防具/オーグシリーズ

Last-modified: 2020-04-07 (火) 14:27:42

古龍ネルギガンテの素材から作られる防具。
ここでは悉くを殲ぼすネルギガンテの素材から作られるゾークシリーズも解説する。

目次

概要 Edit

  • MHWorldに登場する古龍、ネルギガンテの素材を用いた防具。
    男性用の見た目は全身にトゲを生やしたゴリゴリの甲冑にネルギガンテの巨大な角がドカンとマウントされた、
    暗黒騎士チックというかどう見ても悪のラスボスな感じの鎧。
    しかしこれはこれで正統派なモンハン防具の見た目であり、なかなか格好の良い秀逸なデザイン。
    女性用はボーンシリーズにトゲトゲをめいっぱい追加したような感じの、ワイルド系防具。
    背面にはネルギガンテの翼のように棘がギッシリと敷き詰められているが、
    正面はガラ空きなビキニアーマーであり、こちらもこちらでボーン系の正統派エロ装備
    また、α腕のスリンガーにはオレンジ色のウサギが描かれている。
    ついでに言うとリベリオンX/リベリオンZ防具とそっくりである。
    発動スキルが多いがスロットの少ないαシリーズと、スキルが少なくスロットの多いβシリーズがある。
    見た目に大きな違いがある方ではないが、角の向きが異なったり、細かい色も違ったりする。

性能 Edit

  • スキル構成は以下のようになる。
    部位αβ
    スキルスロットスキルスロット
    渾身+2Lv1×1渾身+2Lv1×2
    攻撃+1
    スタミナ急速回復+2Lv1×1スタミナ急速回復+2Lv1×1
    Lv2×1
    挑戦者+1
    挑戦者+2無し挑戦者+2Lv1×1
    攻撃+1
    攻撃+2無し攻撃+2Lv2×1
    スタミナ急速回復+1
    渾身+1Lv1×1渾身+1Lv2×1
    挑戦者+1
    一式渾身Lv3Lv1×3渾身Lv3Lv1×4
    Lv2×3
    挑戦者Lv4挑戦者Lv2
    スタミナ急速回復Lv3スタミナ急速回復Lv2
    攻撃Lv4攻撃Lv2
    シリーズ
    スキル
    3部位以上・加速再生
     
