SM.79

Last-modified: 2021-09-28 (火) 09:27:31
No.431
SM.79陸上攻撃機
装備ステータス
火力雷装+9
爆装+13対空+2
対潜+3索敵+2
命中回避
戦闘行動半径7
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
全ての艦娘に装備不可、基地航空隊にのみ装備可能
2021年夏イベントE-1甲*1作戦突破報酬
2021年夏イベントE-2乙・丙*2作戦突破報酬
驚くべきことに原型機はレース用に開発された、パスタの国の陸上攻撃機です。
三発のエンジンを持ち、当時としては高速で使い勝手のよい攻撃機で、
当初は主に爆撃機として運用されていましたが、魚雷を抱いて対艦攻撃にも出撃していきます。

ゲームにおいて

  • 2021年夏イベント「増援輸送作戦!地中海の戦い」のE-1*3、およびE-2乙・丙*4作戦突破報酬として実装された。
    • また、同イベントE2甲作戦突破報酬として上位装備であるSM.79 bisが実装された。
  • 既存の陸攻と比較すると
    • 九六式陸攻と比べて雷装+1,爆装+3,対空+1,対潜+1,半径-1一式陸攻と比べて雷装-1,爆装+1,対潜+1,索敵-1,半径-2
    • 爆装がやや高いくらいで、全体的に上位の陸攻よりは力不足といったところか。

性能比較表(装備最大値/陸攻早見表/テーブルより転送)

長いので折りたたんでいます

黄色はトップの性能

装備名火力雷装爆装対空対潜索敵命中回避半径制空値攻撃力*5*6ボーキ
消費*7
射撃回避入手方法改修備考追加
四式重爆 飛龍(熟練)14165552521149.4252ランキング、改修-編集
四式重爆 飛龍14155441521149.4252-ランキング、節分報酬編集
銀河(江草隊)15153443712158.4234ランキング-編集
銀河14143331912149.4234-イベント、ランキング編集
一式陸攻(野中隊)12133241912133.2216イベント、ランキング編集
一式陸攻 三四型11124241816126216-任務、イベント編集
一式陸攻 二二型甲11123241012126216-任務、イベント、ランキング、改修編集
一式陸攻101222398117216-任務、イベント、ランキング、改修編集
九六式陸攻81012284100.8180-開発、任務、イベント、ランキング編集
Do 217 K-2+Fritz-X1624432416165.6*8306ランキング対艦誘導弾搭載機
対戦艦に有効
編集
Do 217 E-5+Hs293初期型1322432416142.2*9270ランキング、改修対艦誘導弾搭載機
対小型艦に有効
編集
SM.79 bis(熟練)13143432812142.2252イベント-編集
SM.79 bis1214343812133.2234-イベント編集
SM.7991323278108198-イベント編集
深山改1719211676180-イベント、ランキング大型陸上機編集
深山1617110373180-イベント、ランキング大型陸上機編集
爆装一式戦 隼III型改(65戦隊)39614252536*1072イベント、任務駆逐・PT特効有編集
Do 17 Z-2112524836234-イベント、任務編集
試製東海210580102.6~145.8162-任務、イベント-編集
東海(九〇一空)2116180109.8~156.6162-イベント-編集
  • 装備名色分け:
    • 【大型陸上機】カテゴリ
    • 雷装値無し装備
    • 対潜攻撃可能装備
  • 最大値の色分け対象外:
  • 火力の効果は不明
  • 制空値は「内部熟練度0、18機*11定数時の値」
  • 射撃回避(敵対空射撃回避)は☆>◎>◯>△の順に性能が高い(-は回避性能無し)。詳細はこちらを参照のこと

