Decrepify / Borrowed Time
主砲のCooldownを回収するのが主構想のビルドなのでRuneはほぼ一択。

Simulacrum/Reservoir + Reilena’s Shadowhookによる火力強化を見込んでいる場合

Simulacrum / Reservoir
Essence最大値倍増。この場合は更にPassiveのOverwhelming Essenceもセットで必須。

パッシブスキル

■共通

Grisly Tribute
どの仕様でも多数のPetが高速で殴ることだけは共通しているので、これは確定と思って良い。
Final Service
保険用。死なない自信がある or 死ぬことがストレスでない場合はこの枠をフリーと捉えて良い。

■Generatorを実装する場合

Swift Harvesting
攻撃速度・Essence回収速度上昇のため。

■Generatorを実装しない場合

Dark Reaping
Generator無しでCommand Skeltons等のコストを回収する場合は必須。

Simulacrum/Reservoir + Reilena’s Shadowhookによる火力強化を見込んでいる場合

Overwhelming Essence
最大Essenceが増えると書いてあるので当然必須。

■Curseを使う場合(自動/手動は不問)

Spreading Malediction
Curseが火力アップに繋がる。

装備

「Army of the Dead +XX%」という形のAffixは存在せず、どの部位にも出現しないので考慮しなくて良い。
Simulacrum/Reservoir + Reilena’s Shadowhookによる火力強化を想定している場合のみAmuletを換えることが推奨されるが、いくつかのビルドパターンがある割りに装備は概ね共通している。
BracersとAmuletのElemental BonusをArmy of the DeadのSkill Runeに合わせる必要があるので、入手した防具に合わせてRune選択するか、使いたいRuneに合わせて装備取得するかをチョイスしよう。

  • Bones of Rathma Set
    PantsかBoots以外の5部位を装備し、CubeのRoRGでフルセット効果を確保。
    Crit Chance・Crit Damageの他はCDRとArea Damageを重視して装備を収集していく。
  • Captain Crimson's Trimmings Set
    定番重ね着用Set。
    作るのはBeltが必須、Rathmaの手持ちと相談してPantsかBootsのいずれかを用意し、CubeのRoRGでフルセット効果を確保。
  • Bonds of C'Lena?
    Rathma SetのReworkに合わせて実装されたLegendary Bracers。
    BracersなのでArmy of the Deadの属性選択次第でこちらも属性を変更する必要あり。
  • Krysbin’s Sentence
    Necro専用定番Ring。Stunによる300%効果は基本的にBone Armor/Dislocationで起動することになる。
    起動キーがCCなのでEchoing Nightmareで無効item判定になるのが難点ではある。
  • Convention of Elements
    昨今Necroはもう防御面を捨てて火力に傾倒した装備で固めることが多い。防御面に寄せたい場合はUnityなどに換装。
    Necroは属性ローテが3種しか無いので管理がしやすい。
  • Squirt's Necklace
    Amulet候補A。ハイリスク・ハイリターンのAmulet。
    Int系クラスの中でも殊にNecroは「このAmulet用の対策をせずに火力だけを見て採用」という傾向があるが、他のバリア系スキルを持たないクラス同様Molten Wildebeest's Gizzardを併用すると不都合がある訳ではないのでお好みに応じて。
    Army of the DeadのSkill Rune次第でElemental Bonusを選ぶ必要がある。

Kanai’s Cube

Legendary Gem

Petは大量に居るが、それらは殆ど火力を持っていないのでEnforcerの効果は殆ど無いと思ってよい。

  • Bane of the Trapped
    近距離に行かない場合でもSlow付与の手段はいくつかある。
  • Gogok of Swiftness
    3枠目は好みで良いが、NukeスキルのCooldownを回収しないと何も始まらないビルドなので迷ったらこれで。
  • Bane of the Stricken
    Army of the Dead/Blighted Graspを選択時はこれ抜きでもRGをスムーズに処理できるが、Physical仕様なら採用価値あり。

その他

Season23(patch2.7.0)にてRathmaセットの内容がArmy of the Deadメインに変更された。
しかし、その強化倍率は十分とは程遠く、更にPTR終了時点ではSet効果に含まれていたBone Spiritの火力強化がノーアナウンスで削除されていたためユーザの不評を買い、このビルドの研究は大きく遅れた。
Season25(patch2.7.2)で数値が現在の値になり、Necroのクラス専用Setの中では屈指の火力を出せるようになった。
LoDが主力のクラスではあるが、2.7.3現在の当ビルドは最有力ビルドに次ぐそれなりのGR Push力を示している。

コメント

  • Rework直後にあれこれケチがついたためあまり流行ってないビルドですが、最近そこそこプレイしたのでまとめてみました。比べた感じPoison仕様がやりやすく感じましたが、そこは好みが分かれるかも。 -- 2022-06-04 (土) 15:20:19