  • おなじみの攻撃、挑戦者、スタミナ急速回復は置いておき、
    目玉はなんといってもMHWorldで登場した新スキル、渾身加速再生であろう。
    • 渾身スタミナ版フルチャージとも言うべき火力スキル。
      スタミナゲージが満タンの時に会心率が上昇する。効果値は発動レベル×10%で、最大30%。
    • 加速再生は一定時間内に攻撃を5回当てると体力が回復する、連撃の心得に似た発動条件の回復スキル。
      詳細はリンク先にゆだねるが、回復能力を付与するスキルは本家では珍しい。
  • 総合すると攻撃・挑戦者・渾身という火力スキルの特盛3点セットに加え、
    渾身の発動をサポートするスタミナ急速回復と、回復スキルの加速再生を加えたというスキル構成。
    火力スキルが全てフル発動した場合の破壊力は一式装備の中でも非常に高い部類で、
    基本的に多くの武器で恩恵を受ける事ができるのが強み。
    一方で渾身と加速再生の発動条件が武器種の相性差があるのがこの防具最大のネック。
    • まず渾身だが、スタミナMAX状態が必須条件である以上双剣や弓ではほぼ発動不可能となってしまう。
      大剣でもタックルを多用するとスタミナ急速回復でカバーできる範囲を軽々と超えてしまうため、
      これらのスタミナ依存武器では渾身がほぼ死にスキルとなってしまう。
    • そして加速再生だが、前述の通り単発攻撃主体の大剣やハンマーでは今一つ機能しづらいが、
      片手剣などではそもそも攻撃しながら回復する必要性がかなり薄いというのが正直なところ。
      よって納刀が遅く、それでいて攻撃の頻度と削られる頻度が両方とも高い武器種が好相性といえる。
      上級者なら武器の回復カスタムと合わせ、フルチャージと合わせるという手も無くはないが。
  • …というわけで、この防具一式と相性が良いのはランス・ガンランス・そしてガードヘビィあたり。
    ガードで消費したスタミナをスタ急がカバーし、反撃に高会心の連撃を叩き込み、
    そしてガード削りによるダメージを加速再生がこまめに回復する…という具合で、
    これらのガード系武器種とは全てのスキル群がバッチリと噛み合う。
    操虫棍も、地上戦ではスタミナ消費が回避しかないので渾身を活かしやすく、
    逆に空中戦はスタミナ消費が激しくスタミナ急速回復が活かしやすいのでおすすめ。
    猟虫による自動攻撃でも加速再生が発動する上、
    緑エキスの取得や回復の猟虫粉塵と併用する事も出来るので、加速再生との相性も悪くない。
    • 終盤攻略には十分な防御力に優秀な火力スキルに加え、
      ネルギガンテを倒した直後では生産段階で最大レベルなので強化も不要ということもあり、
      攻略段階での人気度は高い。
    • そもそも今作は防具1箇所だけでもスキルが発動する仕様上過去作よりも更に混合装備向けになり、
      属性耐性や一式コーデによる見た目の統一性を狙う以外に一式で運用する必要性はほぼ無い。
      上記の「全てのスキルを活かしきれない」武器種でも、一式に拘らないのなら使わないスキルの防具を差し替えて
      火力スキルだけを活用する事も充分に可能だ*1
    • なお、渾身スキルに関しては渾身珠が地味ながらレアなのもあり、
      渾身+2の頭防具が出張することがあるのだが、ディアブロ装備のように大きな角が生えているデザインで、
      肩にボリュームの少ない胴装備と合わせると角がかなり目立って浮いてしまう
      とはいえ、頭装備だけなら見た目の非表示機能があるので、気になるのであれば消してしまおう。
  • 古龍防具らしく生産時点でも防御力が高いが、最大強化レベルが低いのでそのままでは他の防具に後れを取る。
    カスタム強化を施すことで上限を突破できる為、運用するなら早い内に強化してしまおう。
  • 攻略段階では強化要らずの高い防御力と、装飾品要らずで火力スキルを多く持てるαの出番が多い。
    上記にもあるがスタ急が要らない場合、レウス胴あたりと差し替えると火力をより高められる。
    やり込み段階では「渾身2 Lv1×2スロ」のβ頭と「スタ急2 Lv2×1,Lv1×1スロ」のβ胴あたりが優秀。
    生産時点はもちろん、やり込み段階でも他の追随を許さない性能は流石メインモンスターの防具といったところである。

オーグγシリーズ Edit

  • 5月11日に配信された歴戦王を討伐することで手に入る滅尽龍チケットで生産できる新たなオーグシリーズ。
    強化状態のネルギガンテをモチーフとしており、αとβが全身に配されていた白棘(角)が
    強化状態の黒棘で構成されており、非常に真っ黒。
    それを反映するかのように、防御力も他の歴戦王と同様に一部位につき最大で防御数値92を記録する。
    スキルは以下の通り。
    部位γ
    スキルスロット
    スタミナ急速回復+1Lv2×2
    挑戦者+1
    渾身+1Lv3×1
    Lv2×1
    Lv1×1
    破壊王+1Lv2×1
    Lv1×2
    攻撃+1
    渾身+1Lv3×1
    Lv1×1
    挑戦者+1
    攻撃+3Lv2×2
    一式渾身Lv2Lv1×4
    Lv2×6
    Lv3×2
    挑戦者Lv2
    スタミナ急速回復Lv1
    攻撃Lv4
    破壊王Lv1
    シリーズ
    スキル
    3部位以上・加速再生
     