小ネタ

  • サヴォイア・マルケッティ社が開発した、イタリア空軍を代表する3発爆撃機。愛称は日本語でハイタカを表す「スパルヴィエーロ」
    • 元はエアレースを目的とした旅客機だったが、いくつかの世界記録を樹立し、その高性能ぶりを見たイタリア空軍が軍用機型の開発を命じた。武装や爆撃手が乗るゴンドラが追加され、当時としては高速・高性能であり、また非常に頑丈で運動性能に優れた爆撃機として完成した。
  • 1937年にはスペイン内乱に投入され、5000回以上出撃を繰り返し大量の爆弾を投下、空中戦での損失無しという成果を見せ、イタリア空軍の主力爆撃機の地位を得た。第二次世界大戦開戦時には11個連隊に配備され、主に爆撃任務に就いていた。だが、陳腐化は避けられず爆撃任務から外されることとなり、その運動性を評価され雷撃任務に就くこととなる。
    • 地中海の戦いでは、爆弾に代わり魚雷を抱いて連合軍艦船を相手に暴れ回った。最終型のSM.79bisは、雷撃を主任務とした機体となっており、イタリア空軍の本機に対する雷撃機としての期待の高さがわかる。前述の通り非常に頑丈な機体であったことから、空中戦で損失した機体は意外と少ないらしい。
  • 地中海の制空権が奪われるまでは、海軍と協同して連合軍艦船に大きな被害を与えた。特にマルタ島救援の英輸送船団に対して何度も大打撃を与え、マルタ島を降伏寸前にまで追い込んだ。イタリア海軍が英海軍に完勝したパンテッレリーア沖海戦では、ドイツ空軍とともに英艦隊に猛攻を加え多数の輸送船と軽巡一隻を大破させる戦果を挙げた。地中海を行き交う連合軍艦船にとって、SM.79はまさに災厄そのものであったのだ。
  • 本機は多数の雷撃・爆撃機エースを輩出しており、有名なパイロットとしては、計20万トンもの敵艦船を撃沈する事に成功し、「魚雷の双子」と称されたカルロ・ファッジョーニとジュリオ・チェーザレ・グラツィアーニや、イタリア最高の殊勲である金勲章をムッソリーニから直接授与されたカルロ・エマヌエーレ・ブスカーリア、二度のジブラルタル港襲撃を指揮し敵艦数隻を撃沈したマリーノ・マリーニがいる。
    • 大戦中盤以降は性能的にも限界を迎えており被害が続出していたが、後継機に恵まれなかった事もあり、敗戦の日まで圧倒的な連合軍を相手に戦い続けた。
  • イタリア敗北後も残存機はファシスト側・バドリオ側の双方で使用され、特にファシスト側であるRSI空軍では、前述のファッジョーニ大尉率いる第一雷撃集団の主力雷撃機としてアンツィオ防衛戦やジブラルタル港襲撃など絶望的な状況の中、約115.000トンの敵艦を沈め奮闘したが、ファッジョーニ大尉をはじめ多くの隊員がSM.79とともにイタリアの空に散った。
    • 戦後は軍用航空郵便機や標的曳航機として用いられ、最終的に退役したのは1952年であった。SM.79は、特別優れた飛行機ではないが、イタリア空軍を最後まで支え続けた名機であったのは間違いない。
  • イタリア以外でもルーマニアやレバノン、ユーゴスラビアなどで使用され、レバノンでは1959年に退役するまで長きに渡り使用された。特にルーマニアは輸出型の双発機タイプであるSM.79Bをライセンス生産し、主に輸送機として用いた。
    • 総生産機数は1218機
  • ボンゴレを持ったZaraっぽい妖精さんがのっている。可愛いね。
    • Zara姉が乗っている下あたりには12.7ミリ前方固定機関銃がある。双発機であれば機首に爆撃手が乗り旋回機銃を扱うが、SM.79の場合機首にもエンジンがあるため、苦肉の策としてコクピットの上にコブを作り、ここに前方機銃を据えており、Zaraは相当の振動に襲われるだろう。おっぱいぷるんぷるん!
      bisでは、敵艦の対空火器制圧を目的に20ミリ機関砲に強化された。

この装備についてのコメント


*1 ★+2
*2 乙作戦は★+2、丙作戦は★0
*3 ★+2
*4 乙は★+2、丙は★0
*5 18機、対水上艦、クリティカル・触接無し
*6 東海系は同条件での対潜攻撃力
*7 1スロ当たり
*8 戦艦相手には225? 基本攻撃力に1.35倍して切捨て(基本攻撃力125)と仮定
*9 小型艦相手には153? 基本攻撃力に1.08倍して切捨て(基本攻撃力85)と仮定
*10 駆逐艦・PT相手には239.4 雷装25と仮定
*11 大型陸上機は9機