Top > クエスト > OP・氷の国から来た牙獣!


クエスト/OP・氷の国から来た牙獣!

Last-modified: 2018-07-29 (日) 16:05:22

MH4で登場したイベントクエスト。
ジャンプで連載されている海賊漫画『ONEPIECE』とのコラボクエストである。

 
作品クエストレベルクエスト種別目的地報酬金契約金条件配信日
MH4集会所
上位★4
狩猟クエスト闘技場4200z1500z2013年
12月23日
 

概要 Edit

麦わらの一味・狙撃手
偉大なる航路で出会った伝説のバケモノの話だ…。
そのでかさはまるで雪山!
滑走する姿はまさに雪崩…!!
まぁ、おれの手にかかればひとひねりなんだが
ハンターさんがどうしてもって言うなら手柄をゆずってもいいぜ!
 
  • クエスト予告にたがわぬ巨大ウルクススが狩猟対象のクエスト。
    言うまでもなく最大金冠確定であり、サイズは1581.90cmとなっている。
    数字で比べれば標準サイズのザボアザギルやゲネル・セルタスとほぼ同じなのだが、
    ウルクススは尻尾が短く、ずんぐりとした体型なので凄まじくデカい
    もはやアカムトルムと同じくらいに見える。
    直立してしまえば画面に入り切らないほど。どころか、股の下を潜ることすら可能である。
    • なお、MHP3の極小ウルクススを狩るイベントクエスト『激走! 白兎獣と狩人』に登場する個体は214.16cm。
      そのサイズ差、実に7倍以上である。
  • 通常のウルクススは操虫棍のジャンプでは飛び越えてしまうサイズだが、こいつは違う。
    前脚を地面につけていても三色エキス状態の最大ジャンプ力でも飛び越せないほど。
    直立すると腹ぐらいまでしか届かない。
    • なお、ウルクススの乗り蓄積箇所に腹は含まれていないため、腹に向けて飛ぶのは無意味。
      ウルクススが直立している状態で乗ろうと思うなら、正面からのジャンプは避けるべし。

余談 Edit

  • この巨大サイズから、攻撃力も強化された強化個体ではないかという意見もあったようだが、
    ふたを開けてみればサイズのみ変更されているだけで、体力・攻撃力値はそのままという常識的な範囲だった。
    それを反映してか、作製できる操虫棍の性能も上位中盤と同じ程度に落ちついている。
    • ただし、ジャンプ後のでんぐり返しがこのクエストの個体のみ吹っ飛び判定になっている。
  • クエスト名の元ネタは、おそらく当のONE PIECEの第456話のサブタイトル"氷の国から来た魔人"と思われる。
    この回は人間の数倍の体格を持つ巨人族の更に数倍の巨体を誇る「魔人」オーズ(正確にはオーズのゾンビだが)が初登場した回である。
    ウルクスス採用の元ネタはドラム王国編で登場した巨大ウサギのラパーンだろう。
    • このラパーンだが、外見や運動能力などはウサギ、しかし体格はクマ以上という獰猛な肉食動物で、
      確かにどことなくウルクススに似ているのだが、決定的に違う生態が一点ある。
      それは、ラパーンは10頭以上の数で群れを作り、獲物には集団で襲い掛かる習性を持つという点。
      このクエストに登場する個体がそれこそラパーンの生態通りに複数体出現したとしたら、
      相当カオスな状態になっていただろう。
      まぁ、同時に相手にできるのは仕様上2頭までなのだが。
  • このクラスのモンスター相手のクエストには珍しく、支給品にバリスタの弾が用意されている。
    やはり依頼人が狙撃手なことと関係しているのだろうか。
    的がデカいので当てるのは簡単だが、普通に武器で攻撃しても5分針で討伐できるので、
    攻撃される危険を冒してまで使うかは疑問である。
    エリアに入ってすぐに気づかれていないようなら、後ろから撃ちこんでやるのもいいだろう。
    もしくは頭部を狙って耳の破壊に活用するといいだろう。

関連項目 Edit

モンスター/ウルクスス
武器/クリマ・タクト - 本クエストをクリアすると作成出来る操虫棍。
武器/カブト - 本クエストをクリアすると作成出来るパチンコ弓。
ゲーム用語/コラボレーション
クエスト/週刊少年ジャンプシリーズ
クエスト/OP・イャンクックを追え!
クエスト/OP・最強の宴