  • 一式で見ると渾身やスタミナ回復、挑戦者のレベルは同等か一段下がっているが、新たに破壊王スキル、
    そして脚には攻撃Lv3が付随しており、脚と腕でもLv4(+会心ボーナス)が発動し、
    単体でも火力を底上げするには持ってこいの部位となっている。
    • 渾身は一式で見るとα、βよりLvが低いが、付与されている部位が胴と腰になっている。
      装飾品と護石を除いてはオーグシリーズの頭と脚にしか存在しないスキルであったため、
      渾身を含めたスキル構成をする際、見た目や性能の点で幅が出るようになったのは大きい。
  • パッと見ではスキルを入れ替えたような構成だが、全防具の中でも最高クラスの非常に豊富なスロットを持ち、
    その優秀なスロット量を生かして弱点特効や超会心を装飾品で付与して火力に特化したり、
    パーツ単位でドラケンや他の歴戦王防具と組み合わせるのも良いだろう。
    総じて拡張性もスキル性能も申し分なく、大トリの歴戦王に相応しい高性能となっている。

ゾークシリーズ Edit

  • MHW:Iで登場したネルギガンテの特殊個体悉くを殲ぼすネルギガンテの防具シリーズ。
    外見は更に刺々しく重厚になり、男性用兜には角が二対4本生えている。
    αでは白い角や棘のカラーが、βではオレンジ色の差し色の部分のカラーが変更できる。

    部位αβ
    スキルスロットスキルスロット
    渾身+2Lv3×1
    Lv1×1
    渾身+2Lv4×1
    Lv2×1
    スタミナ急速回復+1
    スタミナ急速回復+2Lv2×2スタミナ急速回復+2Lv4×1
    Lv2×1
    渾身+1
    挑戦者+2Lv3×1挑戦者+2Lv4×1
    Lv1×1
    攻撃+2攻撃+1
    攻撃+3Lv2×1
    Lv1×1
    攻撃+2Lv4×1
    Lv1×1
    耳栓+1耳栓+1
    耳栓+2Lv2×1耳栓+2Lv4×1
    Lv1×1
    挑戦者+1
    一式渾身Lv3Lv1×2
    Lv2×3
    Lv3×1
    渾身Lv2Lv1×3
    Lv2×2
    Lv4×5
    挑戦者Lv3挑戦者Lv2
    スタミナ急速回復Lv3スタミナ急速回復Lv2
    攻撃Lv5攻撃Lv3
    耳栓Lv3耳栓Lv2
    シリーズ
    スキル
    2部位以上・加速再生

    スキル構成は付与されている箇所は変えつつも上位と同種のスキルが付与されているが、
    新大陸では何かと重宝する耳栓が割り振られているのが心憎い。
    また、シリーズスキルは2部位で発動できるようになり、他のシリーズスキルとの併用ができるようになった。
    Ver.12.01の覚醒武器も利用すれば4部位のシリーズスキルとまで共存可能。
    特に腕と腰は、需要の高いスキルが付いているため、攻撃や挑戦者を入れるような混合装備を考えると、おまけ感覚で本シリーズスキルが付くことがある。
    • MHW:Iでは新システムクラッチクローにより、モンスターをぶっ飛ばすとかなりの頻度で怒らせてしまうため、
      挑戦者はぶっ飛ばしを多用するハンターには長時間スキルを発動させられるので腐りづらい。
      挑戦者が多くついている腕は付け得な攻撃のスキルポイントと、αならLv3、βならLv4+Lv1スロットが付いており、
      挑戦者を組み込みやすい。
      挑戦者スキルのライバルとしてはギルドパレス腰、レックスロア脚のほか、
      アップデートで追加されたマッスル胴なども存在する。
    • 脚の耳栓+2は他にEXブラン、EXハイメタ、EXティガ、EXプライド、EXガルルガなどなかなかライバルが多いが、
      この中では一番防御力に優れているため、強敵相手にはゾークが一番頼もしい。
      ただし、EXガルルガは耳栓+2に人気の高くなった達人が+2付いた胴や、唯一の個性である耳栓+3の付いた腕などが存在し、
      耳栓装備としてはかなり優秀な性能になっている。
    • 耳栓関係でいうと意外にも重宝されるのが腰の耳栓+1。
      耳栓の護石IVと合わせることで、火力スキルを盛りつつ耳栓Lv5を発動させることが出来るため、
      耳栓Lv5でスキルシミュレータを回すとほぼ確実にこの組み合わせがヒットする。
  • 混合装備に際してはそのド派手で重厚な見た目が難点と言えば難点。
    黒と白のシンプルなカラー+色彩変更可能部位という取り合わせなので色合いは悪くないが、
    男性用装備は往年の有名な呪い装備を彷彿とさせる、
    両肩の立派な角を筆頭に至る所に角や棘が生えた装備である。
    角の呪いならぬ棘の呪い。
    合わせる時は他の防具もゾークに負けないボリュームを備えた防具にするか、
    それが無理なら重ね着装備の採用を検討してもいいかもしれない。

