武器/ヒュプノカッター

Last-modified: 2020-02-17 (月) 22:23:57

MHFに登場する双剣で、ヒプノックの素材を用いた武器。
「失われた武具を生産せよ!」のイベントクエストで生産可能。
眠鳥の力が宿る双剣。鋭く研ぎ澄まされた刃は、常に想像の上を行く威力を発揮する。
当記事ではヒプノック繁殖期とヒプノック希少種を模した双剣についても記す。

概要・性能 Edit

ヒュプノカッター Edit

  • 現在でも珍しいヒプノックの素材を用いた2本の剣。
    ヒプノックの片手剣は既に存在しているが、双剣であるこちらは刀身のデザインもだいぶ異なる。
    眠鳥のクチバシを加工したと思われる刃、そのうち左剣の峰には翼を思わせる装飾があしらわれ、
    鍔にはヒプノックの尾羽を目立つように4枚ずつ飾り付けてある。
  • イベントクエストで生産可能な双剣と述べたが、
    見た目は別段ネタ武器というわけではなく、わりと通常武器にありそうなもの。
    しかし、よくよく考えてみると一つ引っかかるのは、ヒプノック武器は睡眠属性であるということ。
    黎明期に発生した一角双SP事件の影響もあり、
    それが双剣に反映されたところで属性値が至極しょぼいことになるのは目に見えている。
    使い物になるのだろうか。
    なおG9では双剣の睡眠値リミッターが廃止されたが、この武器は…
  • ということで、性能は以下の通り。
    ここではある都合により、初登場時の最終強化、「ヒュプノクライシス」を挙げる。
    • 攻撃力280と、まぁ普通
    • 睡眠属性70
    • 斬れ味レベル+1で白ゲージ50とこちらは強力
    • スロットはない
    ヒュプノクライシスはHR100に昇格してすぐ、
    ヒプノック変種やゲリョス変種の素材で強化することが可能で、
    即時強化可能な戦力としては、これだけ見れば普通な値である。
    睡眠値は70と睡眠双剣としては正直物足りない水準。
    上記の一角双SPが睡眠値130であることを考えるとその微妙さが分かるだろう。
    しかしながら、MHF-G8までは睡眠属性が10だった。
    これは8500本以上ある全ての武器と比べても、まごうことなき最下位タイをマークという堂々たる惨状である。
    その睡眠値が7倍に強化された、と書くとありがたみが増す…かも。
  • 睡眠属性武器としては正直使い物にならないのだが、実はこの武器にはある秘密が隠されている。
    なぜ"鋭く研ぎ澄まされた刃は、常に想像の上を行く威力を発揮する"のか。
    この武器の生産段階はヒュプノカッターという名だが、その時点で実は会心率が10%ある。
    そして上位ヒプノックの素材で強化をすると「ヒュプノスライサー」となり、
    生産時は10%だった会心率が30%に向上するのである。
    さらに、HR51から戦えるアクラ・ヴァシムの素材を用いて鍛えると
    「ヒュプノシュレッダー」に昇華し、ここでナルガクルガ武器に並ぶ会心率50%
    もちろん、これは見切りなどのスキルによる補正は一切考えていない。
    そう、会心率が高……あれ?
  • 驚異の会心率50%を誇る「ヒュプノシュレッダー」って最終強化だっけ?
    という疑問が浮かんだらもう答えはそこ。
    前述した「ヒュプノクライシス」はこのヒュプノシュレッダーの先にある武器である。
    ということは…と思い、会心率を見てみると、そこには
    会心率: 100%
    の文字。
    これまでどのモンスターハンターシリーズを見渡しても存在しなかった、
    禁断のデフォルト会心率100%の武器なのである。
    もちろんバランスブレイカーになってはいけないので攻撃力は平均よりも少し下だが、
    見切りを捨てて攻撃力UPなどのスキルをバカスカ詰め込める、
    という、スキル構築に影響を及ぼすちょっと変わった趣向の武器。
    MHFの比較的初期の時代に登場した伝説?の双剣であり、
    これまでのMHシリーズではありえなかった性能を面白がって担ぐプレイヤーはそれなりに多かった。
    実際、非常にクセは強いが、斬れ味も優秀なため無属性武器としてはそれなりに強い。
  • フォワード.1でさらなる強化先、「ヒュプノサイレンス」、
    及び親方印属の現時点での最終強化「ヒュプノパラダイス」が実装されている。
    会心率は100%のままに、攻撃力はそれぞれ294308と順当に少ーしずつ強化されている。
    決して会心率が150%になったり200%になったりはしない。
    ヒュプノパラダイスの攻撃力308、会心率100%という性能で比較すると、
    会心率を0%に還元した際の実質的な攻撃力は385
    攻撃力UP【大】、見切り+3のみでアルゲン武器ジルバアーテムに匹敵する威力を持つ
    そのため、ヒュプノパライダイス専用の装備を組むのも真面目に考えられる。
    また別派生のHC武器「ヒュプノシャングリラ」も後に追加された。
    攻撃力は若干低下しているが、HC武器としての補正を得ることができるようになっている。
    • ちなみにあれから放置していた睡眠属性値については、
      どれだけ強化しても70のまま一切進化しない。
  • このイベントクエスト素材を入手するには、
    7つものクエストを巡る非常に複雑なルートをたどらなければならない。
    そのイベントに移籍してきた武器にG級技巧武器派生が追加されているため、
    久しぶりに来ることが予想されてはいるが……
  • なお昔のイベント武器ということもありG級派生などは今の所存在していない。
    G級技巧武器などで復活すれば、G級スキル「閃転」との相性が非常に良い武器となりそうなのだが…

