武器/グレンクライス

Last-modified: 2020-02-17 (月) 22:24:46

MHFのゲーム内イベント『地図の謎を解き明かせ!』の2011年度版にて初登場した、
グレンゼブル素材を用いたイベント武器のハンマー。
蛮竜の発見よりも遥か昔に製造され、そのまま封印されてしまった謎多き武器。
攻撃対象のどこを打っても急所と同等の威力を叩き出すほどの比類なき蛮力を誇る。

概要 Edit

  • 遥か昔、グレンゼブルの発見よりも前に作り出されたとされるハンマー。
    現代で製造されるグレンゼブルのハンマー「怒髪槌」と比べると、
    槌部分は角をハンマーらしく平たい形状に加工しており、背の部分はグレンゼブルの棘で装飾が施してある。
    また、柄は持ち手を保護するようにグレンゼブルの翼爪で補強がなされている。
    武具工房では生産ではなく修理を行って整備し、そこから強化を行うようで、
    既に原形が完成しているこの武器の(システム的な)生産にグレンゼブルの素材は使用しない。
  • グレンヴァイツ⇒グレンヴェッヘン⇒グレンヴィーレン⇒グレナヴィオス⇒
     グレンクライス(親方印武器)orグレンシュタイン(HC武器)と派生。
    生産には「破れた地図の上片」と「破れた地図の下片」、それぞれ10枚ずつ必要となる(詳細は後述)。
    その後、グレンゼブル素材やパリアプリア素材、峡谷特産の鉱石などを使用して強化を行う。
    • グレンクライスへ強化するには、
      鉄製の方位磁針10個、古龍種の骨1個、古龍種の厚鱗2枚が必要。
      もう一方のグレンシュタインへ強化するには、
      ダウジングロッド10個、武器職人魂【荒】2個、蛮竜の尖角1個が必要。
      破れた地図、及び鉄製の方位磁針とダウジングロッドは、かつては専用のイベントクエストで入手可能だった。
      同イベントクエストはその後、パローネ大航祭の開催に合わせて配信されていた。
      入手クエストの詳細はこちら
      なお、G10.1以降は歌姫狩衛戦にて、
      条件を満たすとギルド貢献ポイントとの交換で素材を入手出来る(条件については歌姫狩衛戦の項を参照)。

性能 Edit

グレンクライス Edit

  • 基本的な性能は以下の通り。
    • レア度10に反して攻撃力1092と低め。
    • 水属性300と普通の値。
    • 斬れ味レベル+1で白ゲージを獲得。
    • 親方印武器に該当。
      • これにより、抜刀/納刀のスピードは1.2倍となる。
        よく動き回り、すぐ距離を離してくるモンスターを狩ろうとすれば、
        自然と武器をしまったりする回数も増えるため、ハンマーにとって恩恵は非常に大きい。
    これだけ見れば、やたらとレア度が高いくせに火力が全然ない残念武器に思えるが、
    上に挙げたもののほかにまだ挙げていないものがある。
    スロット…は、まぁ確かに挙げていないが、あいにくグレンクライスはスロット0。
    では、いったいなにが特徴的なのかというと、
    攻撃力、属性値、斬れ味ゲージと同じく威力に関連する数値、「会心率」である。
    驚くなかれ、このグレンクライスはデフォルトで会心率100%なのだ。
    繰り返すがデフォルトである。
    MHFでは剛力スキルの一つである見切り+3や、
    餓狼+2などで大概の武器は会心率100%にできるとか、そういう領域ではなく、
    こちらが何も触れていない状態で会心率MAXを叩き出しているのである。
    モンスターをボコスカ叩けばいかなる状況であっても必ず会心エフェクトを放つ
    • ついでに、キックを行えば、これも裸だろうがなんだろうが絶対に会心エフェクトが出る
  • つまり、このグレンクライスのダメージ計算結果は、会心率込みなのに期待値ではなく実値
    攻撃力1092×1.25=1365、これがグレンクライスの本来の威力である。
    もっとも、あくまでも会心率込みで計算した結果であるため、
    逆に言えば攻撃力1365&会心率0%の武器と同等ということ。
    さらに強力なハンマーを所持しているハンターに対するウリが少し甘かった感は否めない。
    • また、見切り+3以上がほぼデフォルトなMHFでは、
      この武器はある意味攻撃力1365&会心率-30%であるとも言える。
      このように、見切り+3が機能しないというのは想像以上に痛いものがある。
      しかし、見切りを発動せずに攻撃力UPだけをあげるという手もある。
      たとえば、ハンマーの秘伝防具である「ジェイドFXシリーズ」には、
      各部位に攻撃5がついているので、攻撃力UP【特大】の発動も容易。
      また、現在では1スロットで攻撃5、回復速度5、達人-5の腕力珠Gも実装されている
      (見切りマイナスが発動するだろ、と思うかもしれないが、
      MHFでは達人にマイナススキルはないので、スキルポイントがどれだけマイナスになろうが全く関係がない)。

グレンシュタイン Edit

  • 基本的な性能はグレンクライスに準じている。もちろん、会心率も100%である。
    グレンクライスとの差異を挙げると、
    • 水属性値がグレンクライスよりも20低い280
    • レア度6と、HC武器らしくレア度が低い。
      • HC武器の特性により、ハードコアクエストでは斬れ味がワンランクアップする。
        つまり、短めながらも白ゲージが紫ゲージへと変化する。
    概ね、通常のクエストではグレンクライスが、
    ハードコアクエストではグレンシュタインがそれぞれ優位に立てると言える。

余談 Edit

  • フォワード.1で初登場したハンマーで、
    フォワード.1のPVにてルコディオラと交戦する4人のうち、
    ハンマー使いが装備している武器がこのグレンヴァイツである
    (親方印武器自体の登場がフォワード.2なため、「グレンクライス」はこのとき未実装)。
  • 会心率100%なので、G9にて登場した閃転との相性の良さは
    会心率だけを見れば全武器中でもトップクラスである。会心率だけを見れば
    …実際のところは閃転はG級専用スキルであり、
    なおかつグレンクライス・グレンシュタインのG級派生は実装されていないため、
    現状では実用性があるとは言いがたい。
    同イベントにて作成できる「グランドガルセイン」はG級技巧武器化を果たしているため、
    こちらにもそういった救済がくることを期待したいところ。
    • ちなみに、一閃+3、見切り+5、閃転、斬れ味補正、秘伝書効果の会心率+24%を加えると、
      このハンマーの会心率は驚異の234%となり、
      武器倍率の上昇値は剛撃+4と同等の81となる。

関連項目 Edit

モンスター/グレンゼブル
武器/怒髪大鎚【巨浪】
武器/グランドガルセイン - 同イベントで入手可能な片手剣
武器/ブラフマーストラ - 同イベントで入手可能なガンランス
クエスト/失われた地図
武器/ヒュプノカッター - 強化する事でデフォルト会心率100%になる武器の先輩
武器/ぱっちんグーク - 〃後輩