Top > スキル > 裏稼業


スキル/裏稼業

Last-modified: 2019-12-22 (日) 11:36:12

MH4Gで登場した複合スキル。発動スキル名は「暗躍」。

目次

概要 Edit

  • スキルの内訳は装填数UP」+「調合成功率+20%」+「隠密の3つ。
    • 調合成功率は弾の調合素材持ち込みで現地調合する機会が多く、
      かつポーチの容量が気になるガンナーであれば非常に嬉しいスキルである。
      狩猟アイテムが増えている近作において、素材と併せてかなり嵩張る調合書を減らせる恩恵は大きい。
    • 隠密も相手と一定の距離を取りたいガンナーであれば役に立つ場合が多い。
      ただ、あくまで狙われにくいだけであって全く狙われなくなる訳ではなく、
      このスキルがあっても狙われる時は狙われるため、是非つけたいスキルという程ではない。
      何よりソロの場合はオトモが余程派手な動きをしない限りは自分が狙われることを防げない。
    • 装填数UPはご存知必須スキルに指定されることもあるほどの有用スキル
      他のスキルとセットで発動するのであればそれに越したことはない。
    このように、端的に言うと「あれば役に立つスキルの集合体」といった内容。
    一式装備で発動するぶんには悪くない複合スキルと言える。
  • このスキルが輝くのは弾やビンを現地調合しながら戦う、いわゆる調合撃ちを行う時だろう。
    調合書を持ち込まなくて良い分ポーチが空くので罠や回復薬を余分に持ち込むことができ、狩猟に余裕ができる。
    更にこれらを現地調合するのにも役立つ。
  • 「あれば役に立つ」という評からも推察できるとは思うが、敢えて発動させるメリットは薄い。
    4Gでは増弾のピアスが復活しており、さらに3Gと違って防御力もしっかりG級ガンナー防具として強化できる。
    実質的に「ほぼどんな場面でも有用」と言えるのは装填数UPスキルだけであるため、
    殆どの場合は素直に装填数UPを発動させた方がいいだろう。
  • なお、装填数UPを弾導強化と両立させたい時にはお呼びが掛かることもある。
    理由は射法珠を付けることで、装填数のスキルポイントが減少してしまう為、
    双方のスキルの両立が難しいからである*1
    貫通弾メインのガンナーなどは、装填数UPの代用としてこのスキルの採用を考えてみるのもいいかもしれない。

発動防具 Edit

MH4G Edit

  • 先述の通りガンナーでしか使えないスキル内容ではないのだが、
    刀匠斬術のような完全な剣士用スキルのそれと同じく、
    ガンナー用の防具にしかスキルポイントがついていない上、スキル説明欄には「ガンナー専用」と書かれている。

MHXX Edit

  • ちなみに、今作ではスキル説明欄にあった「ガンナー専用」との記載が削除された。
    ガンナー装備にしかポイントがついていないことは同じであるが。

余談 Edit

  • 『裏稼業』は「本業として公にしている仕事と平行して隠れて営む仕事、裏の稼業を指す表現」とされる。
    テレビドラマ『必殺仕事人』シリーズやPS2用ソフト『必殺裏稼業』などで聞き覚えのあるプレイヤーも多いだろう。
    装填数UPと調合成功率UPは汎用性の高いスキルであるが、
    隠密と合わせることで忍びながら仕事をこなすさまを『裏稼業』と表現したと考えられる。

関連項目 Edit

システム/複合スキル
スキル/装填数
スキル/調合成功率
スキル/気配
スキル/斬術 - このスキルと対のような扱いとなっている剣士用スキル。






*1 一部の防具には装填数と射法のSPが付属するが、一式で着込んでも両立は出来ない。