キーマ Edit

  • フォワード.4で追加された、ヒプノック繁殖期カラーのヒュプノカッター。
    イベント武器ではなく、狩人祭の勝ち組クエストにて素材を入手することができる。
  • こちらは会心率には特徴がなく、龍と睡眠の双属性となっている。
    睡眠値は例によって70。
  • ヒュプノカッター同様、親方印派生の「キマメラーダ」か、
    HC武器の「キマメカザット」のどちらかが現状の最終派生となっている。
    攻撃力は350(キマメカザットは336)と悪くはない数値だが、龍属性値が非常に低いのが難点。
    そもそも、勝ち組クエスト限定という環境から知名度は低い。

ソム・エッジ Edit

  • MHF-G5にて実施された「失われた武具を生産せよ!」シリーズの新クエストにて入手できた武器。
    ヒプノック希少種カラーのヒュプノカッターで、雷と睡眠の双属性。
  • 睡眠値は例によって70…なのだが、親方印派生への強化で睡眠値が遂に100へと強化される。
    また、親方印段階まで派生させると、
    当時剛種武器や一部祭典武器の特権に近かったデフォルト白ゲージが発生。
    しかもその量は緋猛双剣【神速】より僅かに低い80である。
    更にHC武器へと強化できるため、HCクエストでは非常に長いデフォルト紫ゲージが発生することになる。
  • そしてこの武器はG級以降、通常のG級武器「ソム・パライソ」に強化可能。
    最後まで強化すると、攻撃力651、雷属性550、デフォルト紫ゲージとなる。
    流石に最近のG級武器に比べると微妙な部分もあるが、決して低すぎるというほどでもない。
    なお睡眠値は100で据え置き。
  • なお、失われた武具を生産せよ!自体がG5から1年以上配信されていないため、
    現在ではヒュプノカッター同様に入手が極めて難しい武器となってしまっている。

余談 Edit

  • 会心率100%の武器の元祖であった本武器だが、後に同様の性質を持つ武器が幾つか追加されている。
    • 1つはハンマー「グレンヴァイツ」で、
      ヒュプノカッターもグレンヴァイツも、いにしえに失われた秘宝の武器である。
      武器そのものの会心率を究極にするという技術はいにしえの技とも言えるため、
      現代の技術でそれをそのまま再現することは現状成功例がない。
      • グレンヴァイツとの間には「入手可能なイベントに、当初のシリーズ型フロンティアクエストにおける
        素材要求数が異常レベルだった武器が移籍してきた」という共通点も存在する。
    • さらに時が流れ、2016年のアニバーサリーイベントで
      弓「ぱっちんグーク」が第3の会心率100%武器として登場。
    • そして、MHF-Zから登場する新モンスター・裂水竜ゼナセリスの武器は、
      現在公開されている限りでは、全ての武器が会心率100%に達する
      イベントクエストが絡まない通常のG級武器において、このような特徴を持つのはゼナセリス武器が初めてとなる。

関連項目 Edit

モンスター/ヒプノック
武器/ヒプノ武器
システム/会心率
武器/グレンクライス - 会心率100%仲間
武器/ぱっちんグーク - G級強化で会心率100%になる武器
クエスト/失われた書物 - 本武器のイベントクエスト
武器/サイレントディケイド - 本武器の生産イベントに移籍してきた、素材要求数の異常な武器