オーグネコシリーズ Edit

  • MHWorldのメインモンスターであるネルギガンテの素材から作られたオトモ装備。
    デザインはネルギガンテの特徴的な角や棘などを再現して作られた、なりきりタイプのようなデザインの防具。
    実は意外にもメインモンスターになりきるオトモ装備はコラボ装備を除けばこれが初めてだったりする。*2
    • 完全ななりきりタイプではなく、オトモの装備用にアレンジされている。
      具体的には翼は完全に省略されている一方、
      腕の爪は非常に長く鋭く強調され、引っ掻いた相手をズタズタにできそうである。
      ネコ爪乱舞の技が続投していれば様になったかもしれない。
      また、お腹の辺りには顔のようにも見える模様があるが、
      これはネルギガンテの「食欲旺盛」なイメージを反映してとのこと。
  • 武器はネルギガンテの頭部を模して作られた「オーグネコハンマー」という打撃武器。
    その恐ろしさは完全無欠の破壊力にも表れている」という説明文は伊達ではないようで、
    オトモ武器中No.1の近接攻撃力70を有している。
    ただその一方で龍属性値はオトモ武器中ワースト1。
    下位武器であるデスギアネコサイス半分以下しかないといえば、その低さがわかるだろうか。
  • オトモ武器としては数少ない龍封力【大】を持つ。この武器を装備させるならやはり高い龍封力を活かすため、
    攻撃頻度が高く龍封力も乗るガシャブーの壺爆弾を持たせるのがいいだろう。
  • マスターランクではネルギガンテ原種が未登場につき当初は存在しなかったがVer.12.01にて導きの地の氷雪地帯解禁につき追加された。
    生産には導きの地で入手できる悉くを殲ぼすネルギガンテの専用素材と氷雪地帯専用の霜の龍骨が必要。
    • またVer.12.01で追加されたEXオーグネコシリーズとは別に、悉くを殲ぼすネルギガンテの素材を用いたゾークネコシリーズも登場している。
      見た目は、手には爪、頭には大きな角といったネルギガンテを写し取ったような上位の装備と共通の要素を残しつつ、
      オトモの顔が露出しているので、なりきりというよりはシンプルにネルギガンテの鎧を着こんだような感じになり、
      背中にはさらに増した棘を模したマントを羽織っているが、オトモのかわいらしい顔が見えてるせいか
      これも毛皮のマントのようにも見え、上位よりも愛嬌を感じる。
      また、武器のデザインも大きく変更されており、EXゾークネコクローという斬撃武器になった。
      その見た目はまさにネルギガンテの手のひらのよう。

関連項目 Edit

モンスター/ネルギガンテ
モンスター/悉くを殲ぼすネルギガンテ


*1 上の例なら渾身を使わない武器は頭、スタミナ急速回復を使わない武器は胴が差し替え対象になる
*2 ちなみにメインモンスターに限らなければガーグァやアプトノス、イャンクック等のオトモ装備等が存在する。