Top > カブセ・ソウヤマ


カブセ・ソウヤマ

Last-modified: 2019-02-16 (土) 12:55:28

登場エピソード Edit

 

「私は医者だ!」


人物 Edit

  • スガモ重犯罪刑務所に勤務する医者の1人。48歳。
    • その技量は大したものではなく、能力と経験が不足していたと地の文でも言われている。実際やっているのは囚人の健康診断くらいだったらしい。
    • 囚人はおろか職員からも軽視されており、無価値な、真の敗者とまで思われていた。
    • 「住宅ローンの支払いはかさむ一方」らしく、NSPDの予算不足もあり実際薄給。安物のパックド・スシと化学トーフで食いつないでいる毎日らしい。その上、後述の件で投獄の危機に陥っており、それらが元で「アノヨアンセスタームラハチされる」事を恐れている。
  • 3年前からチンケな違法物品の運び屋をしていた。またZBRの横流し等も行っていたようだ。
    • その事は警察にもバレたらしく、登場時は取り調べを受けていたが……。

外見 Edit

  • 「全く流行遅れのスラックスに、気の抜けた野暮ったい厚手のジャケットと、間抜けな柄のワイシャツ」というセンスの欠片もない服装。
  • 髪はフケだらけ。分厚い眼鏡を着用しているが、その眼鏡も脂と指紋だらけ。
  • 「とりたてて何の主張もなさそうな」顔をしているが、口ひげだけはピンと整えられている。

ストーリー中での活躍 Edit

「クソーッ!まさかこんな事になるとは……!アンセスターにどうネタバレすればいいんだ!」

一言コメント

「待っていろ!コメントが必要とされている!医者の出番だ!」